愛知県

税法と相反し、古くなると維持費が高くなる税制はやめて欲しい。ガソリンにかかる消費税が二重課税になっているのも納得できない。使用目的が特定されない課税についても納得できない。(男性:40代)

自動車は生活に必要なものであり、何故に重い税負担をしなければならないのか非常に疑問である。(男性:70代)

自動車税に関して、そろそろ総合的に見直しが必要なのでは。(男性:60代)

自動車事業が日本経済を支えているはずなのに、自動車に興味のある若者が減ってきているなど、悲しい状況。負担を減らしマイカーを所持しやすい方向に仕組みを変えていかないと、国内の自動車事業は衰退してしまうのではないでしょうか。(男性:40代)

自動車一台にいろいろな税金をかけすぎだと思います。 (男性:20代)

先日まで車齢18年超の車に乗っていました。自動車重量税が走行距離に関係なく一律に決められているので、疑問に思っています。走行距離に応じた税額算定を導入するのも一案だと思います。(男性:60代)

ガソリンの二重税は即刻廃止すべき。(男性:50代)

自宅の車以外にも、地方に住む母に車を買ってあげたため両方の自動車税を払っています。 母も還暦を迎えましたが、祖母の病院送り迎えなどで車が必須です。 県外に嫁いだ私が出産で仕事を辞めたため、月に10万近い車税を支払うことは経済的に負担が大きいです。(女性:30代)

現在、車離れが進んでいる状況で税金が上がれば益々車離れが加速し経済への影響も出てくると思います。総合的に考慮・検討して進めてもらいたいです。(男性:50代)

自動車を保有、使用することは何らかの税金がかかるのは理解するが、似たような名目で課税するのは困りものです。即刻とは言いませんが近いうちにでも各種の税の一部を廃止にしてほしいです。(女性:30代)

自動車税の税金を下げて、軽自動車税との差を縮めて欲しいと思っている。(男性:20代)

理不尽な課税方法を即刻撤廃すべき(男性:50代)

自動車なしで生活が成り立たない地域の住民の負担が多すぎる。その税金を不適切に使われることに納得できない。(女性:50代)

取得(購入)、保有、使用(走行)の段階で様々な税が課せられ また、自動車重量税やガソリン税等には、本来の税率(本則税率)に上乗せられと欧米諸国に比べ極めて過重なものとなっていて、自動車を複数持つなどの楽しみが持てない。(男性:50代)

新車新規登録から13年を経過した自家用乗用車には、自動車重量税および自動車税に対し、重課されてきましたが、お金に余裕のない世帯は新車等を購入できないなが現状です。特に交通機関の不備なところでは中古車の維持保有は働くための必需品であり、逆に必要経費とみなし減税すべきである。中古車保有には理由があるという事。(女性:40代)

取りやすいところから集中して幾重にも課税し、財源を確保するやり方は公平さに欠ける。都心のように公共交通網が発達している場所ならマイカーを頼らないで済むが、不便な居住地では車に頼らざるを得ない。これ以上維持費がかかるなら、車所有は無理。徒歩か、自転車しかない。(女性:50代)

税制は常にその時代に則し、政策的に変動する。新たな財源を探すのと同様に、時代にそぐわなくなった税制は常に見直されるべきと考えます。(男性:50代)

古い車の税金が高くなるのは納得できない。大事に乗ることがエコに繋がると思います(男性:50代)

財源確保のために十分検証されない課税は即刻見直すべきである。(男性:40代)

安い車の税金を上げるより、高い車の税金を下げて、売り上げを伸ばし税収増を狙う方法を考えれば、企業も国も国民も潤うと思うんだけど。(男性:50代)

2重3重に課税されている自動車関連税金は、速やかに見直して、利用者の負担を減らすべきであり、自動車業界としても政府に強く要望をすべきです。(男性:60代)

税金はやむを得無いが見直すべき所は、改正するべき。(男性:40代)

とにかく税金を取りすぎです。一度税金のかかったものには重なって税金を取るようなことはやめてほしいです。(男性:50代)

税制が非常に複雑で、理解することは大変だと感じらます。また、税の使用目的が守られていないことは、納得できません。(男性:60代)

とにかく税の種類が多すぎる。ガソリンのように重複して課税されることは、納得がいかない。自動車税制については、整理してシンプル化を図って欲しい。(男性:50代)

そもそも車を購入し、ガソリンを消費することで経済活動に貢献しているのに、それ以上負担をかけると購入意欲をそがれて逆効果ではないか。(男性:40代)

いつまでも重複課税のまま改正されないのは、我々の声を纏める組織が無い為で、自動車メーカー等関連企業が結束して、アピール等行動をして欲しい。(男性:70代)

長く使用している車にかかるグリーン化税制だが、本来の目的外の税金にしか思えない。 エコカー減税分を補なっていようにしか思えない。(男性:30代)

自動車が贅沢品であるかのようにいくつもの税が課されていることに納得は全くしていない。地方ではどんどん公共交通機関が廃止されていき自動車の利用価値が高まっている状況で都会(特に関東圏)ではむしろ自動車を持つ意味がないほど公共交通機関が整備されている。不公平である。また、燃料費の二重課税(税金に税金を課す)は違法だと思う。(男性:50代)

確実に取れる処に、使用目的のはっきりしない税を安易に課税している。税率も高すぎる。(男性:50代)

重課税になっている自動車税は、もう少し軽減すべきです!!昔と違い必需品となっていると思うから。(男性:60代)

全ての税制で適正に見直し、無理に徴収するのをやめるべきです。 (男性:60代)

ハイブリッドカー、水素燃料電池車等には、もっと優遇税制を適用すべき(男性:60代)

必要なものに対して負担するのは当然だが、どうにも都合よく取り易いところから安直に徴収しているような気がしてならない。(男性:40代)

年金生活者は、高齢者も多く足がわりに車を使用しているので年金生活者のことも考えてほしい。(男性:60代)

先進国の中で、日本は自動車に掛る税金が世界一高い感じだ。 全てが変な感じがする。 (男性:60代)

クルマを保有・使用段階で税がかかり負担は大きいと思う。クルマ社会ではあるが、クルマ離れが進むのではないでしょうか?(男性:40代)

古い車に対して税金の負担を強いる姿勢は許し難い。(女性:50代)

自動車がないと生活に困る地域なので手放せない。維持だけでもお金がかかるので、取得時だけの税金にしてほしい。 もしくは所得金額によって金額を変えてほしい。(女性:40代)

ガソリンの二重課税は納得いかない。車を所有しているだけでも毎年税金ががるのに。(男性:40代)

新車登録日から13年経過するまで大切に使用した車に、重課税することは、物を大切に扱う事に反している。13年前と比較しても車の性能は、排ガス規制 を含め、遜色はないと思う。(男性:60代)

公平に支払うのなら受け入れるべき。(男性:50代)

安定した財源だから、無くしたく無いのは分かるが、だからと言って納得はできない。 真面目に議論をして、将来を考えて欲しい。(男性:40代)

取れるところから税をとっているので、検討すべきである。(男性:60代)

自動車がそのうち売れなくなり、 自動車産業がメインの日本は、 ますます税金が足りなくなる。(男性:50代)

いろいろな名目で税金が多すぎる。特に、税金に消費税をかけるのは納得出来ない。(男性:40代)

車がないと仕事にも行けないし生活も出来ない。税金は不公平だと思います。新車を買いたいけど無理。かと言って古くなると税金上がる。どうしたらいいの?(女性:60代)

もっとシンプルに、二重課税等おかしなところを見直すべき。(男性:40代)

自動車取得税+消費税、ガソリン税+消費税等、二重に課税するのはおかしいです。 自動車重量税を一般財源にしたのも納得がいかないです。一般財源で使用するという事は今迄の自動車重量税額はもっと安くても良かったはずだと思います。(男性:50代)

根拠のない税金が多すぎる。根本的に見直しが必要。税金に消費税がかかるのはおかしな事だし、長く同じ車に乗っていることは、保有財産の有効活用でもあるので、税金が上乗せされるのはおかしい。(男性:40代)