JAF NEWS RELEASE
本部広報98-27
平成10年9月28日


JAFのハイテクシステム
〜ソウルのITS世界会議で披露〜


 JAF(社団法人 日本自動車連盟)はITS(高度道路交通システム)関連活動推進の一環として、10月に韓国ソウル市で開かれる「第5回ITS世界会議」の併設展示会で、現在稼働中のロードサービス受付指令システムなどを出展、JAFのハイテク技術を披露する。JAFがITSの展示会に出展するのはこれがはじめて。

 この展示会は、ITS世界会議の開催期間(10月12日から16日)、会場の韓国国際展示場(KOEX)内で同時開催される。展示会には、JAFの加盟するAIT(国際旅行同盟)とFIA(国際自動車連盟)が自動車クラブの集合ブースを設けるが、JAFはこのブースに、オ一ストラリア自動車協会(AAA)や英国自動車協会(AA)などとともに共同出展する。

 JAFの出展は (1)現在稼働中のGPSナビゲーション連動のロードサービス受付・指令・配車システム「CRS24」(2)現在稼働中の「ドライブ情報データベース検索システム」−の展示とデモンストレーション。

 JAFは、今年2月本部に「ITS推進プロジェクトチーム」(委員長・松波正壽専務理事)を発足させ、自動車ユーザーの利便を図るとともに、自らもロードサービス関連業務のインテリジェント化などを進めている。