愛媛県

車体価格を見て購入しても、いろいろ税金が加算されて、最終的に金額が高くなる。(女性:50代)

自動車税に関してですが、自動車にあまり乗らない場合でも、たくさん乗る場合と金額が同じなのは良くないと思います。車検時の走行距離に応じて金額が変わればいいのにと、自動車税を納めるときにいつも思います。(女性:40代)

ガソリン税に消費税かかるのは絶対反対です。(男性:60代)

年数が経っていても燃費が悪くても、排ガスがクリーンなどの基準値をつくり優れているなら税金を安くするべきと思います。一方的に古いからと税金をあげるのはおかしい。(男性:70代)

根拠なく暫定税率を終わりなく継続していることに怒りを覚えるうえ、勝手にトリガー条項を適用しないなど、国の考え方は国民の理解は得られない。非常に憤りを感じる。(男性:50代)

自動車税制の根拠に疑問。(男性:30代)

取得時に税金が多くかかるならガソリンや毎年かかる維持費は安くなるようにしてもらいたい。(男性:50代)

安易に車関係に課税するのではなく節約できないかやることはやってみる事です。(男性:70代)

長く大切に乗っているのに、何の還元もない。 税金ばかり上げて納得いかない。 新車購入ばかり優遇している現状に疑問。 物を大切にしている国民に対してもっと優遇処置があっても良いと思う。(女性:40代)

増税する根拠が明確で国民に納得できる説明がされるのであれば増税もやむなしだと思うが、何となく有耶無耶な感じで気が付けば増税されていた状況だけは絶対に避けなければならないと思う(男性:40代)

やはり、交通網がしっかりしていない地方においては税制も変化があって然るべき。 するべき準備をした上で次にいけば仕方ないと納得してもらえると思います。 わかりやすい言葉で。(女性:50代)

車一台にいくらかかるかはかりしれない 必要性があるものだから使っているが1年間に車一台にいくらかかるかはかりしれない大事に使っていても何年かたてば税が上がる何となく利に理にかなわない(女性:50代)

今や車は贅沢品ではない。生活必需品です。税金をかけるのはおかしいと思う。(男性:60代)

地方で住むと車が不可欠。すべてにおいて二重取り。(男性:60代)

今回の質問にもあったように地方に住んでいる方は、移動手段として車は欠かせない。地方は所得格差もあり車関連の税金は余りにも過酷だ。 都会のように交通悪アクセスが整っているのと異なり軽減措置をしてほしい。(男性:70代)

自動車税に関する意識付けになりました。(男性:50代)

エコカーと言いながら、今乗れている車を廃車にして、 多大なエネルギーを使い新しく生産された車に乗る方が、増税されるべき。 ものを大事にすべき。(女性:40代)

自動車関連の税金は、具体的な使途がよくわからない。その責任は国にあると思うが、自動車メーカーやガソリン元売り会社なども積極的にPR活動に取り組む姿勢が必要。(男性:50代)

とにかく、矛盾だらけである。(男性:60代)

古い車に重課を課せるのは、資源の浪費を奨励するようなもので、省資源時代に反するので反対である(男性:60代)

物を大切に、、、と教えられ愛着ある車を大事に使っていて13年経過車に重課されいきどおりを感じてます。(男性:70代)

自動車を必需品としている個人には税を軽減し、会社等で使用している商用車にさらなる税負担お願いすればよいと思います。(男性:50代)

車を 維持するには かなりの金額が家計に掛かっている。 その内の大部分に税金が入っており、 生活が大変で有る地方は、交通機関も衰退しており、どうしても自家用車が必要になる。 だから 地方ほど車関係の税負担を軽減してほしい。(男性:50代)

国民にわかりやすい公開有識者会議をおこない徹底的に自動車税制や関連法について審議していただきたいと思います。(男性:40代)

やはり、ガソリンに関して消費税の二重課税(税金に対して更に課税)は、どう考えても納得できません。(男性:50代)

車を大事にして長年乗ることになぜ重課するのだろうか。廃車にすればゴミになるだけ。(女性:30代)

長年、同じ車を大事に乗ったら税が安くなるようになればいい。もはや車は生活必需品なのに税金だらけはどこか狂ってる。(男性:60代)

13年を経過した自家用乗用車には、自動車重量税および自動車税に対し、重課(より重い税率を課す措置)されているが、大変疑問を感じる。 長年大切に使っているのだから【最高のECO】ではないだろうか。大切に使えば使うほど税金が高くなるのは納得できない。(女性:50代)

政府の税金徴収は、取りやすいところから取る発想です。自動車のように登録するものは、必ず所在がはっきりするわけで一番取りやすいのです。ガソリン税をとって、消費税を取るわけですから、二重取りもいいとこです。13年を過ぎた車は環境に悪いといいますが、新車1台作るほうが環境に悪いと思います。(男性:60代)

車の所有台数、免許の習得率の低下が目立ちます。維持費の面から見ても所有する負担が大きいのも理由の1つだと思います。自動車税だけに目を向けても仕方ありませんがもう少し負担が減ってくれれば家計も助かるのですが・・・。(男性:40代)

バスも通っていない田舎では、老人でも生活の必需品の車に税金は高すぎます。(女性:70代)

取りやすいところから引き剥がすように取ると云う政府の本性丸出しが自動車関係諸税である。 公共交通機関の貧弱な、もしくは皆無の地方在住者は自家用車に移動の手段を頼らざるを得ない。そのような状況下で初回登録後13年超の車に罰金を科すがごときの自動車税の上乗せ課税は高齢者や低所得者への過重負担である。 (男性:70代)

自動車の燃料であるガソリンに本来の税率に上乗せした税率を加えてほぼ恒久化した上にガソリン税のも消費税を掛けて税の二重取りを行っているのは許せない。即刻本来の税率にすべきであるし、消費税はガソリンのみに課税すべき。(男性:50代)

税金だらけの自動車は、まさに取れる所から税金を取るといったおかしな制度。なぜ二重課税なのかも理解不能。国はもっと税金の使い方も含めて説明責任を果たせ。(男性:40代)

自動車を使用することで、数々の税金がかかりすぎる。道路のメンテナンスなど費用がかかるのはをかるが、自動車に負担をかけすぎ。(男性:50代)

とりやすいところからとるのはだめでしょう。(男性:40代)

税金は高すぎると思います。ガソリン税とか車に関する税金と足すとかなりの税金になります。(男性:60代)

自動車はもはや必需品であるという観点から税制を見なおして欲しい。(男性:60代)

自動車重量税は道路の補修に使われているモノだと思っていた。その割に凸凹した道路がそのまま放置されているのに疑問があった。払っている税金の用途が一般財源化により不透明になるのはおかしいと思う。用途がはっきりとしたの税金であってほしい。やみくもにお金を払えるほど国民は裕福ではない。(女性:30代)

環境に優しい車という名の元に、価格が以前に比べアップしている現状。自動車に対する税金は、維持・走行距離等利用した分に関わるものに変更して欲しい。(女性:50代)

高齢化社会のなかで車は地域によっては必需品もなる。年齢別に税率を検討することもこれから必要ではないか。(男性:50代)

身体障害者がいるので、自動車税は減免されていて、ありがたく思いますが、車検時には、 重量税などは同じく課税があり、大変です。 それと、私どもは田舎で公共の交通機関がないため、自動車がないと通院もできません。 台数課税でなく、世帯課税も考えてほしいです。(女性:40代)

若者が車を購入しないのは、税金の負担が 大きすぎる。(男性:60代)

長期にわたって同じ車を大切に乗っている車の保有者に、車が古くなってきたからといって自動車税を上げるのは反対である。(男性:50代)

都会の道路は地方都市より整備ができているのに、自動車保有者は都会は地方より少ない。道路財源を自動車保有者に自動車税として集める現状は不公平である。車や電車など交通機関の利用者全体から税金を集める方が不公平感がないと思う。 (男性:60代)

何も変えられないなら、年金生活の高齢者について減税は考えるべきと思う。 (女性:40代)

自動車関係諸税は税負担が大きいので軽減すべきである。重量税などは廃止すべき。(男性:60代)

私は愛媛県でみかん農家をしています。車は自家用車、軽トラック、2トントラックと3台持っています。どれも生活に必要です。自動車税はもっと考えて欲しいです。(男性:50代)

早く、軽減してほしいです。(男性:60代)

毎年の自動車税は年式が古いほど高額な追徴金を支払わなくてはならないが、自分が好きな車を大事にして乗るほど高額となっていくのは納得が出来ません。 同じ車を長く乗るのだから考慮して欲しいものです。(男性:60代)