JAFニュース

年末年始、クルマでのお出かけには万全の準備を!
事前のチェックでトラブル対策!雪道運転は側溝にもご注意ください。

本部広報2017-64
2017年12月22日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 矢代驪`)は、帰省などクルマの使用が増える年末年始、お出かけ前に確認していただきたいポイントをまとめました。また、JAFではこの期間、救援依頼が増加することが予想されるため、体制を強化して対応いたします。

■年末年始の救援出動はおよそ10.8秒に1件!最も多いのはバッテリー上がり!!

昨年の年末年始期間(2016年12月30日〜2017年1月3日)、JAFが出動した件数は4万122件にのぼりました。これは約10.8秒に1件の割合となります(2016年度年間は約13.2秒に1件)。

最も多い依頼は「バッテリー上がり」。気温が低いとバッテリーの能力が低下し、発生しやすくなります。また、バッテリーは、使用環境によって劣化の進み方が大きく変化しますので、カーディーラー、ガソリンスタンド、カーショップなどでのチェックをおすすめします。

■12・1月は落輪・落込が増加傾向!降雪地域ではタイヤチェーンなどの事前準備を

2016年度のロードサービス救援件数(四輪)は、溝などへタイヤが落ちてしまう落輪・落込が12・1月では2万件を超過し、全体の構成比約10%を占めています。前後の11月(14,263件)と2月(18,651件)が2万件を超過していないことから見ても、増加傾向にあるといえます。積雪時は道路の側溝が雪に隠れ、分からなくなっている場合があります。通り慣れた道であっても、充分ご注意のうえ走行してください。

また、お出かけ先で思いがけず積雪や凍結に遭うことも予想されます。JAFの実験ではノーマルタイヤで雪道を走行すると、ブレーキ制動距離がスタッドレスタイヤより1.7倍も長くなりました。降雪が予想される地域へお出かけの際はタイヤチェーンやスタッドレスタイヤのご準備を。

■ 「燃料切れ」 「燃料凍結」 に注意

長距離ドライブの際には、早めの給油をお願いします。高速道路上では、ガソリンスタンドがない区間が長かったり、夜間閉店の場合もありますのでご注意ください。

また、冬は「軽油の凍結」にも注意が必要。比較的温暖な地域で販売されている軽油を入れたクルマが、気温が低いスキー場などに長時間駐車した時などには、軽油(燃料)の流動性が失われ、燃料が噴射できずにエンジンがかからなくなることがあります。軽油の凍結を防ぐには、現地で寒冷地用の軽油を給油しましょう。ガソリンは凍結する心配はありません。

前へ

次へ

このページのトップへ