青森県

手入れして長く乗車している愛車が 年月経過で増税は納得できない。 (男性:40代)

国の税法に疑問を感じる部分が多々多い。 もっと、所得の低い地方の事を考えたりしてほしい。 所得の低い地方ほど、車という名の足が絶対必要なのだから。(女性:30代)

ハイブリッドなら税が安いとのことだが、バッテリー廃棄などにはもっと環境負荷やコストがかかるのは分かっているはず。車を大切に長く乗ってるのに重課税するのはおかしな話しです。 ハイブリッド車のバッテリーは10万キロ程度で交換と聞くが、費用は60万円以上、それに廃棄処理などを考えれば、そちらも重課税が必要ではありませんか?(男性:40代)

現行の排ガス規定に沿わないというならともかく、ただ古いからというだけで重課というのは困る。MT車が少なくなっている今、中古車市場には相当古いMT車しかなく、買い替えたいが変えられない所得層の人間がいることも忘れないでほしい。(男性:60代)

自動車税制も含めて、税制全般をもう少し 単純化してほしい。(男性:60代)

13年を経過したら税率の引き上げをするのはおかしい。 物を大切にしたら税率引き上げ! それはおかしいでしょ。(男性:50代)

ガソリン税は即刻廃止すること。 自動車の必要の無い地域を基準とした税制は改めて、地域に応じた税金の負担割合とし、納税者が納得する税制に改めること。(男性:60代)

現状は制度なので、仕方がないのもありますが、できるだけ自動車税は下げてほしい。 (男性:40代)

自動車税が安いから軽自動車に乗っているので、これ以上税金を上げないでほしいです。(女性:40代)

特に地方では車は生活の足になっています。税を上げたりする以前に議員の数を減らすなり、議員報酬を減らすなり改革が必要だと思う。国会中継を見ていると眠っている議員がいるし・・・あきれる。(男性:50代)

自動車重量税と自動車税、自動車取得税と消費税、ガソリン税とその税にもかかる消費税と、二重課税や税金にかかる税金など違法ではないかとすら思える納得できない課税、当分の間が恒常化している重い負担。もっと簡素化し、軽減すべき。非常に憤慨している。(男性:50代)

自動車税制を見直して、国民が納得できる制度を作ってもらいたい。現在、自動車は財産ではなく公共交通機関の代理をしているものです。東京を基準にして物事を検討するのではなく、地方の実情を考慮して検討してほしい。(男性:20代)

地方では交通機関が少なく便数も少なくなってきている(赤字路線廃止)車は高齢者にも必需品である。年金暮らしで何とか車を維持しているのに重税は暮らしに影響する。絶対反対である。(男性:60代)

自動車税の重課は、古い物を大切に・及び日本の「もったいない」精神を反故にする。(男性:60代)

税金の種類が多いので一元化した方が良いのでは? (男性:40代)

自動車に関する税制は、いつも疑問に思い又不満感を持っています。公共交通機関の不備な環境の地方において自動車は生活の足として重要ですからそのような地域には減税してもらいたい。(男性:60代)

正しく使われてるのか不透明。 車離れが加速し、日本の自慢でもある車会社の衰退化も進むのではないかと心配になる。(女性:30代)

一般消費税があるのだから、特別税は廃止すべきである。(男性:60代)

通勤何キロから→税金●%カットとか、現場通勤の人は税金カットとかにしてほしいです。 地方によって電車やバスを利用できる環境にないからです!(女性:40代)

エコカーからも同じ税率で税金をとればいいとおもう、エコカーは燃料消費量も少ないのでガソリン税も節税してることになるので。エコカーだけが優遇されるのは不公平だと思う。(男性:20代)

国(地方含む)としてその根幹、成り立ちとなる税金だが、こと自動車関連税については、自動車の普及や世界の環境とうまく調整できていないと思う。政治家や公務員の既得権益ばかりが目につく(意見というより愚痴だが)(男性:50代)

今や車は贅沢品ではなく、必需品になっているので、税金は高いのは納得いかない。 (女性:40代)

自動車や燃料にいろんな税金がかかりすぎでこれからの自動車を持ってる人は 不安だと思う。 (男性:40代)

車齢の長い車を維持する事は、費用の負担も大きい。しかし、直ぐに新車を購入できる程の経済的余裕もない。車を長期間使用する事は、悪い事になる事に疑問である。 その重課の分、特に排気量の高い車のユーザーから税を回収すればいい事である。(男性:50代)

とにかく負担が大きすぎる。 特に雪国では公共の交通機関が十分でない地域が多い上に寒冷地仕様、燃費の悪くなる4WD、スタッドレスタイヤ等々の負担が増えるため考慮して欲しい。(男性:40代)

特にガソリン税は重税であり、法的にも違法と思料されるところであるが財務省の都合の良い見解で課されていて根拠に乏しく、法的にも税金の公平性を損なうものであり、ひいては税制そのものに疑念を抱かせることになるため即刻廃止すべきと考える(男性:70代)

知らないことが多すぎます!無駄なものは排除し、有意義なものにかぜいすべきではないか?もっと議論されてもいいはなしだと思います。(女性:50代)

地方の足ともいえる自動車が税金まみれで中央は鉄道網他が発達し、地方よりも負担のない生活が出来ている。中央に対して地方の自動車税分を鉄道、バス路線に対して運賃に上乗せする等地方の重税を軽減してほしいものだ。日本全体で税を平等に負担するべきで、取り易いものから取る今の税制は見直す必要が必須。(男性:50代)

高額自動車には高額な税金でいいのでは。(男性:60代)

数年前に民主党にダマされました。現行の税制は軽重はあるにしても、ある程度の負担は止むを得ないと思います。(男性:40代)

家計を圧迫している(男性:30代)

ガソリン税を廃止すれば、自動車税は仕方が無いが、交通機関が整っていない地方は車が無いと生活に影響する(男性:40代)

自動車は贅沢品だと言う考え方から、自動車税率を決めたと聞いた事がある。 将来的に見ても需要は減らないのは明らか、税率は下げるべき。(男性:60代)

自動車を高級動産として贅沢税として徴収してきたが、これだけ普及したら一般税であり目的税も辞めたのだから消費税と重なる徴収には理由がない。特にガソリン税については顕著である。又、何故ユーザーだけが徴収の対象なのか。メーカーが社会的公益負担をすべきではないか。議員の懐に納税すべきではない。ここは中国か!(男性:60代)

自動車税の一般財源化はおかしい。本来の使途で活用されるべきである。(男性:60代)

地方では一世帯に複数台の車を持たざるを得ない。税金負担が重たい。(男性:30代)

車が増えれば道路は傷むし、渋滞を緩和するための新たな道路も必要となる。除雪も含め、維持費は増大する一方。税負担は小さいに越したことは無いが、このアンケートでは法適用の些末な問題を突いて不満を煽るのみで、応分の税負担についての提言をしようとの意思が見られず残念。公平ではない。(男性:40代)

目的税的な意味での課税には過去においてある程度意味もあったかもしれないが、一度得た税収は手放すことを嫌がるという事が見え見えで存続してきた面もあるので、廃止すべきものは速やかに廃止すべきで、その上でまた必要に応じて考えるべき。特に税金にさらに税金がかかるなどと言ったふざけた二重課税状態は到底認めるわけにはいかない。(男性:50代)

減税する財源があるのだから重量税や上乗せ税、タックスオンタックスは即刻廃止し自動車税と燃料税のシンプルな体系にすべし(男性:50代)

とにかく自動車税が高すぎる。排気量別ではなく、車体価格別ていうのはどうでしょうか?(男性:50代)

車は贅沢品に入るので維持費の中に税金がかかるのはしかたないと思うが若者の車離れと聞くと収入の少ない若い世代が車を購入したくなるためにも維持費の税金くらいは負担が減れば少しは購入意欲がわくのではないだろうか(女性:40代)

都市の交通状況と地方の状況では全く違うことを考えていない、地方に転勤してくる人がなぜ公共交通機関を使って移動しないのかと言う人がいるのを聞くと地方の現状を知りもしないで話している。車がないとどこにも行けないのだから税制も考えてもらいたい又雪国は四輪駆動が必要だから燃費の優遇税制にも配慮があっても良いのでは。(男性:60代)

地方では、一人一台が当たり前なのを国ではご存じなのかね。(男性:40代)

毎年の自動車税について、特に積雪寒冷地に於いては、タイヤ・燃料等余分にかかるので税を考慮してもいいのではないかと思う。(男性:60代)

お金がないからいつまでも古い車に乗っています。毎年の税金を分割で払っています。(男性:60代)