JAFニュース

〜交通安全と命の大切さを願い、JAFと日本赤十字社がコラボ!〜
『ハローキティと学ぶ交通安全と応急手当 in サンリオピューロランド』
5月9日(土)開催!

本部広報2015-04
2015年4月22日

写真:イメージ01JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗 七生)と、日本赤十字社(社長 近衛 忠?)は、平成27年5月4日(月)〜10日(日)の「世界交通安全週間」のスペシャルイベントとして「ハローキティと学ぶ交通安全と応急手当 in サンリオピューロランド」を同9日(土)に開催します。

国際自動車連盟(FIA)と国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)は昨年2月、交通安全分野での協定を締結し、お互いの強みを活かし、特に交通事故発生時の対応改善を目指した活動を協力して実施していくことになりました。今回のスペシャルイベントは、同協定の趣旨に賛同した活動の一環として実施されます。

写真:イメージ02 第3回となる同週間の今年のテーマは「子どもと交通安全」。そこで、大人から子どもまで人気のサンリオピューロランドの協力のもと、このスペシャルイベント限定の“夢のコラボショー”も実現。サンリオの人気キャラクター・ハローキティ(写真上)、JAFのエコてんくん。(写真左)、日本赤十字社のハートラちゃん(写真右)が一緒にステージに登場し、子どもへ交通安全の大切さを分かりやすく伝えます。
  また万一の事故の際、わが子を守るためにぜひ知っておきたい「親子で学ぶ応急手当」を体験コーナーで学習いただけます。
  その他、反射材効果体験コーナー、チャイルドシート効果の実演コーナーなど、親子で楽しみながら交通安全を学べる企画が盛りだくさん。オリジナルグッズが当たる抽選会も予定しています。

イベント概要
  • 日時:平成27年5月9日(土) 10時〜17時
  • 場所:サンリオピューロランド内 エンターテイメントホール
         東京都多摩市落合1-31(京王線・小田急線・多摩モノレール「多摩センター」駅徒歩5分)
  • 主催:日本自動車連盟(JAF)、日本赤十字社
  • 協力:サンリオピューロランド
  • 主なイベント内容
    • (1)
       「ハローキティ」「エコてんくん。(JAFキャラクター)」「ハートラちゃん(日本赤十字社キャラクター)」のコラボレーションによる、交通安全と応急手当を題材にしたミニショー
    • (2) 親子で学ぶ応急手当体験コーナー
    • (3) チャイルドシートや反射材の効果を伝える体験・啓発コーナー
    • (4) JAFロードサービスカー型の電動カーを使った交通安全学習コーナー(3〜5歳の幼児向け)
    • (5) 「JAF子ども安全免許証」の発行(イベント当日限定のハローキティコラボデザイン)
    • (6) サンリオ、JAF、日本赤十字社のオリジナルグッズが当たる抽選会

なお、スペシャルイベント開催日を含む4月29日(祝)〜5月10日(日)は、JAF会員証の提示で、サンリオピューロランドへの特別価格による入場が可能です(5名まで。ただしJAF会員通年優待との併用はできません)。

詳しくは、JAFホームページ(JAFご当地情報・東京)もご覧ください。

前へ

次へ

このページのトップへ