JAFニュース

お盆期間のJAFロードサービス件数は1日平均9,000件以上
一般道路では「バッテリー上がり」、高速道路では「タイヤのパンク」が3割以上

本部広報2013-26
平成25年8月27日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗七生)が、お盆期間(2013年8月10日〜18日まで)に実施したロードサービス件数は全国で8万1,161件(確定値)にのぼりました。期間中の1日平均は9,000件を超えました。同年7月の平均(1日平均6,542件)と比較すると約4割増となっています。

依頼内容をみると、一般道路では「バッテリー上がり」、高速道路では「タイヤのパンク」が最も多く、それぞれ3割以上を占めています。

JAFでは、トラブルを未然に防ぐためにも「バッテリー」や「タイヤの空気圧」などの日常点検を実施するよう、引続き自動車ユーザーに呼び掛けていきます。

2013年お盆期間 (8月10日〜18日) のロードサービス実施件数 ※確定値

全国計 ≪四輪車+二輪車≫
日付
曜日
8月   合計
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
一般道 8,697 8,911 8,654 8,721 8,607 8,501 8,210 8,196 7,476 75,973
高速道 655 653 559 576 603 570 489 539 544 5,188
9,352 9,564 9,213 9,297 9,210 9,071 8,699 8,735 8,020 81,161

お盆期間のJAFロードサービス出動理由TOP10

一般道路 
順位 故障内容 件数 構成比(%)
1 過放電バッテリー 24,498 32.25
2 タイヤのパンク (バースト、エア圧不足含む) 8,853 11.65
3 キー閉じ込み 7,087 9.33
4 破損バッテリー (劣化含む) 4,768 6.28
5 落輪 (落込含む) 4,267 5.62
6 事故 3,247 4.27
7 燃料切れ 2,491 3.28
8 発電機 (充電回路含む) 2,238 2.95
9 スタータモータ 1,228 1.62
10 ハンドルロック (キー作動機構含む) 983 1.29
以上計 59,660 78.53
その他合計 16,313 21.47
総合計 75,973 100.00
高速道路
順位 故障内容 件数 構成比(%)
1 タイヤのパンク (バースト、エア圧不足含む) 1,623 31.28
2 燃料切れ 574 11.06
3 過放電バッテリー 311 5.99
4 事故 275 5.30
5 発電機 (充電回路含む) 167 3.22
6 オートマチックミッション 109 2.10
7 補機駆動ベルト 91 1.75
8 キー閉じ込み 80 1.54
9 破損バッテリー (劣化含む) 79 1.52
10 ラジエーター 61 1.18
以上計 3,370 64.96
その他合計 1,818 35.04
総合計 5,188 100.00

ロードサービス実施件数は、JAFホームページにて公開しています。

  • 写真:ロードサービス救援の様子-1
  • 写真:ロードサービス救援の様子-2
  • 写真:ロードサービス救援の様子-3

前へ

次へ

このページのトップへ