福島県

地方自動車ユーザーにとって、自動車税は負担なので、少しでも軽くなってほしいと思います。(女性:30代)

ガソリン税を含めた燃料代に、さらに消費税がかかるのは誰が考えても不合理、かけるなら燃料の本体ににみ懸けるのが筋。(男性:70代)

今や車は贅沢品でないことは明らかであり、昔作った税制度をそのままにして、目的と違う使い方をされたのではたまらない。早く正しい税制にして負担を減らしてほしい。(男性:50代)

地方では車がなければ生活が成り立たないので、車生活圏では税金を安くまたはなくすべきだ。(男性:50代)

地方に於いては、車は生活になくてはならない最も重要なアイテムなのに、車やガソリンに掛かる税金があまりにも高く、年金生活に入ったら、今の状況では地方では生活が成り立たなくなるのは明らかである。 (男性:60代)

私は花農家です。自動車は乗用や貨物を含め、7台所有しています。 常日頃から、自動車に関しての税の種類が多すぎると感じます。 今後人口減少とともに、自動車保有台数も減少していくことが明らかなのに、税の負担が増えることは、ますます自動車離れを加速させ、より一層税収入が減る悪循環に陥るのが明白だと考えます。(男性:40代)

クルマは昔のような贅沢品ではなく、地方の人間にとって必要不可欠なモノで維持するの必要な課税分が多く負担となっている。みんなが不公平さを感じないような税制になってほしい。(男性:40代)

都市と地方での自動車の役割。納得して払える税制の抜本的な改正を行うべき。地方の移動インフラは未だに脆弱で負担が大きいと思う。(男性:50代)

自動車税に重量税、この二重に負担しなければならないのは少し理解しかねます。(男性:20代)

取りやすいところ税金を取るという役所の基本理念があるらしいが、こと車に関しては、あまりにも特別扱いが甚だしい。 ましてや、未だに暫定税率が適用されている状況は、到底納得できない。(男性:60代)

古い車を大事に大切に乗っているのに増税って。。。オカシイと思います 新しい車を買わせるためとしか思えません そう言いながらECOとか言う。。。 矛盾しています(女性:40代)

道路は国民全員が平等に恩恵に与るもの。 車を持っている者だけが払う税金は廃止。 今の時代でも車は贅沢品なのでしょうか? 国の財源が足りないと車から取るの廃止。(男性:70代)

国は、税をとり易い所からとっている。国民は、もっと抗議すべきだと思う。(女性:50代)

自動車税は、所得に応じて減らしてほしいです。(男性:20代)

地方在住者にとっては、自動車は生活必需品です。出来るだけ課税を軽くして欲しいものです。(男性:70代)

まさに、取りやすいところから税金を取り立てているというイメージが強い。税金を負担することは国民の義務であるが、自動車に関する税金については、その趣旨があいまい、でたらめなものが多すぎると感じている。(男性:50代)

車齢が長くなるほど税負担が大きくなるのは納得できません。重量に応じてというのなら別ですが、そもそも、重量税は道路財源にかかる費用に充てるという目的なら車の保有年数は関係ないのではないでしょうか。今後少子高齢化が進み、車の保有台数も減っていくことになるでしょう。車を乗る人が納得して払うシステムを考えるべきかと思います。(女性:50代)

高齢になると移動に自動車は必須。実用車と高級車の税率の幅を大きくしてはいかがでしょう。(女性:60代)

公共交通が十分に行き届いていない地方では、車に頼らなければならない、取得、維持に掛かる費用は出来るだけ少なくしたい。 二重に掛かる、当初の目的を達成済の税金は 絶対、終了すべきだ。 一般財源となる税は、全ての人に、公平に課税が当然と考えます。(男性:60代)

税金の使途が一般財源に使われ本来の道路整備に使用されているのか、わかりませんが、古くなった地方の架橋(生活道路)整備に財源を振り分ける必要があるのではないかとおもいます。(男性:50代)

山間部などにお住まいの方にとって自動車は生活必需品ともいえます。このような方と一般、及び完全なレジャー用とに分類し、後者より順に重い課税にすべきと思う。車の大きさで決めるのも良いが、このような配慮も不可欠ではないでしょうか。(男性:60代)

同じ車を長く乗っていると増税されるのはおかしい。必要で乗っているので、新しい車を、購入できるのであれば、買いたいが、経済的に大変なので買えない。(男性:60代)

地方では公共交通機関が発達しておらず、家族1人につき車一台所有も珍しくありません。5月頃に納付する自動車税は、所有数が多い地方納税者には負担が大きいです。(女性:50代)

自動車税制は複雑である。2重課税を廃止するなど、分かりやすい税制に改正すべきである。(男性:60代)

課税の根拠がはっきりしていないにもかかわらず、税負担をさせられるのは終わりにして欲しい。ガソリン税も意味不明に二重課税させられているし。(男性:40代)

自動車にかかる税金を一般財源に廻すのではなく、自動車に関連した事案(道路の補修や歩道の整備費用など)に使うべきだと思う。(男性:30代)

自動車税制の根拠が分からない。負担が大きすぎる。税金に更に消費税がかかるのに納得できない。(女性:40代)

やむなく長期に車に乗らざるを得ないものに対して重課税するのは弱者いじめの何ものでもない!! (男性:60代)

特に交通の整備が出来ていない地方では、車は電気や水道と同様に生きるために必要なものだ。都市部と税金の負担を分けて考えないといけないと思う。(男性:40代)

新車新規登録から13年経過した自家用乗用車に更に重課税を課すことの主旨が理解できない。 その理由は技術の進歩、有限な資源の利活用、環境保全が地球的規模の課題と言われる今日、逆行する税制であり、次世代への地球資産を残す方策を施策として考慮すべきである。(男性:70代)

地方の年金生活者にとっては、大変厳しい状況にある。公共交通機関が廃止される中 どうしても、足としての車は、必要である。(男性:60代)

なぜ13年経過車の税が重くなるのか納得できない。確かに燃費や排ガスが年々良化されているので、老車は環境への負担増が あるとは思うが、物を大切に長く使うのは 大事なことであり、車製造にかかる資源(鉄や石油製品[樹脂]、製造の為のエネルギー等々)が少なくて済む面もあるので、環境影響度は同等とも言える。従って、税は高くすべきではない。(男性:60代)

13年を過ぎた車の税金が上がるのに、特に負担を感じております。排ガスが汚れているわけでもなく、まだまだ元気に走れる車ばかりです。(男性:40代)

訳が分からず請求されているので払っている税が多いです。自動車税も不透明なまま払っている印象が強いので、もっとはっきりとして欲しいです。(女性:30代)

中古を大事に、長く乗っているので地球に優しく、エコであるはずなのに、なんで税金上がるのか理解できない。 新車なんか買えないよ。(男性:50代)

税金が上がれば自動車を持てなくなくなる。維持費で赤字になってしまう。(男性:20代)

道路財源としては仕方ないとしても、それ以外に流用されるような課税方法は見直してほしい。(男性:50代)

自動車は、生活をするうえで必要不可欠なものなので、所得に応じた課税を検討すべき。(男性:60代)

税金が二重・三重に課税されていることに 前々から納得できずにいました。 是非自動車税、取得税を廃止していただきたい。 車に関する税は、ガソリン税だけにして欲しい。(男性:50代)

地方においては、自動車は生活必需品、一般財源等に使わず、道路、交通環境を早く整備し、地方においても、一般家庭において車を使わなくても生活できる環境を構築すべき。(男性:70代)

長く同一車両を使用した場合、結果として省エネだと思う。その際、欧米に有るように減税すべきである。 (男性:60代)

地方ほど自動車が必要である。 医療機関の通院、生活必需品の購入など公共交通機関(バス)の路線廃止、1日の便数の削減といった問題がある。大都市圏の交通状況と地方では、比較に値しないと思われる。 このことから、地方に考慮した税制が必要である。自動車は、地方にあっては、必需品である。(男性:60代)

自動車に関する税負担(取得、ガソリン)が大きすぎる。多すぎる。結局とれる所からとっている感じ。(男性:40代)

自動車税の不合理さを、もっと幅広く議論すべきである。(男性:30代)

毎年掛かる、自動車税、車検時に掛かる重量税、まったく意味が分からない。今や、一家に二台という時代に、法規が古すぎる。(男性:40代)

一般の人が不合理なことに気づいていないがために払っている部分が大きいと思う。もっとPRすべき。 電気料金などは欧米並みの水準を目指しているのだから自動車に関する税金も欧米並みを目指すべきであろう。(男性:50代)

税体系の中で、偏らない整合性のある税制であってほしい。(男性:60代)

田舎は特に自動車が必要であって、一家に一台というわけにもいかないので、同世帯2台目からは割引等を考えてほしい。(女性:40代)

自動車関係諸税は、目的税ではなくなったので、廃止すべきである。(男性:60代)

ガソリン税に更に税金がかかるのはおかしい。また、車の税金は多すぎる。(男性:60代)