JAFニュース

JAFの「優待施設」が全国で30,000ヵ所超に!

本部広報2013-45
平成25年10月22日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗七生)は、JAF会員が割引等の優遇を受けられる「優待施設」の増加に取り組んでおり、2013年9月末時点で、対象となる施設は全国で30,123ヵ所となりました。この数は2007年度末時点と比べると5.5倍になっています。

優待施設は、観光施設、ガソリンスタンド、道の駅、ホテル、レンタカー、パッケージ旅行、引越サービス、カラオケなど、さまざまなジャンルに広がっており、特に近年は、おでかけ先だけでなく、身近なところで使えるファーストフード等の飲食関係施設などとも契約を進めています。

優待施設の増加にともない、サービス利用者も拡大し、昨年度1年間では1,538万人にのぼりました。

また、こうした優待施設の一覧や優遇サービスの内容については、会員向け機関誌「JAFMate」や「JAFPLUS」で紹介しているほか、総合観光情報サイト「JAFナビ」やスマートフォンアプリ「JAFお得ナビ」などで検索が可能です。

JAFでは、今後もこうした優待施設を拡大し、JAF会員がおトクを満喫できるサービスを充実していきます。

参考ホームページ

画像:会員優待施設数(各年度末時点)
画像:JAFナビ 楽しいこと見つかる!おでかけのきっかけはJAFナビで 画像:JAFお得ナビ

前へ

次へ

このページのトップへ