JAFニュース

WEBコンテンツ「JAFがおしえる運転のニガ手克服 1ワン2ツー3スリー
レッスンシーンに高速道路編を追加しました!

本部広報2012-15
平成24年7月11日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟、会長小栗七生)は、ホームページ内のWEBコンテンツ『JAFがおしえる運転のニガ手克服1・2・3』に高速道路の内容を追加し、公開しました。

このコンテンツは、多くの初心者ドライバーがニガ手とする運転シーンを想定し、スムーズで安全に運転するポイントを3つに絞り、分かりやすく動画で解説するレッスンコンテンツです。昨年公開した一般道路での運転シーンに、この度、高速道路を利用する時の“ニガ手”ポイントの3つのシーン(合流・車線変更・ETCゲート)を追加し、紹介しています。

今回、レッスンを担当するのは、JAFの実技講習会などでも講師を務めるベテランインストラクター。優しい語り口でポイントを解説しています。

また、撮影はNEXCO中日本の協力を得て、開通前の新東名高速道路で行いました。実際の高速道路を走行するドライバーの視点で撮影された動画は、周囲の車との距離感や速度感などを視覚的に捉えることができるシミュレーションムービーとなっています。

JAFでは、全国でニガ手運転を克服するための実技講習会「JAFセンスアップ・ドライビングスクール」を実施していますが、手軽により多くの方に運転のコツを掴んでもらえるよう、WEBレッスンコンテンツを展開しています。今後もドライバーの方々の不安を解消し、より充実したカーライフを一人でも多くの方に楽しんでもらえるよう取り組んでまいります。

【参考】ホームページ

バナー:JAFがおしえる運転のニガ手克服1・2・3

  • 画像:「JAFがおしえる運転のニガ手克服 1・2・3:合流してくる車を見かけたら」画面キャプチャー
  • 画像:「JAFがおしえる運転のニガ手克服 1・2・3:合流してくる車を見かけたら」画面キャプチャー

※コンテンツイメージ

前へ

このページのトップへ