JAF NEWS RELEASE
本部広報98‐33
平成10年12月9日


JAF会員数1300万名突破
〜創立以来35年で達成〜


 JAF(社団法人 日本自動車連盟)が12月8日集計したところによると、平成10年11月末現在の在籍会員数が前月(10月末)から5万659名増えて1304万2494名となった。1963年(昭和38年)4月に自動車ユーザーの団体として設立以来、くしくも35周年の節目に1300万名の大台に到達できた。

 創立以来の会員数の推移をみると、2回のオイル・ショック、景気の変動、社会環境の変化など、厳しい条件の下でやや伸び悩んだ時期もあるが全体的には伸びつづけ、1987年(昭和62年)8月末に500万名、1993年(平成5年)11月末に1000万名、その後、5年間で300万名の増加となった。地方本部では、北海道本部が40万名、東北本部が80万名を超えた。

 自家用車の保有台数に占める会員の比率は26.4%で、マイカー所有者の4人に1人がJAF会員である。この会員数は、世界の自動車クラブでは米国のAAA(3648万名=1997年12月末現在)、ドイツのADAC(1366万名=同)についで3番目。

 また、複数保有世帯を対象とした家族員登録数は前月より1万9716名増加し、166万4459名となった。