JAFニュース

自動車関係諸税の簡素化・負担軽減に関する署名活動を実施します

本部広報2011-50
平成23年9月2日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟、会長田中節夫)は、自動車関連団体で構成する自動車税制改革フォーラムなどと連携し、自動車関係諸税の簡素化・負担軽減に関する署名活動を、平成23年9月5日(月)より開始します。

人々の生活に欠かせない自動車には、9種類もの複雑で重い税金がかけられており、特に、自動車の購入・保有段階(車体課税)に課せられている税は、欧米諸国と比較すると約2〜49倍と過重なものとなっています。

また、地方では生活の足として、一世帯で複数台の自動車を持たざるを得ず、自動車に係る税金が大都市圏と比べて大きな負担となっています。

こうした生活必需品であるクルマに課せられている複雑・過重な税負担の軽減や、二重課税など不合理な税体系の是正を求める意見を「国民の声」としてとりまとめ、政府・与党等へ提出するため、JAFではホームページにインターネット署名サイトを設置するほか、各支部窓口やイベント等で広く署名を呼び掛けていきます。

インターネットによる署名はコチラから

https://www.jaf.or.jp/signature/ 自動車にかかる税金の簡素化・負担軽減に関する署名 自動車ユーザーの税負担の国際比較
【前提条件】
①排気量1,800cc、②車両重量1.5t未満(1,320kg)、③JC08燃費値13.4km/L(CO²排出173g/km)、④車体価格180万円、⑤フランスはパリ、米国はニューヨーク市、⑥フランスは課税馬力8、⑦11年間使用(平均寿命)、⑧為替レートは1€=¥115、1£=¥137、1$=¥87 (2010/4〜2011/3の平均)※日本のエコカー減税等の特例措置は考慮せず。

前へ

次へ

このページのトップへ