秋田県

本心では、税金は支払いたくないが、やむを得えない所もわかっている。 私達の納得出来るコメントをしてほしい。(女性:30代)

自動車に多くの税をかけるのか、良くわからない。(男性:30代)

軽自動車の税金値上等、安易に取りやすい所に税金負担を強いる現在の税制は問題である。(男性:50代)

地方では車は必需品であり、都会のように贅沢品扱いされては困る。 取れるところから取ろうという考えが透けて見える。(男性:40代)

古い車の重量税の増税は納得できない。 軽自動車の自動車税も、古い(18年以上)車が、1.5倍のさらに1.2倍という訳の分からない負担も納得できない。 年間の走行距離に応じた税負担にして欲しい。(男性:50代)

13年経過車への重課は、環境への悪影響とやらの建前だったと思うが、買い替えより大事にしているほうが環境に悪いという言い分に激しく反対!。(男性:40代)

国の財政が厳しいといっているが、首都圏では大企業が多く景気がいい、その反面地方では過疎化が進み買い物に行くにも車がなければ大変困る、公共交通はバス、鉄道も赤字を理由に廃止が相次いでいる状況です。随一の交通手段の車に二重三重の税金は納得できない。(男性:20代)

田舎では車が必需品なので地方の意見聞いてほしい。(女性:40代)

自動車が所有し使用することで何重にも課税対象になるのは反対。エコカーの税軽減等も自動車所有者全員が対象ではなく不公平なのでなくしてもらいたい。税負担が重ければ、収入の低い若い人はますます購入を考えなくなる。若い人の車離れを解消するためにも、不公平で重い税負担は無くすべきと思う。(男性:30代)

地方では車がなければ行動できない。公共交通機関を利用して通勤したくても間に合うバスがない。経済的に余裕がなく、古い軽自動車を大切にしているユーザーの負担が増える税制には到底納得出来ない。現在の税制を維持したいのであれば、地方に不公平感のないように都市部並みの公共交通機関を整備してからにしてほしい。(女性:30代)

財産とも言えるクラシックカーの保持ができないので、増税には断固反対!!(男性:50代)

車1台に対して車検・自動車関連の税金・ガソリン税等税負担が多すぎます。 ガソリンの暫定税率を廃止した上で消費税を課税してもらいたい。 車が裕福な人しか買えない時代は終わってますし地方では車を2・3台保有しているのは普通ですが年間いくら払っているか実情を分かって欲しい。 それと税金の2重課税も反対です。 (男性:30代)

ガソリン税は二重課税。原油が上がれば両方上がるというのはどうか。(男性:40代)

納得でできない増税を施行されていると思います。軽自動車税もなぜ増税されるのかよくわかりません<(`^´)>(女性:40代)

暫定税率の恒久化、税金の二重取り、意味のわからない一般財源化に、特に自家用車が必需の地方の住民として、年金暮らしの低所得者として、強く反対します。(男性:70代)

何でもかんでも財源のために税金を課す考え方はおかしい。根拠がなくなったものについてはそれをもって廃止、必要が生じればきちんと説明して課す、ということであれば良い。(男性:40代)

年齢と所得にお応じて、いろんな税を考えるとか出来たらうれしいです。 ガソリンを給油するときに、自分専用のクレジットカードを挿入すると自動的に画面に表示され適用がわかる仕組みです。 金融機関で税金を納めるときにも同じです。 (女性:60代)

財源を自動車関係の税に比重を置きすぎている。まずは議員が身を削ることから。(女性:30代)

現在の自動車に関する税金は、どうも、財源としての税の面が強すぎる。しかたない部分もあるが、とれるところから取る的な税制でなくしていただきたい。(男性:50代)

透明性を高め納税者の理解を促進する必要がある。(男性:70代)

自動車関係の税金には根拠の無いものも多く、特に車の必要な地方においては収入に対する税負担も大きい。重量税も本則税率に戻すべきだしガソリン税にも消費税がかかり2重税になっている。取りやすいところから取るなはやめて税収が少ないのであれば もっと幅広く公平に負担する事を検討していただきたい。(男性:50代)

ガソリン税の引き下げ欧米並みに。(男性:70代)

複数台所有している家庭に減税措置があってもいいのではないか。(男性:40代)

そもそも、意味のわからない税と化しているので見直しは急務。車の保有率の高い上に、所得格差の大きい地方に負担を課すのは間違い。消費税引き上げを機会に見直すべき。(女性:60代)

自動車税の課税を強化する根拠がわからない。納得のいく説明がなされていない。(男性:50代)

ただでさえ所得の少ない若年層を中心に自動車離れが進んでいるのに、これ以上自動車税が重く課されると、益々自動車離れが進み、困惑する関係機関が多くなると思います。(男性:40代)

税金の使途が不明など、不必要な道路建設も多く、信頼出来ない。(男性:70代)

軽自動車の税率を後だしじゃんけんみたいに上げないでほしい。(男性:60代)

電車、バス等の公共輸送手段の無い地方の住んでいるが、車は生活必需品であり、在住者の所得水準も低い地方には減税もしくは無税にするべきである。(男性:70代)

地方の通勤・通院・買い物等生活には車は切り離せないアイテムです。 低所得者のことを考えると、代替えを出来ないでいる古い車ほど税率が高くなるやり方は思いやりが無いと思う。(男性:60代)

車を長年使っているという事は、 大事に使用しているわけですから、 それだけでECOだと思います。 なのに重加算は意味がわかりません。(男性:40代)

自動車関連の税金は、道路を作るなどの目的税にしてほしい。(男性:40代)

間もなく消費税10%、自動車税は減税してものよいのではないか。 (男性:70代)

納税の恩恵を受けている実感がない。税金を更に上げて車の台数減らし、公的交通機関を充実させたらどうか。(男性:30代)

自動車を必需品としている階層からこれ以上の税金を取るのは大反対。(男性:60代)

地方の交通手段として必要な車と大都市のステータス的なぜいたく品の車とでは意味合いが違う。税制についてもそれに代わるもので対応すべきであり、一律一定額の税金のかけ方に不公平感を覚える。(男性:50代)

納得のいく理由で課税されているなら納得して払いますが、物を最後まで大切に使う事を否定するような課税体制には反対です。 また、自動車が必須の地域で複数台の車を持つ家での税負担は大きく、若い世帯が車の要らない地域に住まなければならず田舎に住む親の介護が、できないという話も聞きます。(女性:30代)

取りやすいところからとにかくとるという姿勢が見えて、課税根拠を失っていたり、なんとなく暫定税率が継続されていたり、二重課税が常態化していたりしていて、自動車関連諸税には不合理な税制の宝庫になっている。 そろそろ、国として、きちんと襟を正して、合理的な税制になるように抜本的な見直しがなされるべきだと考えます。(男性:40代)

自動車は日本の成長に関わってきたはず。ここ10年でも、環境が悪化しこのままでは個人で自動車を所有出来なくなり、より若者の車離れも加速し、日本の経済の危機を感じます。希望が持てなくなりました。(男性:40代)

自動車の税率は交通あ発達していない地方の税負担が大きい格差がある。 取りやす所から取る発想はやめるべき。 税は課税も使い道も公平であるべきだと思う。(男性:50代)

ヨーロッパみたく長く乗っている場合は、税率を軽減すべき。 エコカー減税など燃費が古い車より悪いくせに、優遇されるのはおかしい。 (男性:40代)

素人が解らないであろう的な税制度だと思います。不平等だと思います。(男性:40代)

とりやすいところから徴収する手法に憤りを感じる。法は作った時点での目的が終えたら約束通りに廃止すべきだ。必要ならば正規にまたつくるべき。自動車税制に関してはあまりにもユーザーを馬鹿にしたやり方である。(男性:60代)

秋田県大館市のような田舎に住んでいますと、自動車で通勤しないと他の交通手段がないという人がほとんどです。決してぜいたく品ではなく、生活必需品なので、課税は軽いものにしてもらいたいです。(男性:50代)

環境のことを考えると、税金を課して車は贅沢品として位置付ける気持ちもわからなくもない。しかし、公共の交通手段が充実していない地域ではそれでは生活が成り立たない。 不便だったり、経済的に追い詰められると地方では生活できなくなる。過疎化の原因にもなってしまう。 税金の増額は地方の人、貧乏人には苦しいことだ。(女性:40代)