石川県

公共機関を利用しようにも台数が少なすぎて、自家用車はどうしても必要になるのが現実です。今まで働いていたころは負担にも思わなかったし、当たり前だと思っていました。でも夫婦二人とも年金生活になり、負担が大きすぎてとても困っております。(女性:40代)

10年経過の自動車税が上がるのは合点がいかない。(男性:70代)

車離れが著しいと言われているが、余計な税金を払わなければならない物に対し興味を失うのは当然だと思う。(男性:60代)

最近の車は故障しない、定期点検していれば車検は不要に思う。自己責任原則で保有すればいい。(男性:60代)

 自動車の税金に税金を上乗せしていること自体おかしいし。さらに、その税金に消費税を掛けていること自体納得できない。  地方では、車はすべての事で必要な(移動手段であり、スーパー等の買い物)等無くてはならないものである。  税制の根本的な見直しを検討してほしい。 (男性:20代)

そのうち、軽自動車の割合が増え、ガソリン販売量が減少して、税収の減少。 結果、増税となり、軽自動車の割合が増え、ガソリン販売量が減少し、税収の減少。 この繰り返しになると思う。(男性:40代)

自動車税の納め方も、もっと検討してほしい。 例えば分割納付の方法など。(男性:60代)

特定の人から徴収した税金を一般財源化すべきではない。 一般財源として使うのであれば、国民皆公平に課税すべき。 取れるところから巻き上げているようにしか見えない。 もちろん自動車ユーザーから徴収した税金を道路等へ使うのは賛成。(男性:30代)

生活圏の公共交通機関の整備状況で自動車の必要性が異なる以上は実用的な用途に供される自動車の減免制度を設けるなど一定の配慮が必要だと思う(男性:50代)

自動車に関しては、燃料を含めて多大な税金がかかっており、全体的な見直しが必須である(男性:40代)

赤字の地方交通路線の支援にも、コレが活用できたら、とても嬉しい(男性:30代)

田舎においては公共交通手段に乏しい故自家用車の必要性は高い。だからあまり生活への負担となって欲しくない。(男性:50代)

13年を経過した自家用乗用車から自動車重量税を上げるのは、納得いかないハイブリッド車の方が重量が重く納得いかない、 一般財源化で重量税は無くすべきだ。(男性:50代)

私達 地方に住んでいる場合、自動車は、生活の一部です。収入の減少で、自動車の買いかえも できず 今 使用している 自動車を 長く乗ると、税金が増え その税金も 何に 使っているのか…国の無駄遣いばかりが 目立ち 疑問しか残りません。自動車に かかる税金!全部 廃止すべきだと思います。(女性:50代)

車齢が古くなると買い替え促進で重課税するのではなくて関係する全ての税金負担が軽くなれば買い替え易くなると考えてはどうでしょう。自動車産業で成り立っているのなら国内需要を喚起する必要があります。(男性:40代)

税金の有効利用を真剣に考えてほしい。孫の世代に付けをを回さないでほしい。取れるところから取ろうということを今、見直すべきだ。(男性:60代)

自動車文化、経済活性化のために、できるだけ税負担を軽くすべきと考えます。(男性:30代)

自動車の走行距離による税制を検討すべきである。(男性:70代)

税金の二重課税を廃止、ガソリンに対する重税を軽減。走れば走るほど課税される現行の税制を改革すべしなど、会費を取っているJAFのやるべき事は沢山あると思います。(男性:60代)

近年の車は性能が良いために、整備さえしっかりしていれば13年以上経っていても故障や事故が無い限り、経年劣化による税率変更は遺憾である。 (男性:50代)

18年の重量税の増税はなぜ?古くなって重量が増えるとでもいうのですか? 若い人たちは、賢いので、税金を払わない方法を考えているのではないでしょうか?(益々自動車が売れなくなってくると思います。)(男性:50代)

とりやすい所からとられていると思う。 もっと声をあげるべき。(男性:50代)

自動車メーカーの味方する方向で消費者の事を全く考えていない。(男性:60代)

都市部では、贅沢税とも言えるかもしれないが、地方で車は唯一の移動手段であると言わざるおえない。地方再生からも、燃料費や税制面でも補填される措置があれば良い。(男性:60代)

取りやすいところから取っている。 政治屋のずるさを象徴しています。(男性:60代)

ガソリンに対する三重課税は納得がいかない(男性:20代)

今まで何気なく捉えていた車の税金について知ることができ よい機会となりました 自動車税と自動車重量税の違いについても初めて意識したくらいです:笑 ガソリン代の内訳等も初めて知りました やっぱり知ることは大切ですね(女性:30代)

取りやすいところから課税する財務省の姿勢に怒りを覚える。外貨準備の特別会計に100兆円を積んでいる。1ドル124円なら24兆円を儲けている。この儲けで借金をへらして国民負担を緩和していただきたい。(男性:70代)

メーカー、石油業界が声をもっと上げるべきだ。(男性:80歳以上)

年式の古い車というだけで自動車税を上げるのは理不尽。燃費が悪い分ガソリンを多く購入し、それなりに社会に貢献している。新しい物だけが良いものという単純思考には違和感を覚える。(女性:50代)

沢山の税金がかけられているため、非常に分かりにくい税制になっている。(男性:50代)

地方の郊外では1人1台必要。家族3人、3台分の税金に耐え切れず、2台は軽自動車になった。税金がもっと安ければ、普通自動車に乗りたい。(女性:50代)

自動車関係には税金がかかりすぎです。(男性:60代)

古い車ほど税金がかかるのは、納得いかない。(男性:40代)

全てにおいて、理不尽極まりない。「取りやすい所から取る」役人的発想である。今や自動車は「贅沢品」ではない(特にここ、田舎では)。ゴルフ用品、貴金属等に重税すべし。(男性:50代)

税の仕組みを簡単明瞭にした方が販売台数・買換えは増え、経済効果が上がると思う。(男性:50代)

二重課税など問題がありすぎ。 もっとシンプルな納得できる税制を望みます。(男性:50代)

今以上の負担増になるようなことは避けてほしい(女性:40代)

自動車税より政治家の給料を下げればいいのではないか?(男性:60代)

自動車税が、排気量及び経過年数によって決まる根拠が乏しく、変革の時期が来てるのでは?(男性:30代)

古い車の税金は高くなってます。 環境にやさしくないからかと思いますが、ある意味ではゴミを出さない訳ですから、環境に優しい部分もあると思います。 安くしろとは言えませんが、高くする必要はないように考えます。(男性:50代)

自動車税制の軽減を早急に実現して欲しい。(男性:60代)

節約して長く車を使うと「税金」が高くなるシステムは役人が考えそうな「徴収方法」で庶民からかけ離れている。(男性:60代)

自動車には、消費税がかからないようにして貰いたい。 税金に税金を掛ける様で、面白くない。(男性:60代)

年式の古い車の自動車税がエコに反するとかで高くなるのが納得できない。長く使用するのがなぜエコに反するのか判らない車1台廃車にするエネルギーと比較すると如何なのか?。年間の走行距離も関係するのでは?エコ車で毎日通期・仕事等で長距離走るのと、古い車で買い物等に年間千キロ程度の車とどちらがエコなのか?疑問に思います。(男性:60代)

地方は必需品であり所帯で二台目以降は税金を低くしてほしい。(男性:60代)

日常生活には欠かせないだけに、ガソリンの二重税は特に負担が大きい。地方では、収入も都会に比べたら格段に少ないから、名目を変えただけの増税に繋がる変更も嫌です。かといって、道路整備は必要。(女性:40代)

矛盾する課税が沢山あるので改善すべきと思います。(男性:60代)

税金に消費税を掛けることの意味を説明して欲しい。(男性:40代)

自動車税を未納な人がたくさんいると聴きます。特に、若者に多いと聴きます。厳しく取り立ててほしい。(男性:60代)