JAFニュース

今年のGW期間中のJAFロードサービス
一般道路の約4割が「バッテリー上がり」、高速道路の約3割が「タイヤのパンク」

本部広報2013-10
平成25年5月13日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗 七生)が、大型連休(平成25年4月27日-5月6日まで)に出動したロードサービスの件数は全国で7万2,364件(確定値)にのぼりました。

依頼内容別にみると、一般道路からの依頼では「バッテリー上がり」が最も多く2万6,916件(構成比39.34%)、高速道路からの依頼では「タイヤのパンク」が1,122件(構成比28.45%)で最も多い理由でした。

JAFでは、お出かけ前の車両チェックで避けられるトラブルが多いことから、引続きドライバーに注意を呼び掛けています。

平成25年度 GW(4月27日-5月6日)のロードサービス実施件数<<四輪車+二輪>>

【確定値】
25年度 日付
曜日
4月 5月 合計
27日
28日
29日
30日
1日
2日
3日
4日
5日
6日
一般道 7,573 7,530 7,005 6,009 5,725 6,309 7,487 7,106 7,126 6,550 68,420
高速道 392 447 389 243 289 309 560 457 455 403 3,944
7,965 7,977 7,394 6,252 6,014 6,618 8,047 7,563 7,581 6,953 72,364

JAFロードサービス主な出動理由TOP10

一般道路 
順位 故障内容 件数 構成比(%)
1 過放電バッテリー 26,916 39.34
2 タイヤのパンク(バースト、エア不足含む) 8,480 12.39
3 キー閉じ込み 7,421 10.85
4 落輪(落込含む) 3,962 5.79
5 事故 3,226 4.71
6 破損バッテリー(劣化含む) 2,850 4.17
7 燃料切れ 1,693 2.47
8 スタータモータ 917 1.34
9 ハンドルロック(キー作動機構含む) 774 1.13
10 発電機(充電回路含む) 717 1.05
以上計 56,956 83.24
その他合計 11,464 16.76
総合計 68,420 100.00
高速道路
順位 故障内容 件数 構成比(%)
1 タイヤのパンク(バースト、エア圧不足含む) 1,122 28.45
2 燃料切れ 452 11.46
3 過放電バッテリー 367 9.31
4 事故 318 8.06
5 キー閉じ込み 85 2.16
6 発電機(充電回路含む) 80 2.03
7 オートマチックミッション 65 1.65
8 破損バッテリー(劣化含む) 56 1.42
9 エンジンオイルの不足(補充含む) 46 1.17
10 クラッチ機構(ロッド、ワイヤー含む) 38 0.96
以上計 2,629 66.66
その他合計 1,315 33.34
総合計 3,944 100.00
写真:01
写真:02

参考

前へ

次へ

このページのトップへ