広島県

税金の絡み方が複雑すぎて理解しにくいので、もう少しわかりやすくしてほしい。(女性:40代)

地方では、バスなどの公共交通機関も十分ではなく通勤や買い物にも 車は、必需品であり また、高額品で…課税は、厳しい。 (男性:50代)

重複している税金については、即刻廃止すべきと思う。(男性:60代)

古い車の税金を高くするのは、意味がわからない。各税金の本来の目的と、あっていない。すぐにやめるべき。(男性:50代)

自動車の必要な地域(人)とあまり必要でない地域(人)があることも考慮することも必要ですね(これが贅沢品かどうかの判断になるのでは)。今一度、自動車の税制はきちんと整理をし直すことが必要と考えます。(男性:60代)

複雑な税制で、本当に必要な税金とそうでない税金が分かりにくくなっている上に高額なので、特に若い人は車に乗らなくても良いと言う人が多いと聞きます。 維持費が本当に家計を圧迫しているので、財源は必要かもしれませんが、もう少し工夫して欲しいと思います。(女性:30代)

ガソリンについてはガソリン税に消費税が重複しているのは二重の税が掛かっている。非常に不可解で理解ができない。(男性:60代)

自動車税はいろいろ理由を付けては増えているので、一つに纏めて欲しいです。ガソリンでは消費税も取るのはおかしいと思います。(男性:60代)

今まで、自動車にかかわる税金について、あまり考えたことがなかったので、今回のアンケートは大変勉強になりました。これだけ負担が増えてくると若い人の車離れが加速するのもうなずける気がしました。(男性:50代)

改めて自動車を持っているだけで、税金が掛かるということがわかりました。 持っているだけで大変なんだから、せめてガソリンぐらいは廃止して欲しいです。(女性:40代)

車がぜいたく品だった時代はとうに終わっているのだから、そもそも自動車に関する税金は抜本的に見直すべきと考える。(男性:30代)

新車は環境性能がよく、税金面で優遇されるのは理解できなくもないが、物を大切に大事に扱う世界に誇れる「もったいない」精神からして、古い車を大事に大切に乗り続けている方からすれば、自動車税制に納得できない。古い車は古いなりにお金をかけている。(男性:30代)

とにかく、税金が重なるのはどうしても納得できない。(男性:50代)

税金が正しい用途で使用されていないので、使用のチェックを厳しくした上で減額すべき 。(男性:50代)

車を持っていることがだんだん負担になる。(男性:60代)

年金のみでの生活者には、自動車に関する税負担が大きく、買い物に車が必要な者には負担が堪える。また、経年で買い換えたくても年金のみでの者には無理であり13年以上の車に更に負担がかかる制度には納得できない。(男性:60代)

自動車税で集めたお金を他の事に回すのは辞めましょう。搾り取れるところからとろうとすること自体おかしい。2重課税も同じです。年数を過ぎた車の重課するのは、日本人の精神に反する物だと思います。(女性:50代)

国民に、もっと意見を聞いて、親切丁寧に、説明をすることが必要。(男性:50代)

いろいろな名目で二重三重に税金を掛けるのは不合理である。誰にでも良くわかる税金体制を整えべきである。また、期限を切って課税したはずなのにいつまでも課税を続けるのは、取りやすいところから取ろうとする魂胆は政治家の怠慢である。(男性:60代)

税金も軽自動車と普通車(1000cc)の差が大きいので普通車の税金を引き下げてほしい。(男性:60代)

税金に消費税はありえない。(男性:50代)

消費税だけで十分です。それ以上は、現在では、必要な理由が見つかりません。ただし、古くて、黒い煙を出す自動車には、しっかり税金をかけ、廃車にする方向でお願いします。(女性:50代)

自動車に関連する税が多すぎる。財源を確保しやすい品目に集中した結果だと思う。(男性:60代)

現在13年近くの車両に乗っているが、重量税や自動車税が重課され愛車に永い期間乗れなくなるのは非常に不公平である。(男性:70代)

全体的に車の保有者に対しt税が多すぎる、もっと簡素な税制にすべきと思う。(男性:70代)

一般財源化されているのには納得がいかない。(男性:50代)

日本の自動車の税制はかなりの矛盾した税制だと思われます。 税の使途がはっきりしないものは廃止すべきだと思われます。(男性:60代)

ある程度の課税は仕方がないが、根拠の不明瞭や多重なものは受け入れられない。(男性:30代)

自動車に関する税金が多過ぎて若者の車離れは避けられない。 搾取するより無駄な支出を減らす方向で考えて欲しい。(男性:20歳未満)

とにかく、車には税金が掛り過ぎる。 取りやすいところから、とる。 御上のいやなやり方だ。 行財政の付けを、国民に押し付けるのは、 やめて欲しい。(女性:60代)

公共交通機関が発達していない地方都市の、自動車関係税金を減額すべきである。(男性:60代)

車が出来た時代から、車からは税金取り放題で終わりが無いと言われてきており使い道も最初の重量税の使い道とは違っており即、見直すべきである。(男性:60代)

自動車がこれほど普及した現在では資産税的な課税方法が適切かどうか再考すべきである。道路整備に財源が必要ならば、全道路の有料化を検討すべきである。自動車専用道でない一般道では利用者である歩行者・自転車等からも徴税しなければ不平等である。(男性:50代)

自動車に対する価値観の変化に応じて税を求めるべき。以前のようなぜいたく品ではなく普及品として捉え、自然環境に対する賦課やインフラの整備費用としての位置付けを考えた税負担にすべきかと考えます。(男性:50代)

これを減税しますと言っておいて、その代わりこちらの税負担をお願いしますという子供だましの結果増税になる政策は、もう勘弁願いたいです。(男性:50代)

若者を含め、自動車を保有する人口を増やすような努力をしてほしい。(男性:40代)

自動車税等の税は、取れる所から取ると言うシステムに、成って要るよに思う。 (男性:70代)

ガソリン税のように税金に税金が課せられるのは、本当におかしい! また車が必需品の地方には減税措置を取ってほしい。(女性:40代)

地方では車を所持しないと生活が難しい。 税金がとにかくかかりすぎる! (女性:30代)

1950年代の贅沢品のイメージでの課税が残されているように思える。現在は必需品であり、年金生活になり、親の介護を行う者にとっては車は欠かせないものであることを考慮して課税を下げてもらいたい。(男性:60代)

税金が安くならないのなら、車両購入時や車検等の費用の負担を、国や自治体が一部補助するような制度を設けてはどうか。(男性:50代)

みんなが納得できるものを作成して実行するべき。(男性:40代)

二重に係るような税負担は廃止して欲しい。(男性:60代)

税に税を重ねるなどはまったく尋常な人間ができることではない。 初心にかえって、頭を冷やして、担当部署は再考する必要がある。そうすれはみんなが納得できる案が出るはず。(男性:70代)

これだけ税金を払ってるのに、道路の凸凹は直らない。 道路特定財源に戻し、高速道路の料金を下げて欲しい。(男性:50代)

自動車の利用に関わる税は 消費税に一本化するべきである。 また、普通自動車と軽自動車で 自動車税の税額が大幅に異なる のは、著しく不公平である。(男性:40代)

外国の国を参考に軽減してほしい。(女性:60代)

未だに税制が変わらないのはなぜでしょう。毎年同じアンケートに答えるが何が変わるのだろう。JAFには期待している。モータースポーツの普及を含め頑張ってほしい(男性:50代)

必要なものに税を掛けるべき、無駄に税金を納めたくない!(男性:50代)

排気ガスの問題もあり、税金は、必要ではあるが、全体を見て、有料道路の軽減、道路の整備などにもっと力を入れてほしい。そして、それを実感可能にしてほしい。(女性:60代)