JAF NEWS RELEASE
本部広報97-30
平成9年10月14日

上半期は史上最高の処理件数
〜JAFのロードサービス〜


 JAF(社団法人 日本自動車連盟)が、10月14日まとめたところによると、平成9年度上半期(4月〜9月)のJAFのロードサービスの処理件数は、142万1462件で、昨年上半期より3804件、0.3%増加した。これは猛暑によるトラブルが続出した平成7年度上半期の142万199件をも上回っており、JAF史上最高の処理記録である。

 会員数の増加に加え、ロードサービスの受付指令システムの電算化を進め、現場到着時間の短縮を図ったことなどの結果とみられる。

 原因別の傾向としては、バッテリーの過放電、キーの閉じ込みが相変わらず多く、JAFでは車に乗る時には日常点検やちょっとした注意を怠らないようにと呼びかけている。

●「平成9年度上半期(4月〜9月)ロードサービス処理件数」

上半期(4月〜9月)処理件数
地方本部別
平成9年度
平成8年度
前年同月比
北海道
35,553
35,053
500
101.4
東 北
77,510
75,316
2,194
102.9
関 東
384,030
378,562
5,468
101.4
中 部
268,621
262,283
6,338
102.4
関 西
352,948
365,429
-12,481
96.6
中 国
66,669
65,499
1,170
101.8
四 国
42,094
41,149
945
102.3
九 州
194,037
194,367
-330
99.8
合 計
1,421,462
1,417,658
3,804
100.3