岐阜県

古い車は、平均的に走行距離が少なく、長く乗るということは、生産に費やすエネルギーの無駄遣いを少なくする。また、1台当たりの税負担を少なくすれば、台数を多く持ち、全体では税収入が増える。 (男性:40代)

取れるところから取る、という安易な考え方からの徴税となっている。税は必要であるのだが、合理的な説明できるものにのみ課税すべきである。(男性:70代)

自動車を購入したり維持したりするのに税金がかかりすぎ、自動車は必要なのに取れるところからとれという感じがする。もっとわかりやすい税制にする。(男性:60代)

とにかく、二重課税、暫定的課税は即撤廃して、考えを新たにして、車の課税は車社会に使うのが、良いと思う。また、車がないと生きて行けない、インフラがととのってない地域にしてみれば、車は食料と同じ生活必需品である。(男性:40代)

ガソリン税とかもかかってきているなんて知らなかった。 自動車税だけでも高くなってきているのに生活が厳しすぎる。(女性:20代)

自動車に限らず日本の税制は付け足しが多くてすっきりしていない!もっと抜本的に単純明快なスタイルの税制にしてほしい。(男性:60代)

生活上の足となっている車と贅沢な遊びの車が同一の税制の上にあることに無理がある(男性:70代)

排気ガスや道路整備等で経費がかかるのは分かるが 地方では、車は必需品。車の税金を少なくするかガソリンの税金を少なくするかどちらか検討してほしい。(女性:30代)

地方ほど車が必要なのだから、地方の税率を下げるべき (男性:50代)

根拠をはっきりさせる点が多く、その上で丁寧に説明すべきと考える。(男性:40代)

とにかく、自動車関連の税金が多すぎ、自動車が必需品である家庭は負担が重い。 また、関連する税金は、道路関連整備のみに使用して欲しい。(男性:50代)

古い税制体系を即刻見直し、生活必需品としての自動車に対する重税は撤廃すべき(女性:60代)

買い替えも思うようにならない者にとって長年車を大事に乗られる方も多いと思います。キチンとメンテをして乗り継いでいる方も多く知っています。そのような方がいることをもっと念頭においてほしいです。(女性:60代)

自動車関係の税金が一般財源に使用されるのは納得できない。(男性:70代)

古い車を大切に乗っている人に対して、重量税が高くなるのは、全く納得がいかない。(男性:40代)

新車新規登録から13年を経過した自家用乗用車には、自動車重量税および自動車税に対し、重課がされてきていることに反対である(男性:50代)

公共交通機関が廃止され車がなくては生活できない地方に住んでいる。地方の自動車ユーザーは税率を下げる等、考慮してほしい。(女性:50代)

年金生活者と低所得者に自動車税の軽減をしてもらいたい。(男性:50代)

車は税金が重複していると思います、もう少しまとめるとか軽減を考える必要がある、地域的にどうしても車が無いと生活できない人地方には多いと思います。使い方によるシンプルな負担になるよう要望します。(男性:70代)

古いからといって一律に重化するのではなく、走行距離等も考慮すべきである。(男性:50代)

安易に税を課す方法に頼らず行政を行うための議論をもっと徹底的に行うべき。(男性:40代)

かつてマイカーは贅沢品とか冨の象徴とかいわれたが、大都市圏以外で生活する人間にとって、生活必需品です。一家に一台どころか、2台以上の所有家庭も少なくありません。自動車所有にかかる税金、燃料にかかる税金は大きく見直す必要があります。JAFももっと政府へ働きかけてください!!(男性:50代)

車齢13年超で重量税が重くなるのは、消費財を長く使おうとする資源節約の観点から納得できない。 現在から13年前の車両であれば、エコ性能も十分な水準に達していると思うので、見なおして欲しい。(男性:40代)

経過年数で課税率を引き上げるのは一台を長く乗るユーザーおよび、買い替えに余裕のない世帯、一家で何台も所有しなければならない場合は、負担増になる。(女性:50代)

地方に住む人々にとって、マイカーは今の生活スタイルに欠かせないものです。税金はもっと生活必需品ではないものにたくさん増税してください。(女性:50代)

まるで贅沢品の如く様々な名目で課税し過ぎ。公共交通の不備な地方にとって車はむしろ食料品に近い位置付けであり非課税扱いの対象でなければならない。(男性:40代)

自動車関係の税金については、二重課税のような部分もあり簡略化・整理をすべき。(男性:50代)

道具等は大事にするものと教えられた世代の私には、一台の車を大事に長い間乗り続ける事は、当たり前と思っているが、税金が高くなる事は、絶対反対であり改正すべきである。もうそろそろ消費が美徳的発想から抜け他の経済発展方法を考える時期であると私は思う。(男性:60代)

総額として取りすぎに感じます。消費税が導入された以上、根拠のなくなった名目の税金は廃止すべきです。(男性:40代)

政府はまったく税を取る事しかないのかと いつも思う。 もっと税に対し自動車税だけでなく 現在と昔とでは生活状況また人口など 大きく変化している。 もう少し税に対し大きな枠に対し抜本的 に見直し改革が必要だと思います。 税改革委員を立ち上げて真剣に討論が必要 国民の真意を得ることも考えるべきだ。(男性:60代)

登録から13年を経過した自家用乗用車の、自動車重量税および自動車税に対しての重課は、地方で短距離を日常的に使用するものにとっては負担が大きい。(女性:70代)

長く使うことが冷遇されることは、なにかおかしいと思う(男性:60代)

自動車税が道路など車関係に使用されるのならいいが、他のことへ使用されるのは反対。(男性:60代)

国は、(税金を取れるところから取れ!)で、使途不明及び課税根拠も不明で、ただ財源確保の為だけの現行制度だと思う。根本的に見直しが必要である。(男性:50代)

安易なところからとろうとしているのに、 自動車メーカーも、もっと声を上げて、 負担を軽減するべき。(男性:70代)

車齢が長いほど重い税金を払うのはおかしい。(男性:40代)

税金に税金をかけることは矛盾している。 徴収した後の使いみちを詳しく説明する必要がある。(男性:50代)

ガソリン税に消費税をかけるなど、理解できない税金のかけ方は、もっと議論して是正すべき。 地方は車で都市部は公共交通機関と、明らかに生活様態が違うことを、もっと考慮した政府の対応を期待したい。(男性:50代)

LPG車に乗っていますが、使用年数が長い為に10%高くなっている。 環境に優しいはずのLPG車になぜそれが適用されているのかが納得出来ない。(男性:40代)

自動車税の使途が見えない。自動車を冠にしている税は、自動車に関わる使途に限るべきである。 地方の生活は自動車は必需、税負担が多額過ぎる。 (男性:70代)

税に税を課す事は、絶対止めて欲しい。(男性:70代)

地方では、自動車は必需品です。それを政府は分かっているので色々な税を課します。高い税金でも車なしでは生活できないことを。悔しいです。(男性:60代)

特に日本では軽自動車が利便性にも経済的にも合致しているのに、増税されてしまった。弱い者いじめもいいところです。公共交通機関が少なく、車がないと仕事も病院もいけないような地域に住むものとして大変不便です。(女性:40代)

自動車は必需品であり、決して贅沢な物ではない。食料品と同じく生活になくてはならないものであるので、税負担を考慮しなくてはならないと思う。(女性:60代)

すこしでも安くしてほしいです。(女性:40代)

必要に迫られて所有しているから今の税制には反対です。(男性:60代)

減らした税を、別の名目で徴税しようとする考え方を改めなければ、解決しないと思う。(男性:50代)

自動車税や、取得税に関しては全国一律で良いが、ガソリン税に関しては、地方は軽減すべきである。代替え交通手段の多い都市部の負担を大きくし、車に頼らざるを得ない地方では、負担を軽減するべきである。(男性:50代)

生活に必要な自動車を持つと色々な税金が必要となり不合理である。(男性:60代)

身近にある車が税金が高いのに反対する声が聞こえないのが不思議。(男性:70代)