北海道

オホーツク海沿岸に住んでいますが公共交通機関がドンドン不便になって行くなかで自家用車が必須になっています。ガソリン税に消費税がかかるような不明朗なやり方は廃止しなければいけない。国内の道路状況はドンドン作るような時代ではない。補修と維持に重点を置くようにしないと駄目だ。(男性:60代)

先進国とは思えない。(男性:50代)

現在の自動車税の多くは税制導入時の本来の徴収目的を失っていると思う。税制度を継続するのであれば、支出は「道路整備費」等の財源に限定すべきである。限定する事により支出を減らし、自動車利用者の負担軽減を図るべきである。(男性:60代)

自動車税制については、近い将来における国民生活と経済の進展を見据えて、全面的見直しを検討すべき時期に来ていると考えます。(男性:60代)

私の居住地では、積雪のため4輪駆動が必要です。各メーカーも努力されているでしょうが、燃費性能は2駆の車には劣ります。軽減税率でも不利であり、今後、環境税も課税されるでしょう。税の負担も地域や駆動方式等で細かく設定する、そのような事をお願いしたいものです。(男性:50代)

24年間乗っている車に、燃費や環境に悪いからと自動車税の負担が大きくなっていることに憤りを感じ入る。年金生活者にとって車両の買い替えは負担. 揮発油税の特措法がズルズル延長された上、消費税のTAX ON TAXは、消費者もこの仕組みを理解している方が少ないと思う。生活必需品から過大な税の吸い上げは絶対反対する。 (男性:60代)

税金の重複や恒久的になりかねず、自動車ユーザーへの負担が大きい!(男性:40代)

国の車は贅沢品と云う考えを改めて頂きたい。地方で車は生活必需品です。重税は避けて貰いたいものです。因みに…JAFは毎年このような税金に係る話は出ますが、ユーザー負担は増す一方ですよ。(男性:50代)

古い車はエコじゃないから重課というのは、物を大切にする=エコに反する。 また車が重い=道路を痛める=税金も多く取る、というのはおかしい。 重量が重くて週末にしか使わない車と、毎日通勤に使用の中程度の重さの車でどちらが道路を痛めるか、また道路の使用頻度を考えると、重量で税金を課税するのは考え方がおかしい。(男性:40代)

長く使ってる事こそエコだと思う。使い捨ての様になるより大事に長く使う事は大事な事と思う。 障害があって、移動に困る方は車なんてそう簡単変える事は難しい。だからこそ、長く乗るなら逆に減税措置も考えても良いと考えます。(男性:40代)

自動車関係税に限らず、快適な社会生活を送る上で欠かせない国の財源であるのに、あたかも増税が全て政府の無策を補う為だと印象操作をする社会の風潮が異常。 安全に快適に暮らしたいが、金は出したくないというのは、恥知らずも甚だしいと思う。 自動車業界もその風潮に負けず、社会を支える為の一翼を担っているんだと言う自覚を持ってもらいたい(男性:40代)

北海道の場合は、自動車税に寒冷地加算されていることと、公共交通機関が充実していないため、どうしても車は必要のため税金の軽減を要望する。(男性:70代)

重課や減税は買い替えの無理強いとしか思えません。古い車を往時の姿のまま維持するのは当時の日本の技術や時代の空気みたいなものを大切にしたいと考えてのことです。こうしたユーザーのことも考えてほしいと思います(もっとも日常の足は今時の車ですが・・・)(男性:40代)

一番納得できない税金はガソリンの揮発油税に消費税が上乗せされている事ですね。 更に一般財源化されてしまっては何に使われるか分かったものではないと思います。(男性:50代)

車を持ってると様々な税金が知らないうちに払ってることを改めて知りました。何故こんなに払わないといけないのか納得出来る説明をして欲しいです。更に税金が増えると今後、車離れが進むと思います。(女性:40代)

税金を支払うのは分かりますが、他国に比べて金額が大きいのが問題ですし、低所得の方々への配慮もされていないので、即刻見直しを行うべきです。(男性:20代)

道路等の維持、管理に必要と思われるがどのように使われているのか不透明だと思われる。明確にしてだから不足分は負担するし余分なものは削減していくなど柔軟な姿勢があっても良いと思う。(男性:60代)

課税根拠を失った税に対して、単に財源不足という理由で、漫然と課税され続けられていることについて腹立たしく思います。年金生活者には、自動車諸税の負担は大変重く感じます。ガソリンに対する税の二重課税は国民をばかにするなと言いたいくらいです。(男性:70代)

車を大事に整備して乗っているのに、13年経過したからと言って税金を上げるのは新車を買わせようとしてる策略が見えます。 愛車とは車を買い換えれないという意味じゃないと思います。私の愛車も税金が高くなって仕方なく16年目で替えました。もっと大事に乗っていたかったのに税金がが高すぎます。維持が出来ないです。(女性:40代)

自動車は購入時から色々な税金が掛かり、 維持して行くのにも課税されます。 このような事から若い人の車離れが増える一因にも成っていると思われます。 自動車社会の中で政府も取りやすい所から取るのではなく もっと考慮して欲しいものです。(男性:60代)

私の街では市内巡回バスでも1時間に1本で今は家族で徒歩や自転車、自動車を使いながら時にはタクシーも利用しています。 家族でもう1台ほしいところですが、維持費を考えるととても購入できません。これから高齢になっていく事を考えると将来の移動手段がとても不安です。国は総合的に政策を考えて頂きたいものです。(男性:60代)

車が古くなるー原価償却で0になるはず、イギリスのように、古くなればなるほど、税金がかからなくなるのが当たり前だ。(男性:50代)

とにかく日本の自動車に関する税制度は不透明かつ高額であることから、若者の車離れが加速していくことは必然であると考えられる。 日本が世界に誇れる自動車産業が肝心の自国内で衰退していく様は見たくないので、行政を含め抜本的な改善が早急に必要と考えます。(男性:20代)

税源を確保するためにはやむを得ないものもあると思いますが、TAX on TAXについては全く納得できません。(男性:30代)

環境に直接関係のない自動車重量税が、新規登録から13年を超える自動車の保有で課税率が上がるのは納得がいかない。 長年大切に使っているユーザーはいるわけで、私もその一人である。 その車自体は3年経とうが15年経とうが重量は変わることは無いはず。 暗に買い替えを促しているとしか思えない。(男性:40代)

とにかく、現行の自動車税制は矛盾だらけであり、とても納得できるものではありません。JAFをはじめとする自動車関連団体、メーカー(部品製造も含めて)等一致団結して反対の声を挙げていただきたい。(男性:60代)

一般財源化されまるで恒久財源となっている現状が理不尽と+消費税の二重課税に大いに矛盾がある、また各法定点検の経費もかかわってくる。 また公共交通機関が網羅されている都市部からは想像つかないほど自家用車の必要性を認識してほしい、過疎地ではガソリンスタンドが淘汰され燃料給油が困難になっている (男性:60代)

自動車税が自動車社会を維持するために必要であるならば、その根拠や内容をわかりやすく国民に周知してほしい。(男性:50代)

暫定税率は絶対なくすべき JAFユーザーが団結して反対すべき(男性:50代)

排気量によって税区分を分けるのには反対です。大排気量、小排気量関係なく燃費で税区分を決めるのが現代では納得がいく税区分だと考えます。 他にはハイブリッドだけ税に関して優遇措置を取るのはどうかと思います。 (男性:40代)

自動車は特定の人が所有する贅沢なものとして、道路も今日のように舗装化されていない状況の時代に制定された者であり、まさに前近代的な税制です。自動車が生活必需品と言ってもおかしくない時代に合う制度に変えるべきです。ましてや二重課税が何故放置されているのか国会議員の見識を疑います。(男性:60代)

景気が上向いていると言うが、それは一部の大企業であって、中小企業や一般国民はその実感がまだない。日常生活に直結する税制は加重であり、庶民の税負担を軽減すべきであ。(男性:60代)

自動車重量税は必要。道路を壊しているのは重量の大きい車であり、わだちができて運転もしにくい状態である。即大きい車から税金をいっぱいとって補修していただきたい。(男性:50代)

現在11年間同じ車を乗っていますこれからも大事に乗り続けるつもりです.日々のメンテナスも必ずしておリます重課になれば整備にかけるお金も考えなければなりません。新車替え換え出来ないので(男性:60代)

自分で払っていながら内容について知識が足りなかったと反省している。(男性:60代)

自動車は産業、経済活動に欠かせないが、地方では公共交通事業が利用者不足などから廃止や縮小に追い込まれて状況の中で、 小さくても車が絶対必要な物です。 取りやすいところから取るという考え方に大きな怒りを感じる。 税金の無駄な使い方はまだまだある。 (男性:70代)

自動車税の目的に使われているであれば、良いが、使われ方に問題があると思います。(男性:60代)

古い車(13年なり18年物)はその期間たっぷり自動車諸税を支払ったのだから、免税 又は軽減税率を適用すべきである。但し、環境負荷の大きい車については、軽減された税率にある程度の割り増し課税することはやむを得ない。(男性:60代)

自動車税は道路新設、維持管理等に充当すべきで、一般財源になったのであるから、 自動車税制の目的を明確にし税率を下げ 税の仕組みを簡素化すべきです。(男性:70代)

北海道は地域が広くまた公共の交通機関が年々縮小傾向傾向にあり自家用車は「生活必需品」的なものになってきています。車を持ちやすいように、経費を抑えることのためにも、無駄とまではいいませんが、経費の中で重い割合の税金を必要最小限の抑えるべきだと痛切に感じています。(男性:70代)

行政が既得権益を守るために 税収を下げないよう必死になっている 制度改悪にしか見えない 今までとの税率との比較だけではなく 自動車所有者から 徴収すべき根拠のある税率を 根本から見直して設定すべき(男性:40代)

地方で冬期間除雪が入らず通れない道が増えたり、生活道路であるのにも関わらす、夜間除雪をしないなど不便なユーザーと、行き届いた除雪をされてる地域や都心部と同じ扱いは平等性に欠ける。また、冬期間、使用しない車にも年中使用する車にも同じ課税は不平等。道路の保守も、部分的になり、道路環境は悪化している。課税が増えて還元が減るのはおかしい。(男性:30代)

障害者手帳で自動車税減免の恩恵を受けているけど、一般就労困難な私にとって地方の公共交通の廃止の影響で利便性の低さから通院の移動手段としての自動車は必需品である。 そういう面からも生活弱者からの「交通の脚の必需品」から税金を搾取する政策は絶対に許せない。(男性:40代)

税金の名目を変えた二重取りは即止めるべきと思う 軽自動車税のアップは弱者いじめ以外のなにものでもない。 約束の定数削減などしないで 税金のアップや年金の削減など 現政権には怒りを感じる。(男性:60代)

 道路整備を充実し、地方と首都圏とを隠さなく交通網を整備する為の一時的措置として、「自動車のユーザーに協力を依頼する。」と言って増税し「道路が良くなったら一般会計に使えるようにする。」と言いガソリン税のように2重課税と、自動車取得税を消費税と共に2重課税され、国はとりやすい所から税で取れば、文句は無いと思っている。(男性:60代)

13年経過した車に税率が上がる根拠が不明。買い換えを促すのでは無く長く使う方が環境に優しい。 軽自動車、ファミリーカーの税率を下げ、燃費の悪い大型車の税率を上げるべき。(燃費により税率を分けるなど)(男性:40代)

自動車の税制はあまりにも不合理かつ複雑である。また、理不尽なほどの重税を課せられている。即刻整理してわかり易い税制に改正するべき。(男性:40代)

降雪地など自然環境が厳しい地方に住むほど、AWDなど燃費の悪くなる車が必要だが、その分税率も高くなる。 雪の降らない地域で間に合う車との税率差を考慮してほしい。(男性:30代)

そもそも自動車の運転は国家から与えられた特権であり、それから日常的に利益を得ている人が、合理的な負担をするのは当然で、何でもかんでも軽減されればよいとする考え方には与しません。地方在住の自動車さえ運転できない、あるいは持てない事情のある方たちのことも少しは考えてみてはどうでしょうか。(男性:40代)

普通車から軽自動車への移行が進むのをみても、自動車税を負担に感じているからであることは間違いないでしょう。軽自動車の税も上げられ、燃料代も上がり、結果的に国の重要産業である自動車の販売台数が減ることを国は予測できているのでしょうか。若者の車離れも、車を持てば負担ばかりかかるというイメージを作った国の責任ですね。(男性:40代)