JAFニュース

JAFのWebサイトに対話型の“ナビゲーター”誕生!
〜本日6月10日(水)より登場 ユーザーの「知りたい」をアシスト〜

本部広報2015-12
2015年6月10日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗七生)は6月10日(水)より、自社Webサイト上に対話型のQ&Aシステムを導入、運用を開始します。

このシステムの“ナビゲーター”として、新キャラクターも誕生。親しみやすい女性JAF隊員が、ユーザーの疑問解決をアシストします!

これは、かねてよりJAFがユーザーに向けてWebサイト上に設置していた「よくあるご質問(JAFに関する一般的な質問)」と「クルマ何でも質問箱(車のメカニズム・運転方法などの情報)」の2ページを情報ソースとし、ユーザーが知りたい内容を入力すると、“ナビゲーター”が上記の情報ソースからユーザーの質問事項に関連するページのURLなどを案内したり、質問に回答したりするしくみです。ユーザーが自ら検索をして情報を探す手間が省かれ、欲しい答えがすぐ得られるようになります。

なお、この“ナビゲーター”の名前は「久留間(くるま)まもり」。JAFのロードサービス隊員で「まじめで努力家だが元々はおっちょこちょい」「街の散策が趣味」といったキャラクター設定がされています。また、表情やポーズのバリエーションも用意され、「年齢は?」などのプロフィールに関する質問にも答えます。

JAFのWebサイトトップページ上部にあるバナー(写真左)からご利用ください!!

久留間まもりがお客様のご質問にお答えします
質問は短文のほか、「会員証紛失」「入会」「故障」「応急処置」
などといったキーワード入力でも可能
JAFのWebサイトに対話型の“ナビゲーター”誕生!

前へ

次へ

このページのトップへ