JAF NEWS RELEASE
本部広報99-05
平成11年2月12日


出動理由のトップはバッテリー上がり
〜JAFの故障別調査〜


 JAF(社団法人 日本自動車連盟)は、2月初めに行ったロードサービス故障別調査の結果をまとめた。

 この調査は、2月1日から7日までの7日間に全国で出動した5万8306件(一般道路5万5437件・高速道路2869件)について故障別に分析したものである。

 この期間は、西日本を襲った強い寒気団の影響で大雪に見舞われ、各地で救援依頼が殺到し、特に3日と4日はサービスカーがフル回転であった。

 故障別にみると、一般道路では過放電バッテリー(バッテリー上がり)が1万4229件(構成比25.7%)、キー閉じ込みが1万3684件(同24.7%)と全体の半数以上を占めた。

 一方、高速道路では事故が460件(同16.0%)、タイヤ関係が411件(同14.3%)、燃料切れが377件(同13.1%)と他を圧倒しており、高速道路特有の故障内容となっている。


●「原因別路上故障状況表」平成11年2月調査
 (JAFロードサービス主な出動理由「TOP10」)

一般道路
順位
故障内容
件数
構成比(%)
1
過放電バッテリー
14,229
25.67
2
キー閉じ込み
13,684
24.68
3
落輪・落込
7,019
12.66
4
事故
5,195
9.37
5
タイヤのスペア交換・エアー補充
3,218
5.80
6
破損/劣化バッテリー
1,530
2.76
7
燃料切れ
918
1.66
8
充電回路
849
1.53
9
スパークプラグ
700
1.26
10
スタータモータ
408
0.74
以 上 計
47,750
86.13
その他合計
7,687
13.87
総 合 計
55,437
100.00


高速道路
順位
故障内容
件数
構成比(%)
1
事故
460
16.03
2
タイヤのスペア交 換・エアー補充
411
14.33
3
燃料切れ
377
13.14
4
キー閉じ込み
118
4.11
5
過放電バッテリー
109
3.80
6
タイミングベルト関 係
90
3.14
7
充電回路
85
2.96
8
エンジン破損・異音
78
2.72
9
クラッチ遊び・ワイヤー応急作業
78
2.72
10
オートマチックミッション
65
2.27
以 上 計
1,871
65.21
その他合計
998
34.79
総 合 計
2,869
100.00


道路合計
順位
故障内容
件数
構成比(%)
1
過放電バッテリー
14,338
24.59
2
キー閉じ込み
13,802
23.67
3
落輪・落込
7,042
12.08
4
事故
5,655
9.70
5
タイヤのスペア交換・エアー補充
3,629
6.22
6
破損/劣化バッテリー
1,545
2.65
7
燃料切れ
1,295
2.22
8
充電回路
934
1.60
9
スパークプラグ
701
1.20
10
オートマチックミッション
435
0.75
以 上 計
49,376
84.68
その他合計
8,930
15.32
総 合 計
58,306
100.00

注)調査期間:平成11年2月1日から7日までの7日間