福岡県

古い車を大事に乗って税金負担が増えるのは非常におかしい。(男性:40代)

13年超過の車両へ重課は、低所得者で車の買い替えができない人が多く含まれていると思われ家計への圧迫につながる。(男性:40代)

自動車関連の税金については、わからないことが多い。税金の目的が、道路関連でなく、一般関連の税であるならば、その比率を、見直すべきだと思う。(男性:50代)

何重にも税金を徴収され、納得がいかない。特にガソリンの消費税はおかしいのではないか。整理してほしい。(女性:40代)

簡単に取れるところから取ろうという意図が感じられる。必要な税と使用目的を含め、見直すべきである。(男性:50代)

課税根拠を失った、このおかしな税制をもっと、アピールするべき。 メディアをフル活用して取りあげてもらう必要がある。 国民に伝わっていないと思う。(男性:40代)

抜本的に見直すべきである。(男性:70代)

使用年数が長期になると、税額が上がりますが、大切に乗って無駄な廃棄物を出さないという観点から、むしろ下がるべきではないでしょうか?重課には反対です。 また、ガソリン税にさらに消費税がかかるのも疑問です。(男性:40代)

自動車を保有している方にだけ、税金をかけるのは、絶対におかしい。またその使い道も、何に使われているかわからないのもおかしい。消費税が10%になったときも、名前だけ変えて、結局は一緒ではないか。(男性:40代)

車を買うだけでも高いのに、それを維持する為の税金・ガソリン代と、とにかくお金がかかって仕方ないです!(女性:40代)

自動車は私たちには必要なものです。 収入の少ない私たちには税金が安くなると助かります。(女性:50代)

現在の生活の中では車は必需品であり、贅沢品ではないと思う。適正な税率での運用をお願いしたい。(男性:50代)

不必要な道路を作ったり、税金無駄遣いの付けを安易に一般ユーザーに課税と云う形で押し付ける国のやり方には納得いかない。(男性:60代)

ガソリンに当面の間の税金がかかっているのですが何年も続いているにはおかしいと思います。(男性:60代)

自動車ユーザーに不合理な現在の税体系はどう考えても即時見直すべきである。(男性:40代)

ガソリンの2重課税がとくに納得いきませんでした。(女性:40代)

重量税や自動車税の重課は腹立たしいです 日本人の物を大事にする勿体ないと感じる文化はどこに。諸外国では逆に長く乗った車は税が軽減される国もあるとか。1台の自動車を造るのにどれだけの資源と環境を破壊してることか。自動車に乗る以上エコはないと思っています。自動車ユーザーは国にいいように税金を取られています。(男性:40代)

自動車税の取りすぎです。 ガソリン暫定税率は廃止するべきです。(男性:40代)

自動車に掛かる税金は本来の道路整備にのみ使用されるべきである。(男性:70代)

自動車に関わる税金なので、自動車に関わる事業に使うべきです。(男性:60代)

自動車税は、道路の建設や維持のために使われるべきで、それ以外に使うなら、廃止するべきです。 最近は、自転車の通行に関するニュースがありますがが、車道を拡張し、自転車や低速の原付が安全に走行できるようにするべきです。(男性:30代)

二重税制はおかしいし、簡素化してほしい。 (男性:50代)

課税は仕方ないが、負担が大きすぎる。 地方では車は必需品でもある。小型で排気量も小さい車を使ってる方が多い。小型車には税を軽減して、排気量の大きい車・搭乗者数が多い車・重量が大きい車に課税をして欲しい。 ガソリン税に消費税を加算するのはやめて、必要以上に大きい車からその分を徴収してほしい。(男性:50代)

いろんな税金を払っているけど、どの様に使われているのか、まったくわからない。。(女性:60代)

国民に分かり易い仕組みをモットーに、政府は方針を打ち出して欲しいです。(女性:30代)

ガソリンのように税金に税金を掛けるのはおかしいと思います 。(男性:40代)

自動車は地方では、生活に必需であり税の軽減を図るべき。(男性:60代)

生活に必需品なので車を購入しガソリンも使うが、税金がかかり過ぎでも仕方ない状況ですが、もっと利用者が意識を持って、おかしい所、反対意見を声にして行動すべきだとアンケートに答えながら実感しました。(女性:50代)

とにかく、自動車関連の税金と、ガソリンに関して税金のウェイトが高すぎます。(男性:60代)

自動車を保有、利用する上で必要になる道路の維持・管理に係る費用を捻出する目的(受益者負担)の税制(目的税化、一般財源からの不繰り入れ)は必要。目的外の税収不足分を補っている現行の自動車税制は、受益者である自動車ユーザーに対し過度の負担を強いている考える。(男性:40代)

合理性に欠ける点が多く、納得できない制度であるから、根本的に考え直して欲しい。(男性:50代)

自動車税が一般財源化されていることに不満があります。使途不明になる。都会では車なしでも不便ではないが、田舎ではそうはいかない。公共交通の充実、道路整備等に使用してもらいたい。(男性:60代)

年金生活者にとっては、自動車税はきつい。車種を細かくし過ぎているので 、もう少し大まかにして、収入に応じて課税する。(男性:70代)

首都圏見たいに公共交通機関が完備されていれば良いがやも得ず仕方なく所有しなければならない。交通網を整備、過疎地に対しての考慮を考えて欲しい。(男性:60代)

現在、車は贅沢品ではなく生活必需品となっているので、自動車関連税の二重税負担は解消し、一本化して重課を解消すべきだ。(男性:60代)

自動車は、公共交通手段が減少の一途をたどっている今やほとんどの国民の生活の必要交通手段となっているので税金については見直してもらいたい。(男性:60代)

車が贅沢品だった時代は、終わってる。 税金には、もっと生活状況を考えて課税してほしい。(女性:50代)

ガソリンに関し、明らかな二重課税は是正されるべきです。 (男性:50代)

古い建物や文化遺産などは、税金使ってでも維持しようと考えている国なのに自動車に対してただの物としか考えていないような気がします。例えば新車登録から10年〜15年の間は高くそれ以降は、税金が安くなるようなシステムであれば旧車趣味の方も納得し本当に大事にする人しか持たないようになるのでは?(男性:50代)

自動車に係る税金が多すぎるガソリンに係る税金も多すぎ、車って贅沢品ですか? 私にとって必需品です。(男性:60代)

13年以上経過の重課;目的が判らない。 買い替え促進(排ガス規制等)? そうならば、買い替え時に税金優遇で対応すべき。複数の税金も同じだが、何かと名目をつけて、取る事しか念頭に無い様に思う。(男性:60代)

税金が高すぎる上に、今のエコの風潮は燃費の良い新しい車を購入しようとさせるためのシステムに感じる。古い車を手を入れながら大事に乗るのがエコだと考えるため、長く乗るとさらに高い税金になるのは理解できない。(男性:40代)

古い車にどうして重い課税を強いるのかが納得できない。 車をゴミにせず、大事に手入れして乗っているのに・・・(女性:40代)

車は必需品です。自動車税は生活に直結するので、消費税が上がる時期には増税しないでほしい。(男性:60代)

取れるとこからとるシステムがおかしく思います。(男性:60代)

地方においては、バスも電車の整備も十分ではない。福祉バスなど代替えとしているが土日にはないし、バス停までもかなりの距離を歩く場合もある。このような状況で自動車は必需品であり、根拠のない税などもってのほか。(女性:60代)

自動車に関する諸税は、徴収する根拠が明確でないものが多数を占めていると思います。 明確な根拠がないものは、即刻廃止すべきだと思います。(男性:20代)

環境性能に優れた車が税金において優遇されるのは構わないが、新車登録から時間が経つにつれて重課となる事には疑問を感じる。同じ車に乗り続けることも環境負荷を減らすひとつの手段だと思います。あと、TAXonTAXは許せない。(男性:30代)

税金の仕組みは複雑でわかりにくい。(男性:30代)

税金に消費税を上乗せして徴収すること絶対におかしい。(男性:50代)