JAFニュース

着用義務化から10年も…約3人に2人が「していない」後席シートベルト
今なお低い着用率、その危険性を視覚的に表現したインフォグラフィックを制作、JAFホームページ上で注意喚起

本部広報2018-47
2018年12月19日

► 今なお低い、後部座席シートベルト着用率
► 非着用が招く3つの危険をグラフィックで直感的に伝達

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 矢代隆義)は、警察庁と合同で実施した「シートベルト着用状況全国調査2018」(2018年12月19日公表)の結果をもとにした、インフォグラフィック「シートベルト着用有無が明暗を分ける」をJAFホームページ内で公開しました。JAFでは、年末年始の帰省等でクルマを使う機会が増え、交通事故の多発が心配される時期を前に、注意を呼びかけています。

シートベルト着用有無が明暗を分ける
こちらのURLからインフォグラフィック全体をご覧いただけます。

■後部座席でシートベルト、約3人に2人が「着用していない」

JAFでは、2002年より警察庁と共に、「シートベルト着用状況全国調査」を行っています。2008年に自動車後部座席(以下、後席)のシートベルト着用が義務化されてから10年が経過していますが、今年の調査結果においても、一般道路での着用率は運転席での着用率が98.8%、助手席が95.9%だったのに対して、後席では38.0%と低く、約3人に2人にあたる62.0%が後席ではシートベルトを「着用していない」との結果となりました。後席のシートベルト着用率は2016年の36.0%、2017年の36.4%から増加しているものの、今なお低い着用率であることが明らかとなりました。

■高速道路での着用率は7年ぶりに減少

高速道路でのシートベルト着用率を調べてみると、運転席は99.6%、助手席は98.5%とそれぞれかなり高い着用率でしたが、後席は74.2%と前の座席に比べて低い着用率でした。
また、前年比では過去最高だった2017年の74.4%から0.2ポイント減少しており2011年以降では初めての減少となりました。

■非着用が招く3つの危険とは?

非着用によるリスクはさまざまで、①本人が致命傷を負う、②同乗者に致命傷を負わせる(衝突の勢いで車内の同乗者にぶつかる)、③車外放出(自動車乗車中の者が車内から車外へ放出される)などが挙げられます。後席だと車外放出するイメージがない方も多いかもしれませんが、実際は、車が横転した際にサイドドアの窓から投げ出されてしまうケースもあり、非常に危険です。自他含めた安全確保のためにも全席でのシートベルト着用が必要です。

■後席シートベルト着用を見直すきっかけに。

JAFではこうした調査結果を踏まえて、情報データを視覚的に表現し、直観的に分かりやすく図式化したインフォグラフィックを利用し、ホームページ等で公開しました。より多くの方の目に触れ、後席シートベルト着用について改めて見直すきっかけとなり、全席着用の意識が向上することを願っております。
JAFホームページでは、この他さまざまな交通安全啓発コンテンツを公開しています。また、時速5kmの衝突体験ができる「シートベルトコンビンサー」を活用したイベントを全国各地で開催しています。


シートベルトの警報、全席義務化へ
 国土交通省は、シートベルトをせずに走行すると警報音が鳴る装置「シートベルトリマインダー」の設置を、2020年9月1日以降に発売されるすべての新型乗用車に義務付けることを明らかにしています。この決定は、従来の「シートベルトリマインダー」による警報の対象※を拡大し、後席を含むすべての座席をその対象とするもので、後席シートベルト着用率の大幅な向上と交通事故抑制効果が期待されています。(※これまでは運転者席のシートベルトのみ)
しかし、制度が前進することよりも重要なのは、ひとりひとりの危機意識です。運転する人と同乗者が相互に、常に、シートベルトの着用を確認し合うことを忘れないように気をつけましょう。

◆インフォグラフィック掲載ページ:
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/rearseat/infographic/

◆「2018年 JAF・警察庁 シートベルト着用状況全国調査」最新結果
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/data/driver2018.htm

◆国土交通省「シートベルトリマインダーの警報対象座席の拡大」
http://www.mlit.go.jp/common/001189694.pdf

◆JAF主催 全国の交通安全イベント開催情報
http://jafevent.jp/event/safety/


前へ

次へ

このページのトップへ