JAFニュース

ドライブレコーダー映像を活用した自習型交通安全コンテンツを公開
〜〜リアルな動画視聴で自然に安全運転が身につきます〜〜

本部広報2013-20
平成25年7月26日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗七生)は、このたびドライブレコーダー映像を活用した交通安全啓発のためのインターネットサイト「JAFセーフティシアター(JAF Safety Theater)」を公開しました。

本サイトの動画は、交差点でのクルマ同士のニアミス場面など、実際にドライバーから寄せられたドライブレコーダー映像の中から、鳥取環境大学名誉教授 鷲野翔一氏が選定した「交通安全啓発効果が高い」と考えられるシーンを掲載しています。また、約30秒にまとめられたリアルな映像には、視聴者が理解しやすいよう注意すべきポイントなど、同氏の監修による文字テロップが入っており、視聴を通じていろいろな事例を数多く疑似体験することで、安全運転のヒントを習得することができる“自習型交通安全コンテンツ”となっています。

さらに、視聴者が映像に関するコメントを投稿できるコミュニティ機能を付加していますので、様々な意見を視聴者の間で交換・共有することもできます。

現在70件を超える映像が収録されており、今後も継続的に映像を追加してコンテンツの充実を図っていく予定です。

参考

写真:JAFセーフティシアター(JAF Safety Theater)

前へ

次へ

このページのトップへ