JAFニュース

歌って遊んで楽しく交通安全
「JAF交通安全ドレミぐるーぷ」が公演回数1,000回を突破!

本部広報2011-41
平成23年7月26日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟、会長田中節夫)は、幼児向けの交通安全教育を行う「JAF交通安全ドレミぐるーぷ」を平成19年4月に結成し、活動を展開しています。ボランティアで集まった地域の人たちにより、歌や演劇、手遊びなどで工夫を凝らし、幼稚園などで楽しく交通安全を教えています。活動するグループは現在28の都道府県に広がっており、結成以後の公演回数は、平成23年6月末日時点で1,033回を重ねました。これまでに参加いただいた園児と保護者の皆様の人数は142,056名にのぼります。

JAFはこれからも「JAF交通安全ドレミぐるーぷ」の活動を精力的に繰り広げ、子供たちが楽しく学ぶことで、幼いうちから交通安全が自然と身につくように努めてまいります。

写真:JAF交通安全ドレミぐるーぷ 公演の様子 写真:JAF交通安全ドレミぐるーぷ 公演の様子
JAF交通安全ドレミぐるーぷ 公演の様子

「交通安全のお約束」壁紙ダウンロード

「交通安全のお約束」壁紙ダウンロード

【参考】ホームページ

JAFこうつうあんぜん ドレミぐるーぷ

前へ

次へ

このページのトップへ