JAF NEWS RELEASE
本部広報97-03
平成9年2月19日

災害救援用車両3台を披露
〜関東・中部・関西に配備〜


 JAF(社団法人 日本自動車連盟・会長 泉 勝)は、公益活動の一環として、災害救援用車両を3台導入し、2月19日午後、東京・芝公園の東京プリンスホテル駐車場で関係者や報道陣に公開した。

  この車両はTOYOTAメガクルーザーをベース車両とし、災害時などに出動し指揮や道路交通の確保、装備品の運搬を主とするもので、ベースキャンプ設営用キャリアをけん引するほか、単体としても高い機動性を有している。

 現場で救援隊員4〜5名が10日間自活出来る「自己完結型ボランティア活動」のための装備を搭載している。また、最低地上高420mm、最小回転半径5.6mと高い機動性を有し、タイヤ空気圧調整装置により幅広い路面状況にも対応可能。カーナビゲーション搭載により、地域を問わない広範囲な活動が可能な点も特徴。

 今回導入される3台は、関東本部、中部本部、関西本部の3本部に2月中に配備される予定。今後、災害救援活動などのほか、幅広く公益活動に使用していく。

● 災害救援用車両 資料

◆主な搭載装備品

【車両本体】
・照射方向可変型サーチライト
(前2・後1/前2灯は車室内からリモコン可)
・フロント電動ウインチ
・VICS対応カーナビゲーション(TV内蔵)
・ブースターケーブル(12V・24V電源取り出し)ジャック
・工具類(車両用のほか、斧・スコップ・クリッパーなど
破壊用も含めて)
・温冷蔵庫
……… など

【キャリア(被けん引車)】
・発電動機(100V/900W)および照明機材類
・エンジンカッター
・ハンドウインチ(チルフォール)およびフックワイヤー
・油脂類、水などの携帯タンク
・保存食品(25年保存可のフリーズドライ)
・水浄化器
・可搬型コンロなど台所用品
・可搬型トイレ
・テント、寝袋
・折り畳み運搬台車
……… など

◆主要諸元

【ベース車両=TOYOTAメガクルーザー】
全長×全幅×全高:5,170×2,170×2,400mm
最 低 地 上 高 :420mm
車 両 重 量 :3,540kg
乗 車 定 員 : 6名
車 両 総 重 量 :3,870kg
最小回転半径 : 5.6m
エンジン仕様 :4,104ccディーゼル(直4水冷)
最 高 出 力 :155ps/3,200rpm(グロス)
最 大 ト ル ク :39.0kg・m/1,800rpm(グロス)
駆 動 方 式 :フルタイム4輪駆動

【キャリアトレーラー=JAFオリジナル仕様】
全長×全幅×全高:3,590×1,660×2,000mm
荷 室 内 寸 :2,180×1,200×370mm
車 両 重 量 : 300kg
最 大 積 載 量 : 400kg
車 両 総 重 量 : 700kg