JAFニュース

お出かけ前は運転前にタイヤの点検を!
昨年のシルバーウィーク期間中
JAFへのタイヤパンクの救援件数は620件!

本部広報2016-33
2016年9月13日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 矢代驪`)は、観光などで自動車を使用する機会が増えるシルバーウィーク期間、トラブルを事前に回避するため、ドライバーへタイヤ等の運転前のチェックを行うよう呼び掛けています。

■昨年のシルバーウィーク期間、タイヤパンクの救援件数は620件

昨年のシルバーウィーク期間中(9/19〜25の7日間)に救援した実施件数のうち、タイヤパンクの救援は620件にのぼりました。また、JAFの年間ロードサービス救援件数の推移をみると、10年前と比べ全体の救援件数に対する「タイヤパンク」救援の構成比は10.3%から15.5%と約1.5倍に増加しています。

JAFロードサービス実施件数:タイヤパンク:件数経過
JAFロードサービス実施件数:タイヤパンク:件数経過
ロードサービス救援依頼内容構成比

■自分の車の指定空気圧を知らない人は36%!

その一つの要因として、定期的にタイヤの空気圧チェックをする機会が減ったことが考えられます。2014年9月にJAFが実施した「タイヤの空気圧に関するアンケート」結果によると、36%の人が自分の車の指定空気圧を知らず、推奨されている毎月1回空気圧チェックを行っている人は、14%に満たないことが分かっています。
 タイヤの空気圧が不足していると、タイヤがたわみやすくなり、熱を持ちタイヤのバーストにつながる可能性があります。JAFでは、ドライバーに対して定期的なタイヤチェックを行うよう呼び掛けています。

■タイヤの空気圧に関するアンケート集計結果(抜粋)


Q1:ご自身のお車の指定空気圧を
ご存じですか?
Q1:ご自身のお車の指定空気圧を<br />ご存じですか?
Q2:空気圧はどのくらいの間隔で点検していますか?
Q2:空気圧はどのくらいの間隔で点検していますか?

■空気圧の点検の仕方

国産車は基本的に、運転席のドアを開けた所に表記されています。表記されている適正な空気圧に従い、ガソリンスタンド等に設置されているタイヤ用空気充填機を使用し充填してください。
 ○クルマ何でも質問箱「タイヤの空気圧点検と充填方法」

「JAFワンポイントアドバイス」による車両チェック
 ロードサービス救援現場で故障救援依頼の応急処置を行った後、故障箇所以外にもオイルや冷却水、バッテリー、タイヤの空気圧などを無料で点検し、故障や事故を未然に防ぐための「ワンポイントアドバイス」を行っています。空気圧不足で走行に不安のある場合は空気の充填も行っています。

■参考:タイヤの空気圧に関するアンケート集計結果(JAF調べ)

前へ

次へ

このページのトップへ