群馬県

自動車関係税制は自動車関係に使うべきである。 例えば、道路工事に使うべきである。(男性:60代)

一般家庭で複数の自動車を所有しています。公共交通機関が不十分なため通勤等に必要です。(家族分も含め)支払う税額が多いのに困っています。(男性:50代)

わずかな国民年金で毎年年金の支給額が削られ其の年金から毎年上がる介護保険料金を引かれて75歳を過ぎた老人困らせて。毎日の食材を買いに又病院には月に三回は行かなくてはならないので軽自動車はどうしても必要軽自動車も諦めろとでも高級車にもっと税金を。(男性:70代)

自動車は決して贅沢品ではないと思います。地方では重要な移動手段になりますし、生活必需品と言っても差し支え無いはずです。そこに根拠の無い課税を継続する事は承服出来ません。(男性:40代)

税の名前を変えるだけで、支払う税の金額は変わらないのあれば意味はない、集めた税金を無駄に使用しないでほしい(男性:40代)

自動車は生活必需品であり、生活に余裕がなくても手放すことができない。 ハイブリッドなどの車は優遇されるが、簡単に購入できず不公平を感じる。(女性:20代)

障害者や年金生活者などへの軽減措置が必要。(男性:60代)

若者のクルマ離れが話題になっているが、私は少年時代にまだ数多くあった手頃なスポーツカーに憧れをもったものの、免許を取れる頃にはその様な「手頃なスポーツカー」は皆無であり、少年時代に憧れたクルマはあらゆる高額な税金がのしかかり幾らバイトしても手に入れる事ができない状況である。クルマをもっと近い存在にしてほしい。(男性:20代)

自動車関係税は現在かなりの負担になっている。それも明確な根拠に基づかずに、取れるところから取ろうとしている。車は社会生活をする上で必需品であり、その軽減策に国会議員に知恵を出すべきである。国会議員は先ず自ら身を切るべきである。(男性:60代)

現行の消費税は明らかに二重課税で、特にガソリンにかかる消費税を廃止してもらいたい。(男性:40代)

自動車購入に対して、軽減税率導入を検討して欲しい。 消費税10パーセント引き上げされても、免税車両は、消費税8パーセント据え置きにして欲しいと思います。(男性:50代)

自動車を所有している以上、それなりの税はやむを得ないとは思うが、国の財源不足補填など本来の課税目的とずれたところで使われるのは納得できない。新車登録13年超えの車に対する税には反対。3Rを推進する社会の流れに反している。(女性:50代)

都会のように交通機関が発達していない地方では、公共交通(バスなど)も同時に不便ということもあり車を足がわりにせざるを得ず、税の不条理を感じながら受け入れざるを得ない状況を残念に思う。(男性:70代)

簡素化 使途の明確化 二重課税の廃止 これらを進めていくべき 。(男性:30代)

ガソリンの上乗せ税率は、早急に撤廃すべきだ。(男性:50代)

自動車は住む場所によってその必要性が全く違ってくるものです。遊びが目的の場合と生活必需品である場合とで同じ税金というのは釈然としません。線引きは難しいでしょうがもう少し考えて欲しいものです。(女性:60代)

クルマを必需品としている地方や所得の低い人が、クルマを利用している大多数である事を理解いただき自動車税はクルマに関する事以外に利用すべきではない。 (男性:50代)

群馬に住んでるが、公共交通機関がほとんど利用できず、車を保有しなくてはいけない状況。一人一台となり負担も大きい。消費税率についても必要性を加味し、税負担を考えてほしい。(男性:50代)

公共交通機関が十分でない地方では、自家用車は絶対必要なので、今の重い税率を一刻も早く軽減してほしい。(女性:50代)

地方は車が必要であり、高級車でなければ贅沢品ということではないので、車だけに何種類もの税金がかかるのは、納得がいかない。(男性:30代)

重複する税には絶対に反対する。(男性:70代)

矛盾だらけの自動車に関する税金、一刻も早い是正、廃止を!我々も声を大にして訴えたい。(男性:60代)

地方に暮らす者にとって、食料品の買い出しや通院、通勤など、自家用車は、必要不可欠な存在です。都市部と地方では、電車やバスの時間あたりの便数が、地方では、2時間に一本だったりして、自動車が必要です。安倍内閣でも、地方創成としている点を、鑑みても自動車に関する税を、都市部と地方で、分けるべき時代に来ているのでは、ないでしょうか。(男性:50代)

燃料への課税を軽減して欲しい。(男性:60代)

各種の税金を上げるときは、諸外国がそうだからと追従するのだから、自動車関連の税金も、諸外国並みにすべきと思う。兎に角、今の日本の税制は、一度設定した税金は、何としてでも守ろうとするのが姑息である。(男性:60代)

地方は、公共交通機関がほとんどなく車に頼らざる負えない。自動車関連の税金を上げるのであれば、国が地方の公共交通機関を充実させるべく動いてもらわないと地方に住む人のみ負担を強いられていると感じる。(男性:40代)

兎にも角にもガソリン税に関わらず、自動車に関する税制は見直すべきである。(男性:50代)

自動車税だけでは無く、税収が上がるものを本来の意味とは関係なしに存続させている事が問題である。(男性:50代)

自動車税がどこにつかわれているのかあいまいで説明もない。何重にも取られているのはおかしいと感じます。(男性:50代)

地方のユーザーにとっては車は必需品、従前のようにぜいたく品ではないのです。訳の分からない税の仕組みは早く一本化して、誰もが名得できるようにスッキリしたものにしてほしい。それと納得できないのはガソリン税の課税の仕方も納得できません。誰もが納得できる税の公平化を希望します。(男性:70代)

地方在住者には車を所持しないという選択肢を持てない者もいることを考慮してほしい。また、一世帯に複数台所持をしないと生活できない現状も考慮していただきたい。(女性:40代)

軽自動車の税金が2015年から上がりましたが、何故、今さらと思います。軽自動車の販売台数が急激に増えたからでしょうか。ガソリンの価格全体もおかしい思います。ハイブリッドエンジンの影響もあり価格とガソリン税が上がっているのでしょうか?一般市民には、自動車に関係する税金がとても負担になっています。(男性:50代)

地方によって税率を変えるのも一案ではないか。(男性:40代)

タックスオンタックスは辞めるべき。(男性:40代)

若者の自動車離れが進んでいると聞いています。自動車は日本経済の中心であり、内需を活性化させるためにも、若者が手軽に自動車を持てるようにするべきだと思います。(男性:50代)

すべてが一般財源化されたのは、おかしいと思う。 ガソリン税に消費税がかかるのは、おかしい。(男性:60代)

我が家は3人家族 一人1台車持ってます 3台とも軽ではなく普通車です。けして贅沢してるわけではありません 必要に応じて車があるわけです 自動車税の支払いとても厳しいですよ (女性:50代)

現在の生活において、自動車は必要不可欠の存在である。昔のように、贅沢品ではないことから、安易に課税はするべきではない。税の軽減を強くお願いしたい。社歴17年の自動車愛好家より。(男性:60代)

エコカーの税待遇を拡大して欲しい。(男性:60代)

排気量の小さい車はもっと優遇するべきと思います。(男性:40代)

納得できない課税が多すぎる。暫定税率が恒久になっている。(男性:50代)

今まで自動車税について気にすることなく当たり前のように払っていました。このアンケートに答えることにより車に掛る税金がどのような内容なのか知ることができてよかったと思います。(女性:50代)

ガソリン税は廃止をしてほしい。(男性:20代)

地方(群馬県)は鉄道が発達していないため、車に頼る生活です。ガソリン代金、車の税金はいつも悩みの種です!家族一人一台ずつ車を所有しており、駐車代もばかになりません。少しでも、税金軽減を望みます!(女性:50代)

古い車を大事に乗っているのに、古いほど税率が高くなるのには納得できない。 (男性:30代)

交通機関が少ない地域は税金を安くするべき 必需品です。(男性:60代)

高級車を購入できる人と本当に必要で購入する人が同じ税制では納得できない。(女性:60代)

自動車税かガソリン税か、どちらかを取り入れる方法がいいと思う。(男性:50代)

自動車税は道路等の整備財源に使用し取り易いところから取るのではなく使用目的を明確にし不要な取り立てはやめるべきである。(女性:40代)

まだまだ不景気で生活が大変です。国民の生活を考えてください。(男性:40代)