兵庫県

一般財源化されたことについて非常に憤りを感じています。また、二重課税についても早急な改善が求められます。生活に重要な法案はいつも他の法案の陰に隠れていつの間にか成立されています。今安保法案が騒がれていますがその影で何がなされているのかわかりにくくなっていることに不安を感じます。(男性:60代)

税金に、さらに税金が上乗せされるなどわかりにくい、負担になることが多過ぎる。 自動車の新規購入時にかかる税のみにし、維持には負担が軽くなるような税制を望む。(男性:70代)

重課措置は廃止すべきです。多くのユーザーはひとつのクルマに愛着を持って乗っていると思います。それを否定するような制度は即刻廃止して下さい。(男性:50代)

旧年式自家用車の自動車税が高すぎる。 燃費が悪く、排出ガスも多いのが理由と思うが思考が短絡的で納得出来ません。 1)高齢者は近隣での日常の買い物程度しか  乗らないので走行距離は一般の人よりか  なり少ない。従って、排出ガス絶対量も  少ないのは当然。 2)使用実態を反映した要素を考慮乞う。(男性:40代)

課税根拠を失った税制度は違法(違憲)とは言えないのでしょうか? JAFのような関係団体が自動車税制に関しての国民に対する啓発活動をもっと積極的に推進して欲しい。(男性:60代)

じわじわ増税され、意味ない税金でさえ課税され続けられ、国民をバカにしてると思います! 明確で合理的な理由がない場合は、意味ない課税はすぐに撤廃してもらいたい! 税金が、意味あるものに使われていると、うたってるのが、うさんくさい!(女性:30代)

自動車大国、先進国でありなが自動車を所有するのが大変負担になっている。(男性:40代)

急に軽自動車税が上がったので驚いています。この春、軽自動車を買い替えたばかりで税金アップで家計圧迫です。即刻元の金額に戻すべきです。(女性:40代)

通勤、通学、病院への通院、食料品や日用品などの店舗が少ない地域の買い物など、生活必需となった自動車に、重なる税負担では生活を圧迫するばかり。 取りやすいところから取る税金では、納得できない。また、透明性のある使途を明確にしてほしい。(女性:50代)

自動車を持つだけで、税を負担する仕組はやめるべき。自動車の普及を妨げる。税は利用状に応じて、重量×走行距離やガソリン・軽油への負担に移行してはどうか?特に13年超過の自家用車は大して走ってない車が多い。環境負荷は小さい。また、ハイブリッド車を作る際の環境負荷は大いと思われ、その税の埋め合わせで13年超過の税を高くするのはおかしい。(男性:60代)

淡路島に住んでいますが、今住んでいるところは、自動車なしでは暮らしていけません。公共交通は、コミュニティーバスが1日に数本走っている程度で、あまり役に立ちません。大人1人に車1台必要なので、軽自動車が多いです。 車体価格が200万円程度以下は、必需品として税金を免除してはどうでしょうか。(男性:60代)

私は障碍者で毎年自動車税は免除されていますが、日常の移動手段として使用する際の燃料からの課税が重く負担になっております。少しでも負担軽減になるように対策をお願いします。(男性:60代)

公共交通機関が充実していない地方に住んでいると、自動車は複数台必要事です。車検、整備、税金が大変な負担です。年金暮らしの方は本当に大変な思いをされているでしょう。私も直にそうなりそうです。(女性:50代)

公共交通機関が整っている地域とそうでない地域を同一に扱うのはおかしい。交通機関がない地域では生活必需品として交通機関がない分の補助をされてもいいのではないか。(男性:50代)

道路を整備する以上、利用している者が負担をするのは当たり前なので、やみくもに税制反対を訴えるのはナンセンス。(男性:40代)

自動車税制についてよくわからない人が多いのではないか?シンプルで多くの人が納得できる税制、及びそれを知る機会が必要だと思う。納得できる税制であれば多少負担が重くなっても今後支払っていくと思う。(男性:60代)

私は、17年間大事に乗っているので これ以上の税金は大反対 息子達はもう車は必要でないとまで言っていますが 若い人達の 車離れは進むでしょう(男性:60代)

確実に徴収できるとこるから毟り取る何重もの税金を掛けるのは立場の弱い者いじめである。 行政がいじめをしてどうする! 13年経過車両の増税にしても断固反対。最近の自動車は13年で廃車にしなくても十分使用に耐えうる。 まるで、新車購入を促し取得税を徴収しようとしているとしか受け取れない。(男性:20代)

車税として特定の所有者から徴収している財源であるため渋滞緩和策や安全な街づくりなど使途について特定すべきである。  一般財源化することは、単に取りやすい人から徴収しているだけであり、不公平感強い。納税者が納得できる根拠を示し、限りある財源であることを肝に銘じ、無駄使いのないよう工夫すべきだ。(男性:50代)

以前より自動車を保有することで多重に税が課せられているように感じていました。公共交通機関が少ない地域では複数の自動車をひと家庭で持たざるを得ない状況や所得の伸びが期待できない社会状況では、ますます軽自動車の構成比が上がることも予測されます。このままでは将来の日本の産業構造に影響を及ぼすのではと感じます。(男性:50代)

エコカー減税も良いが、新車購入者は金銭的にも余裕が有り、乗り換える人が多いので減税処置に疑問を感じます。 日本の名車の維持保護の為にも、増税は大きな負担である! 旧車乗りの方々は、贅沢者と思われがちですが、古き良き時代のルーツを考慮して欲しい。 特に旧車は普段乗る機会も少ないし、年間の走行距離なども、考慮した税金を検討して欲しい。(男性:50代)

車を生活の足代わりにしているなら、高級外車等車両価格が400万以上するような車は必要ないと思います。その様な方々から税金を納めてもらうようにして、300万未満の大衆車を乗る方々に対して、何らかの減税を図るべきだと思う。高級車はそれだけ金銭を払える高所得者が購入しているので、そのようにするべきだ。(男性:40代)

地方では、子供の通学で自動車での送り迎えは常識です。 ガソリン代の負担が重くのしかかってきます。 子供の通学に使っている家庭、公共交通機関のない家庭に税の軽減措置が必要なのでは?(男性:50代)

本来の目的を失ったら、その時点で即刻廃止すべき。 新たな目的ができたら、その時点で収入の原資を検討すべき(男性:60代)

とにかく自動車税制には不可解なことが多く、取れるところから取るという政府の姿勢が見え隠れして、腹立たしい思いがある。ガソリンのtax on taxはもっての外だし、国と地方自治体との税についても今の分け方は納得できないものがある。本当にご都合主義の税制は納得いかないことが多すぎる。(男性:60代)

とにかくわかりやすい簡素な税制にしてほしいです。(男性:60代)

国民が等しく所有していない車に、生活必需品としている車に、税の不公平は時限的に、一時的に納得するものはよろしいが取れるところから簡単に習慣化されています。  英知を出して考えてほしいと思います。生活必需品となる地方暮らし者、都会の地下鉄利用者、高層のマンション生活者がすべて移動手段上公平になるようなことにしたい。(男性:60代)

定年後、嘱託でしばらく元の会社に勤めていましたがそれも辞めて今は無職。長い間(6台乗換)小型車に乗っていましたが、最近軽自動車に変えました。走行距離が若干減ったこともありますが主は節税です。 税金が安くなればもう一度小型・普通車に乗りたいと思いますが。(男性:70代)

軽と普通車で自動車税が差が大きすぎる。 ハイブリットやダウンサイジングターボ等で排気量による自動車税の差が不合理に感じる。 (男性:40代)

・年数経過の自動車でも、車検を受けているのだから重課はおかしいと思う。 ・地方の複数台保有に関しても、都会の交通手段は電車、バス、タクシー等で、地方の交通手段は自家用車(駐車料金も都会より安い)という事で、1台ごとの課税も仕方がないのかなと思う。 ・4月5月は新年度で出費が重なる時期なので、自動車税の支払い時期を少しずらしてほしい。 (女性:50代)

距離的にもあまり走ってませんが、15年以上でもまだ走れるから大切に大事に乗ってるのに税金が高くなるってことの考え方が間違ってる。何故買い換えなくてはならないのだろう!!!(男性:60代)

公平かつ有効な活用がはかられているなら、不平不満は減ると思う。政府は説明責任をしっかり果たすべきであると思うし、集めた税金の使途についてもしっかり国民に報告すべきだと思う。(男性:40代)

13年以上たつ車両の自動車税が13%重課されるが、1台のお気に入りの愛車を長く乗ることは悪い事と言われているような気がする。排ガスや燃費が重要視されているようだが本当のECOっていったい何なのか?(男性:40代)

自動車重量税の徴税は現状のままでよいと思うが、用途については一般財源から道路特定に戻すべき。(男性:50代)

平成14年式のフィットに乗ってます。自動車税が今年から5000円上がりました。一般道の街乗りでも13kmリッター以上は走りますし、特に排ガスをモクモクと出している訳でもなし。そんな車を鉄屑にして新車を買うことが、どうしてエコなのかが分かりません。(男性:40代)

道路を増やしていく目的の道路整備費が、維持管理していかないと、橋が落ちたり、トンネル落盤、舗装のヒビ割れ、穴あき等が発生している現状を見ると、一般財源からもう一度道路特定の税金に戻すのであれば納得できます。(女性:50代)

こういう自動車税の内容についてあまりマスコミなどで紹介される機会少なく、もっと一般に知られるようにしてほしい。(女性:60代)

納得できる適正な税金であれば、納めることは当然であるが、取れるところから取ると言う体制については国民が声を大にして改善するべきである。(男性:50代)

自動車税は今年から15%の重課になったと聞き、2000ccの車が重課で2500ccの自動車税より重い課税は、基本的な排気量区分での課税を逸脱しており、納得出来ない。 古いものを大切にしているユーザーを嘲笑い、新車の買換えを促進普及させ、経済効果を狙う為の物であり、日本人の美徳である『もったいない』の精神にも反しているように思う。(男性:40代)

阪神の震災いらい県道、市道等の整備が、不十分です。車が、通ると揺れる。自宅は、建て直ししています。また同じところを整備する等、本来の自動車税の使用を考えていただきたいです。(男性:50代)

そもそも自動車税とは何のための税金なのかを明確にすべき。その理由が明確であれば納税者も不満なく納税するはず。今の税制はマネーローンダリングに近い印象を受ける。逆らえない法を整備し、税金の使途をうやむやにする事はありえない。あと、ガソリンの消費税、税に課税することが許せない。景気回復を本気で考えるのなら本気になって見直して欲しい。(男性:40代)

制定された時代と現在と大きく状況が異なります。所得の低い過疎地ほど自動車が生活に必要不可欠でもあります。 既に一般財源なのだから、自動車税の納税者が道路整備等の恩恵を得られないわけで、見直しすべきです(過疎地にスーパーや病院、バスや鉄道他のインフラを整備してくれるなら話は別)。消費税はガソリン購入の際も一律課税してよいと思います。(男性:40代)

もっと国自体、削減できるところを見直せば(今地方の政務費、公共事業費、公務員給料等いろいろ見直せば)税収程度は出てくるかも?(男性:60代)

自動車が贅沢品という時代ではない、地方ほど公共交通機関の整備がされず、高齢者にとっては機動のための足の確保が困難であり、自動車の利用にたよるところが大である。地方地方の掛け声ばかりで、なんら的確な政策がされないのはおかしいと考えます。(男性:60代)

車を買う、動かす、メンテナンスで ことごとく税金、そんなに贅沢品ですか? 車は生活の一部になってませんか?(男性:50代)

高いガソリン税に消費税を重税しているのはおかしい。JAFさんや自動車に関する業界は、賛同してきたのか、反対の立場なのか、また、ユーザーがおそらく元の取れないエコカーを優遇するのは、自動車メーカーの意向もあるのか、知りたいと思う。(男性:40代)

自動二輪の税金等はもっと軽減すべき。 安全性の問題はあるが、これからもっと四輪から二輪へシフトすれば環境面や道路の老朽化低減二輪つながると思う。(男性:40代)

金銭的に余裕が無くて古い車に乗っている人も沢山いるはず。エコカーに乗り換えも出来ない人にも優遇措置をお願いしたい。(男性:40代)

車を持っていると、税金ばかり払らはされて何かとしんどい。お金が掛かるから車を手放そうかと思っている。若者が車を持たない事にもうなずける。国は無駄なものにお金使うが、本当に必要なものに税金を掛けて欲しいです。(女性:50代)

国の財源が赤字であり、自動車税等の大きな金額を流用している現状でも、国会議員含め国の役人は給与をそのままもらってる。赤字の会社は給与削減、賞与なしなどが当たりまえ。再度、為政者の責任を見直し、正しい税金を目的税としてきちんと徴収すべきで、すべての国税、地方税を地方創生と合わせて新たな税制としてまったく異なったものを作るべき。(男性:50代)