千葉県

自動車税ではないが、ガソリンの暫定税も即時廃止すべき。(男性:60代)

車を長年大切に使用しているユーザーに不利益な増税は、絶対反対です!!(男性:50代)

消費税と自動車関連税の二重取りはやめてほしい。(男性:40代)

取得するときにも、維持している間も、いろいろと理解不能の理由をこじつけて、ず〜っと税金を払わせるこの仕組みを今すぐ廃止すべき。(男性:40代)

納得できる根拠であれば、課税について理解できる部分もある。 ・エコカー減税は1年目だけでなく、継続適用すべき。また環境性能の高い車の普及を後押しするような税制であれば納得もする。(男性:40代)

私は自動車の部品製造に携わっています。 近年若者の車離れにより、自動車の普及率が下がってきている。 税でお金がかかるとなると更に若者の車離れに拍車がかかり、日本全体で自動車産業 にも影響が出てくる。 税制は低負担なものにしてほしい。(男性:20代)

財政状況が厳しいのはわかりますが、安易に課税し続けることには反対です。 人口の減少、非正規社員の増加による所得の低下、都市部の維持費負担回避等、車保有の低下によりマイナスのスパイラルになり、車を持たざるをえない地方の人たちの負担が増えていくだけです。(男性:60代)

二重課税の諸問題がうやむやにされて数十年間経過している。 燃料に対する課税も同様に税金が上積みされ続けている。 自動車税制の見直しを一刻も早くお願いする。 (男性:40代)

都会で自動車を所有していない人も物流等の利益を得ているので国民全体で自動車や環境に関する税を負担するようにバランスよく税制議論してほしい。(男性:50代)

自動車税の税額の決め方について、社会への十分な説明がなされていると思えない。 マスコミの取り上げる機会も少なく、勝手に、いつの間にか税額のアップや、変更がなされている印象が強い。 もっと、説明の方法を考えて欲しい。(男性:60代)

単に増税減税ではなく、わかりやすく納得性のある税制となることを望む。(男性:50代)

社会状況や経済状況に適応できる、税制改革をする必要があると思う。 そのためにも、スリムな税金体系を組むべきでないか?(男性:40代)

とにかく税金に消費税が二重にかかるは止めてほしい。(男性:70代)

余りにも自家用自動車に偏った負担をかけすぎと思う。 今後ますます高齢社会で年金生活者が増え、生活費が低くなり新車購入など出来なくなり、此のままでは自動車業界全般が落ち込んでしまう。(男性:30代)

自動車重量税については、長期間所有している車だからと言って、重課することはそもそもおかしいのではないでしょうか。ものを大事にしていることに対し、重課で対応することの意味がわかりません。(男性:40代)

税金の種類が多く、知らな間に税金を払っているように感じています。 所得に応じた税制を もっと考えてほしい。(男性:30代)

ガソリン税は上乗せ税がかかっており、これに消費税がかかることは税の二重、三重とかかり、納得できない。それにガソリンが家計負担が重く、もっと安くすればもっと車に乗る回数が多くなるのではないか?(男性:60代)

ガソリンの2重課税は長い間放置されていますが、はっきりおかしいと思っています。 車齢によって自動車税が税金が上がる事は 他の国とは真逆の方針で 古いクルマを愛着持って乗り続けることも 許されないのでしょうか? 軽自動車の税金が上がる事含め クルマの依存率の大きい地方や低所得層からいかに お金を巻き上がるかが見えてしまい納得できません。(男性:40代)

2重課税はやめるべきだが、より効率的な税金の使い方を希望します。(男性:40代)

生活の一部として必要だと思い自動車を購入しております。年金生活者となり収入源も少なくなり新車購入や所持することでの税金や消費税等、考慮して税制を実施する事を期待してます。(男性:60代)

合理的でユーザーが納得できる税金にしてほしい。(男性:40代)

財源が不足していることを理由に納得感のない課税がされている。多くの人はそこまで知らないはず。(男性:30代)

無駄に車を買い替えず、大切に乗って13年を過ぎると、自動車税が高くなるのは変。(女性:50代)

ガソリンに対しての2重、3重課税は納得出来ない! せめて消費税は即刻無くすべきである。(男性:50代)

日常生活上どうしても自家用車を必要とする地域がある。一方で交通機関が発達しあえて自家用車を必要としない地域もある。そうした状況の中で、全国一律の自動車税、ガソリン税を課すのは不公平。過疎地域は国でも把握しているので、せめて過疎地域にはどちらかの税を軽減することを至急検討すべき。(男性:60代)

今まで、当たり前のように取られていましたが、家庭を持つと結構デカイ出費なので、減額されると助かります(男性:30代)

二重三重になっている税には考え直ししてほしい!(男性:60代)

走行キロに対応した税率を検討したらどうか(現行の税率をベースに)。(男性:70代)

根拠なく、取れるところから取るというような税制には納得できません。(男性:60代)

昔は自動車は高級品。現在は都市部においても移動手段としての必需品。減税というよりも、購入に関わる消費税はあったとしても、運用していくための税制は、特に税に税を乗せる揮発税に消費税は納得いかない。税制の考え方を抜本的に考える必要がある。 介護や通院などに必需とされる方々も多いので、地域に関わらず軽減改正が必要と考える。(男性:50代)

二重や暫定の課税がある段階で不透明。 まずこれらを正すべき。(男性:40代)

自動車は、ぜいたく品ではなく、必需品。 特に小型乗用車の税金はさげるべきと思う。(男性:70代)

13年経過した車についてであるが、環境に問題が無ければ継続して使用しても良いのでは無いかと思う。その車自体に問題があるのであれば廃車となるので、あえて重課税する必要は無い。 使えるものを新車に乗り換えさせるということは自動車業界にとっては嬉しいことではあると思うが。(男性:60代)

13年を経過した自動車に対する税金が、さらに一律増税されますが、現在の最新車のように、新車時に全く優遇処置を受けていないのに、経年だけの理由で増税を決めた事には意図的な差別を感じます。(男性:60代)

ガソリン税、納得いきません。 地方の不便なところに住んでいる者が大きな負担を強いられ都心部の交通機関が整備された車が無くても生活できるところの居住者には負担が無いのは不公平。 車を使って仕事している者からすれば人やモノを動かさずに稼ぐ者にも同じように負担させてバランスを取るべき。でなければ特定財源として負担を減らすべき。 (男性:30代)

愛着のある車なのに、13年を経過すると税率が増加するのはおかしい。また、今の車は、性能も良く、故障も少ないのだから、当初の税金を維持してほしい。(男性:60代)

自動車ユーザーとしては出来るだけ税負担は軽くして財政再建を考えると仕方ないの面はある。 そう考えているユーザーもいることを国はもっとと意識して無駄な道路は作らないようJAFからももっと国に対しプレッシャーを掛けて頂きたい。(男性:40代)

大事に使っている人に重税して新車を買う 人に減税する意味が分からない。あくまで 排気量や重量に比例させるべき。(男性:50代)

自動車税は高いので下げて欲しい。(女性:50代)

とにかく車1台所有に対する税金の負担が多い。(男性:50代)

特に思うのは、ガソリン税には消費税がかからないようにすべきということです。 税金の二重取りですし、即刻止めてもらいたい。(男性:40代)

地方の方の生活が車に頼ざるをえない現状の中、 更に生活を苦しめる自動車税に、もっと負担を軽減するべきだと、このアンケートを通じて痛感しました。 (女性:70代)

二重取りも甚だしいので即刻検討すべき。(男性:20代)

車は生活に無くてはならないもの。皆が納得いくルール、法案にするべき。(男性:30代)

課税の根拠を明確にすべき。根拠不明瞭なままの課税状態には反対。道路財源が必要なら堂々と課税すればよく、一般財源として存続するのは納得できない。(男性:30代)

重複して課税したり、税金だらけで現状の税制を改善すべきと感じます。 とれるところから、少しでも多く税金取るようなイメージです。(男性:30代)

自家用車は贅沢品という昔ながらの発想が自動車関連税には残っていると思う。車はもはや必需品。特に、地方においては。(男性:60代)

軽自動車の税制には不公平感を感じる。その一方で地方での自動車の必要性も判る。その解決策は別の負担軽減の処遇を与えて対応すべきであると思う。自動車はどの地域でも同じ道具であり、その道具に不公平感を与えると地方の方が環境負荷を与えても良い事になってしまうと思う。 車は走ってなんぼの道具なので税金は燃料への課税一本にすべきだと思う。(男性:40代)

税を課すことには理由があるので全面的な反対はしないが、その理由を納税者に説明することを怠っていることには強い憤りを感じる。そもそも自動車に関して税金が重くのしかかり過ぎているので、見直しも必要なのではないか。(男性:40代)

年数が経過したからといって、税金が重くなる現行の制度はおかしく、もっと物を大事にする体制にするべき。(男性:30代)