JAFニュース

もし日本滞在中に地震が起きたら…!?
災害時の対処法をまとめた特設ページ(英語版)を公開!

本部広報2017-69
2018年3月7日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 矢代驪`)は、訪日外国人を対象とする、自動車運転時に災害に遭った際の対応方法などをまとめた特設サイト「When a disaster occurs(もし、災害が発生したら。)」において、3月7日より新規ページ「How to protect yourself in an earthquake(地震発生時の身の守り方)」を公開しました。

本コンテンツは、昨年よりホームページで公開している日本語版「もし、災害が発生したら。」を、翻訳・再編集し、公開したものです。日本を訪れる外国人の総数は2016年で約2,404万人、2017年は約2,869万人(出典:日本政府観光局(JNTO))と増加傾向にあります。今後も増加が見込まれる訪日客のレンタカー利用や日本在住の外国人向けに、安心して日本に滞在していただけるよう、わかりやすく解説しています。

「When a disaster occurs」 TOPページ
「When a disaster occurs」 TOPページ

今回公開した「How to protect yourself in an earthquake(地震発生時の身の守り方)」は、地震が多い日本で安全に過ごしていただくため、また万が一の際にも慌てずに行動できるように、自動車運転時を中心に自宅在宅中や屋外・商業施設で取るべき安全行動をご紹介しております。訪日を予定されている、または既に日本にお住まいの外国人の方にはご覧いただきたい内容となっております。

また、本サイトでは先行して2月に「What to be careful of on snow-covered and icy roads(雪道・凍結路の注意点)」を公開しました。5月には「Evacuating in a flood(水害発生時の避難行動)」の公開も予定しています。

JAFでは今後も、安全に日本を楽しんでいただけるよう、外国人の方々にも有益な情報を提供してまいります。

前へ

次へ

このページのトップへ