JAFニュース

年末年始のJAFロードサービス依頼内容、
「バッテリー上がり」が最多、降雪による落輪も約7400件

本部広報2014-60
2015年1月13日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗七生)が、年末年始(2014年12月27日〜2015年1月4日まで)に実施したロードサービス件数は全国で8万1928件にのぼり、昨年よりも1833件増加(前年比102.3%)しました。

依頼内容別の集計結果は、「バッテリー上がり」が最も多く2万9741件(構成比36.3%)、次いで「タイヤのパンク」8569件(構成比10.5%)でした。なお、次いで「落輪(落込含む)」7411件(構成比9.0%)が出動理由の3位となり、降雪の影響による冬特有の傾向が見られました。

JAFでは引続き、雪道や凍結路での運転には特に注意していただくようドライバーに呼び掛けています。

平成26年度 年末年始期間(12/27〜1/4)のロードサービス実施件数

上段:当年 下段:前年
  27日 28日 29日 30日 31日 1日 2日 3日 4日 合 計 増 減 前年比
一般道 9,055 9,103 8,660 8,708 8,343 6,761 8,889 10,122 9,603 79,244 2,127 102.8%
7,384 9,935 10,209 10,014 8,449 6,112 7,801 8,256 8,957 77,117
高速道 274 271 276 283 268 350 337 350 275 2,684 -294 90.1%
284 419 355 314 318 302 373 322 291 2,978
合計 9,329 9,374 8,936 8,991 8,611 7,111 9,226 10,472 9,878 81,928 1,833 102.3%
7,668 10,354 10,564 10,328 8,767 6,414 8,174 8,578 9,248 80,095

JAFロードサービス主な出動理由 TOP10

一般道路

順位 故障内容 件数 構成比
1 過放電バッテリー 29,583 37.3
2 タイヤのパンク、バースト、エアー圧不足 7,919 10.0
3 落輪・落込 7,381 9.3
4 キー閉じ込み 5,308 6.7
5 破損/劣化バッテリー 5,030 6.3
6 事故 4,019 5.1
7 スパークプラグ 2,489 3.1
8 燃料切れ 1,626 2.1
9 発電機/充電回路 925 1.2
10 スタータモータ 909 1.1
以上計 65,189 82.3
その他合計 14,055 17.7
総合計 79,244 100.0

高速道路

順位 故障内容 件数 構成比
1 タイヤのパンク、バースト、エアー圧不足 650 24.2
2 燃料切れ 314 11.7
3 事故 310 11.5
4 過放電バッテリー 158 5.9
5 タイヤチェーン 85 3.2
6 発電機/充電回路 72 2.7
7 キー閉じ込み 41 1.5
8 クラッチ機構(ロッド、ワイヤー含む) 39 1.5
9 クリップ・ハブ・ベアリング 36 1.3
10 オートマチックミッション 34 1.3
以上計 1,739 64.8
その他合計 945 35.2
総合計 2,684 100.0

合計

順位 故障内容 件数 構成比
1 過放電バッテリー 29,741 36.3
2 タイヤのパンク、バースト、エアー圧不足 8,569 10.5
3 落輪・落込 7,411 9.0
4 キー閉じ込み 5,349 6.5
5 破損/劣化バッテリー 5,053 6.2
6 事故 4,329 5.3
7 スパークプラグ 2,496 3.0
8 燃料切れ 1,940 2.4
9 発電機/充電回路 997 1.2
10 スタータモータ 919 1.1
以上計 66,804 81.5
その他合計 15,124 18.5
総合計 81,928 100.0

前へ

次へ

このページのトップへ