JAFニュース

女性ももっと参加を
ウィメン・イン・モータースポーツ ワーキンググループが発足

本部広報2014-30
平成26年8月27日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗 七生)は、女性のモータースポーツへの参加促進を目的とした「ウィメン・イン・モータースポーツ ワーキンググループ」を設置し、その第1回会議を8月21日(木)にJAF本部(東京都港区)で開催しました。

同ワーキンググループは、FIA(国際自動車連盟)により2009年に開始したWOMEN IN MOTORSPORT委員会の活動を、FIA加盟国として日本国内でも展開するために発足したものです。メンバーには、FIA同委員会のアジア地域代表委員であるレーシングドライバーの井原慶子氏の他、モータースポーツに関わる各分野で活躍する女性が参加しています。

会議では、今後の活動計画について意見交換が行われ、年内に予定されている競技会、その他モータースポーツイベント会場におけるプロモーション内容が検討されました。今後、ドライバーのみならず、あらゆるジャンルでモータースポーツに携わる女性の活動を促進していくことを目指します。

以下、同ワーキンググループのAmbassadorに選出された皆様からのコメントです。


  • 日本でも、モータースポーツをはじめ自動車産業全体で女性が尊重され、シナジーを生み出せる環境作りに貢献できればと思います。
    (世界耐久選手権ドライバー/FIAウィメン・イン・モータースポーツ委員 井原慶子氏 : 写真中央)
  • 初めてラリーを見た時からラリーに憧れて、いつか自分も出てみたいと思い続けていました。
    車に憧れている人、これからモータースポーツをやってみたいと思っている人と一緒に活動したり、何でもサポートしたいなって思います。
    (全日本ラリー選手権ナビゲーター 足立さやか氏 : 写真右)
  • モータースポーツに「興味」のある女性達に、一歩踏み出せば「参加」出来る場がたくさんあることを広めていきたいです。
    (富士スピードウェイ㈱レース事業部 関敦子氏 : 写真左)

前へ

次へ

このページのトップへ