JAFニュース

台風15号接近!約2年ぶりの超大型台風に発達か?
強風や大雨の際は運転に十分ご注意を!

本部広報2017-39
2017年8月31日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 矢代驪`)は、大型台風である台風15号の接近を受け、ドライバーへ強風や大雨時の運転に注意するよう呼び掛けています。

29日に「大型」の台風へ発達した台風15号は、31日頃には小笠原近海で勢力を強め週末にかけて北上すると予想されています。今後の台風の動きによっては、関東や東北、北海道で、大荒れの天気になる恐れがあり、注意が必要です。

昨年8月22日(月)から23日(火)にかけて、関東以北に大きな被害をもたらした台風9号が本州に上陸した際には、それに起因すると思われる車両の冠水・落輪など、ドライバーからJAFに寄せられた救援依頼は534件ありました。

(JAF調べ:http://www.jaf.or.jp/profile/news/file/2016_28.htm

その多くは冠水車両のけん引であり、特に埼玉県においては雨雲の停滞による長時間の降雨により道路の冠水が発生し、199件もの依頼がありました。

アンダーパスなど、スリバチ状の道路の水たまりには入らず引き返しましょう
アンダーパスなど、スリバチ状の
道路の水たまりには入らず引き返しましょう

JAFが行なった冠水路走行実験によると、セダンタイプの車両では時速10kmであっても水深60cmを走りきることができませんでした。同じ水深であっても速度が高くなると巻き上げる水の量が多くなり、エンジンに水が入りやすくなります。速度を落としても他の要因でエンジンが止まることもあり走りきれるとは限りませんので注意が必要です。アンダーパスや電車ガード下の道路など、スリバチ状の道路では水たまりが発生しやすい傾向があります。そういった水たまりには絶対に入らず、引き返しましょう。

●大雨時運転の際の注意点(参考:JAFホームページ)

<クルマ何でも質問箱>
・冠水・浸水してしまったら
http://qa.jaf.or.jp/trouble/disaster/08.htm
・水没したときの対処と脱出方法とは?
http://qa.jaf.or.jp/trouble/handling/06.htm
<JAFユーザーテスト>
・水深何cmまでドアは開くのか?
資料編
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/submerge/detail4.htm
動画編
(セダン)http://movie.jaf.or.jp/details/42.html
(ミニバン)http://movie.jaf.or.jp/details/43.html
・冠水路走行テスト
資料編
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/submerge/detail1.htm
動画編
(セダン)http://movie.jaf.or.jp/details/25.html
(SUV)http://movie.jaf.or.jp/details/26.html
<JAF360度VR動画>
・車両の水没編
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/360video/submerge/index.htm

前へ

次へ

このページのトップへ