茨城県

都内の便利な生活空間の中で、自動車税云々を差配してる官僚や代議士には、地方での生活での自動車依存がどの程度か理解出来てないでしょう 。益々便利な都内(都会)一極集中し、益々地方は過疎化の一途に成る! 大型高級車等は高税率にして、地方の自動車税優遇を図るとかの検討が必要かと・・・(男性:60代)

鉄道網が発達していない地方では、自動車が必需品となっている。にもかかわらず、自動車ばかりに税が掛けられているのは、不公平である。最近は、道路が増えた分、既存の道路がかなり傷んでいても補修されないなどの現状もある。上手に税を使って欲しい。(女性:50代)

自動車税制には納得のできない税金(税金に消費税をかけたり、一般財源化した税金等)があり、これらの税金は即刻廃止すべきと考えます。(男性:70代)

自動車は、一般に所有後年々価値が低下するにもかかわらず自動車税の税額が変わらないのは不合理です。(男性:60代)

とりやすいところからとる、の発想と思える一般財源化は止めてもらいたい。 自動車は個人ユーザーが多く物言わぬ(言えぬ)納税者だが、JAFが個人ユーザーを代表してユーザーの声をぜひ届けてほしい。(男性:40代)

自動車税はある程度やむを得ないが、ほかの自動車関連税は納得いかない。(男性:20代)

他国と比べると、税金が圧倒的に高い。こんなにも高い税金を払わされるのであれば、車離れとなってもなんら不思議はない。車の税金については、即刻検討し見直すべきである。(男性:60代)

お金の負担(税金を含む維持費)が高く、若者が車に乗らなくなってきていると聞きます。 子供を持つと、医者に行くなど車が必要になってきます。 住んでいる場所によっては本当に車が必要です。 見直せるものなら、税金の負担だけでも軽くしてほしいです。(女性:40代)

とにかく税金の塊であることは変わりない。 目的が自動車に関することから、一般財源に代わったのが、非常に分かりづらくなったところがある。 税金を気持ちよく払えるといいのだが。(男性:50代)

地方の財政難から公共交通機関が縮小され、バスを利用しての外出も不便になりました。みな、仕方なく自動車を複数台所有しています。そのような状況で贅沢品として課税することは弱者をいじめているように感じます。(女性:50代)

とにかく多くの税金が課せられていることに不満を感じています。(男性:50代)

古い車を大切に使っているのに、税率が高いのは納得できません。(女性:40代)

税金の使用目的を明確にして欲しい、でないと税金を納めている方としては納得がいかない。 軽自動車は税金とかが安いから乗っている人が多いと思う、それなのに税金が上げられるのは納得がいかない。(男性:70代)

国は、取りやすいところから税金を取っている。(男性:60代)

継ぎはぎばかりの増税で、納得できない。 白紙にもどして、スッキリした税制にしていただきたい。(男性:60代)

税金を払っても無駄に使われていることが許せない。(男性:40代)

よく理解しないで関係の税金を払っていますが、問いの内容どおり、適正を欠くものが目立ちます。 時代に合った適正な税金へ、抜本的な見直しが必要だと思います。 (男性:60代)

実質的に、税改正のたびに増税(名目を替え)。見直し2重3重課税をなくしてほしい。 (男性:40代)

家族一人一台の車が無いと生活できません。消費税が上がるなら自動車税くらいは軽くなって欲しい。(女性:50代)

私の田舎は公共交通機関が少ないため通勤買い物に車は必需品である、都会と違い生活するため必需品である車は地域の事情により税の負担を軽減すべきである。(男性:50代)

毎日、運転をする人にとっては、生活の足であり、仕事の道具である。 地方では、絶対的に必要不可欠であり、高齢者においては、買い物難民を手出すけする為の道具である。少子高齢化の時代に向けて取りやすいところから取るやり方を、いつまで続けるのか?ますます、高齢者の生活負担が増えるのみである。(男性:50代)

目的税の意義が失われた部分は即刻見直すべき。代替財源は公共交通を含めた総合的な交通政策を実現する形に誘導すべく税制を見直す。(男性:40代)

年金生活者には苦しい。(男性:60代)

軽自動車税が上がりましたが、家族で2台所有していて差額分が負担になっています。 地方では車がないと通勤や買い物にも行けません。(男性:60代)

必要性の有る税金ならはらうべきではあるがどこにながれているのかわからないものにははらいたくない。(女性:60代)

13年を経過した自家用乗用車には重課がされているが、車を作るのに必要な資源やCO2、運転に伴い排出されるCO2は最新の車に乗り換えることによって大きく軽減されるのでしょうか? 長く乗ることと、最新の車に乗り換えることのどちらがエコなのでしょう? (男性:50代)

日常的に車を「使用」する人の意見を大きく反映させるべき。自転車の交通規則改正もそうでしたが、大都会と田舎を分けて考える視点が欠落しています。大都会と田舎では「くるま」を巡る事情は大きく違うので、別々に考えて欲しい。(男性:50代)

消費税が一番公平。車の税金は重複感が多すぎる。消費税の税率だけ少し上げればいいのではないか。(男性:60代)

今の制度は、取りやすいところから取るという考え、高速道路の料金もしかりで貧しい人への配慮が全くない。(男性:60代)

地方に住むものとして、自動車は贅沢でもなんでもなく必要最低限なもの。国民の足元を見て取れるところから財源を確保している国の付け込んだやり方にうんざりだ。無駄な公共事業など減らせるところは数多くあるはず。税金の垂れ流しを見直すことも、粛々と進めてほしいものだ。(男性:30代)

私の住む市では自動車が無ければ生活できない環境下にあり自動車に関係する税を(ガソリン税も含め)見直しをして納得のいく納税をしたい。(男性:60代)

古い車を大切に乗っているのに税負担が増えるのは納得できない。(男性:40代)

新車購入から今年で、21年の車に乗っていますが現在は、年式の古い車ほど重税されています。13年以降は増税金を払い続けいますが、おかしいと思います。むしろ、減税または免税が妥当かと思います。(男性:50代)

古い自動車を大切に乗っている人や、所得が低く新しい自動車が購入できない人が重課される仕組みになっているのが納得できない。まだ使用できる自動車を廃車してまで新しい車に乗るのが本当に環境を考えているといえるのでしょうか。リサイクルするにも、新しい車を製造するにもエネルギーは必要ですし、少なからず環境にも悪影響を与えると思うのですが。(男性:50代)

もっとシンプルにすべき。(男性:60代)

暫定税率でずっと通ってきていること自体がおかしい。必要なら本則税率を改正すべきである。(男性:50代)

交通事故防止のための道路、付帯設備等の抜本的改善・充実に投資をすべし。自動車関連税はそのために優先的に使うことを法律で規定すべきである。(男性:70代)

公共交通機関などまったくない地方では車は生活必需品である。そんな地方には減税措置を行うべきである。(男性:60代)

自動車に課税しすぎである。 確実に取れるところから取ろうとするのは不公平である。もっと高額所得者からたくさん収めてもらう等、税金の取り方を変えるべきだ。地方に住んでいる人にとって、自動車は生活必需品です。(男性:50代)

(1)税に税をかけるのは税の二重取りになる。改めるべき。 (2)自動車は食料と同じように今や生活必需品。 適正な税制度にすべき(燃料含む)。ただし、個人で高級車数台所有している方もおられるが、この場合は贅沢品として考えられる。 これらを含めて税制度を考えるべき。(男性:70代)

登録年度が15年以上経過した自動車に対しては自動車税が加重されているが、新しい自動車を製造するにはそれなりの資源とエネルギーが必要となる。経年化した自動車でも当時の排ガス規制を受けたものもあり、走行距離も少なく十分に運転可能なものもある。新車の販売を推進するのはよいが、経年車に対して一律の重課税はどうかと思う。(男性:60代)

自動車関連の各種税金が高過ぎるので、 もっと税金を安くするべきである。(男性:30代)

地方では車は生活に必需でもはや贅沢品ではありません。 車がなければ子育ても出来ない、仕事にも行けない。 税金を現代にあったものに変えて欲しい (女性:40代)

古い車ほど税金の負担が大きいというのは反対。 海外では、古い車は税金の軽減もあると聞く。新車でハイブリッドカーというだけで、実質リッター8キロ程度しか走らない大型ミニバンとハイブリッドカーではないが、リッター15キロ以上走る普通自動車。どちらがエコなのか? (男性:40代)

自動車税は、その創設時は意味が有ったと思われるが自動車が必需品と言われて久しいのに旧態依然の税体系では不自然で取れるところから取るといった状況は打破すべきである。(男性:60代)

諸般の事情はあると思いますが、ガソリンの価額に対する税額が高すぎます。地方では交通網の状況からどうしてもマイカーの使用が必要に成ってきますので、各都道府県別にガソリン税を普及率に応じて決めて頂きたい。(男性:70代)

理不尽な税制に反対。(男性:50代)

税金アップより、国の無駄遣いをやめるほうが先。(男性:40代)

少しでも、税金の負担が無くなるように、無駄をなくす努力をしてほしい。 (女性:40代)

全体的に安くしてほしい。これが率直な意見。(男性:40代)