福井県

税金に消費税がかからないようにして欲しいです.(男性:40代)

老人の足を余りいじめないでほしい.(男性:70代)

仕事上車は必要不可欠であり、税の負担にあつては使用した分だけとすべきである。 つまり必要とした燃料に税を掛けるのみとする。(男性:60代)

金持ちの趣味的な車には課税をしっかりして、自家用車の必要な地域の人たち(たとえば通勤や日々の買い物に必要な軽自動車や、子供や老人や障害者の介護に必要な家族のワゴン車)には申請の手数も少なくし、使いやすいよう政府は考えるべき。今の政府は弱い者いじめだ。(女性:50代)

自動車関係税制を一般財源化した以上、本来の根拠は消滅している。根拠から見直し、整理統合し重課税を解消すべき。代替財源を無しにして、その分の行政サービス減少は国民全員が等しく受け入れるべき。(男性:20代)

田舎では車は日常生活の必需品であり、年金生活者にとっては(訳の分からない)税金のかけ過ぎと思う。(男性:70代)

取り易い所から取っているとしか思えない税制である。(男性:50代)

年金受給者は免税してほしい(男性:30代)

よくはわかりませんが古い車だとなぜ重課されなければいけないのか?一台の車を大事に乗っているのにというかお金に余裕があれば買い換えますが、無いから大事に乗ってるのに田舎では車が無ければ、生活が出来ないのに、それなのに重課されなければならないのかが...(女性:50代)

自動車税も固定資産税みたいに、経過軽減税方式にすべきだ。(男性:50代)

わからない事ばかりなので、もっと誰にでも解りやすい税金の説明をするべき!(女性:50代)

同じ車を長く乗っている人は、その車に愛着があるのもそうだが、車を買い替えできない家庭事情(資金難)もあるのである。その人たちから更に高い税金を払わせるのは、非常に酷である。(男性:40代)

車の維持だけで多くの税金を支払うことにつて、不合理と考えます。 購入時と利用に応じての税金であれば理解できるよに思います。(女性:50代)

乗ってみれば対して変わらない燃費性能で税率を変えるのは不合理。 燃費性能関連の差別化は、止めるべき。(男性:40代)

地方に住む者にとって、自動車は生活必需品です。人口に対する公共共通機関の便利度指数で累進課税する体系を作ると、多少は不公平感がなくなるかもと考えます。(男性:40代)

取りやすいところから取るという税金の体質自体が考え方を誤っている。取り安かろうが取りにくかろうが、税金のあるべき姿で税制を整備すべきである。(男性:50代)

自動車には二重三重の根拠を失った税がかけられているので、納税者の納得がいくような整理が必要。(男性:60代)

走った分だけの保険がある、走った分だけの税金額があってもいいようにでは。(男性:60代)

兎に角、地方に住むものは、そして冬場雪の降る地域では降らない地域に比べ様々な車を使う事に対して費用の負担が多い。そういう意味では地方の、しかも降雪地域に対する配慮があっていいのではないか。あまりに忍従しすぎているように思う。除雪対策費はそれなりにあるのだろが・・・。(男性:60代)

車は必要なのですが、年間走行距離がとても少ないです。なのに走行の多い車と税金が同じなのは… どうにか成りませんか!(男性:50代)

税に消費税がかかる事を変だと思わずにいた。普及台数が1位の福井県に住み前期高齢者となった今、税の負担が重く感じこの世代が免許を返納し車を手放すと日本の税収入はどうなるんだと思う。(女性:60代)

自動車重量税は、重量ごとに課税すべきと考えます。環境に良いとされるEVやHVとて一台の車。(男性:50代)

税金だらけに加え税率もとっても高い。 燃費と排ガスが良いからとハイブリッド車が優遇されて、逆に環境に悪い、と旧車の税率は高いが、ハイブリッドは製作時に環境負荷が大きく、旧車は現在の環境に関係や影響がない上に台数も少ないので全く逆境の政策である。もっと物を大事にしよう。(男性:50代)

エコカー減税は多少は理解しようとしていますが、資源の少ない我が国において物(自動車等)を大切にする美徳がなくなって、便利使い捨てが優遇される現行の税体制には、古い車を大切に維持しているユーザーとしてとても悲しい。大量消費による経済活動には憤慨している。(男性:60代)

複雑で、わかりにくい。重複で課税されている。(男性:50代)

地方は公共機関の整備が十分でないので税金負担は反対する。(男性:60代)

ガソリンにかかる二重課税は納得できない。(男性:40代)

庶民は自家用自動車を持つな!と言わぬばかりに目の敵のように多額の税金を課しているのが現状。JAFは庶民の味方にはなってくれないのか?(男性:70代)

クルマを持ちたくなくても、地方ではこれが無いと生活できない、必需品である。 公共交通機関等、クルマの代替手段の普及具合が低いエリアは、 税金を優遇して欲しい。(男性:30代)

積雪地域等で4輪駆動車が必要な地域においては、ハイブリッド車や省燃費の車が選択出来ないのが現状と思われる。省燃費車に対する税制優遇も必要と思われるが、地域特性に対する配慮に欠けると言わざるを得ない。 こう言った短慮の税制の影響か、選択できる車両も減少している。自動車関連税制は抜本的に見直すべきであろう。 (男性:50代)

インフラ整備が遅れた地方では多くのユーザーにとり車は必需品。 最も確実に徴収しやすい方法と課税対象を巧妙に仕組まれた悪法と理解する。 行財政改革を進めず、安易に過重な徴税に走る事は反対。(男性:60代)

移動手段として自動車がなければ日常生活が成り立たない公共交通機関が不便な地方の現状を無視し、国内一律課税という考えに疑問を抱く。納税を義務としている以上、きめの細かい配慮がなされるべきではないか。 一定年数を経過した自動車に重税を課す政策を例とすれば、安易な税政策だと言わざるを得ない。(男性:40代)

私も昨年13年23万km走行の車を、故障も無く、まだまだ走れるのに、自動車税が15%も高くなるというので、手放しました。大事に乗っているのに 税金を高くするのは、省資源に逆行すると思いますが・・・(男性:50代)

国の税収が伸びない中、安易に取れるところから取るという発想がうかがえる。 (男性:60代)

税金の原則として、二重課税はしないこととなっているはずなのに、自動車には様々な税がかかっているのはおかしい。地方に住む人間にとっては、車は生活のための必要品であって、断じて高級品であることはない。国税制は矛盾だらけである。(男性:40代)

もはや、車じたい必需品なのだから、生活に、影響するような税率は、おおいに下げるべきである。(男性:60代)

古くなるほど自動車重量税が上がるのは、おかしいのでは?入れ替える余裕がないから、古い車をつかっているのに。(男性:60代)

車は、贅沢品でない。(男性:40代)

話しは逸れてしまうかもしれませんが、やはり、自動車税と言っても、他の税金と同じだと思います。国民が納めた税金を、無限に湧く水の様に使われたら納得がいきません。 税金を徴収する事ばかりじゃなく、やりくり上手になってもらいたいです。 (女性:60代)

ガソリンの二重課税は言語道断、なぜ税金に消費税がかかるのか、国民を愚弄している。古い車を大切にしている人に増税するのもひどすぎる。高級外車などからエコカー減税をする必要がない。(男性:50代)

贅沢車は重税を課すべきである。地方の足がわりに使う車は税を減免すべきである。(男性:50代)

地方に住んでいる年金生活者にとって自動車関連の税金は生活を圧迫する主要要因に なっています。特にガソリンの税率の高さが異常です、期限付きの暫定税率の筈が恒久的なものに成ってしまっています。(男性:70代)

地方在住です。公共交通の少ない(あっても本数が少なく時間の無駄が多い)地方で車は必需品です。また、年金生活者には新車買い替えができません。中古車に乗り換えるのが精一杯です。従って重課なんていうのは弱者いじめの典型です。断固反対します。(男性:70代)

基本的に車を持つ事がぜいたくと言う考え方は捨てて米と同じ必需品に改めるべき。(男性:70代)

ともかく根拠のない増税は反対です。(男性:60代)