岩手県

根拠がない自動車税制はおかしい!(男性:40代)

自動車が無いと生活出来ない時代で、ガソリンも二重に税金を払い、古い年式の自動車に乗っていますが、税金の割り増しなどがあり、維持するのが大変です。かといって、自動車が無いと生活できないので、税金を何とかしてほしいのと、ガソリンの値段を安くできるように税金の見直しをしてほしい。(男性:30代)

東京や大都市では、公共交通が発達し自家用車を使用しなくても生活ができる。一方地方では公共交通が不十分で、通院や買い物等自動車がなければ生活できない。今や、自動車は食料品と同様の生活必需品であり、車両、ガソリン等に多重の税をかけるのはやめてほしい。(男性:70代)

税制のベースが「車は贅沢品」時代のものがベースになっているため、全面的に見直し改正するべき。(男性:40代)

とにかく理不尽に感じます。納税は義務だと思いますが、払う根拠を明確にすべき。(女性:40代)

岩手なので車がないと生活できません。給与はあがらず、むしろ下がってボーナスもないのに税金ばかりが上がっていき困るのが現状です。(女性:20代)

自動車に関する税金はあまりにも多用に取られている。 地方の為車は必須で年に一度の税は家計の大きな負担である。 又、震災もあったため家の修繕費の捻出も大変なのでその点の配慮もない。(女性:60代)

ガソリンのガソリン税に消費税が重なるのが絶対に許せない。即刻廃止!断固反対!(男性:40代)

生活必需品なのだから税金は安くするべき。保険関係も高すぎる。(男性:20代)

安心と安全の為に適切に使われるのなら多少のことは仕方ないが一部の不当な利益の話題を聞くと不信感が湧く。(女性:50代)

自動車税制は国民生活の変化に応じて見直しされていくべきと考えるが、課税目的が時の行政指導者の都合により歪曲されて課税されるのには納得がいかない。 例えば、交通網整備のための財源確保のための各種の税が、一般財源化されること等。 (男性:60代)

道路維持の為の税金として設定されたのに、一般財源化になって徴収されている意味が解らない。かつ、重複した徴税がされて、それを無駄使いされているのが許せない。(女性:30代)

まずは二重課税を解消して欲しい。 高速道路の料金も永久的に無料にはならないし、自動車所持だと駐車場や燃料、検査費用等々、負担が大きく、色々な形で自動車保有者から多重な税金を徴収しているのだから、これ以上の負担は勘弁して欲しいです。(女性:40代)

自動車税制がそもそも諸外国に比べて高すぎ、また車検制度もあり自動車に関する税制そのものが高すぎる。(男性:50代)

あまり頻繁には車を利用しないが、車を保有すべきかやめるべきか、費用がかかり苦慮しています。都会のようにカーシェアリングなどを有効に活用できればいいのですが、それもままなりません。さらに高齢になると必要度も高まると思いますので、税制の軽減を強く要望します。 (男性:70代)

自動車に関する税金を増税するのは、地方の交通の便を良くしてからにしてください。(女性:30代)

安易に取りやすいところから取っているように思える。道路の新設・拡張、維持ではなく一般財源ということであれば、即刻廃止してほしい。ガソリンについては、二重課税を即刻廃止してほしい。(男性:60代)

自動車関連書税の課税根拠には、アンケートで言われている物の外に、贅沢税の側面もあった。 しかし広く消費税による負担を強いていることに加え、生活環境の地域間格差を埋める意味合いも強いことから、税制廃止を強く求めます。 特に揮発油税に消費税課税は到底理解できるものではありません。 どこかおかしいこの国は???(男性:50代)

必要な財源確保のために誰にでも、わかり易い説明が必要だと思う。(女性:50代)

重課されるのであれば軽自動車に乗るメリットが少なくなると考える。(女性:70代)

税金に税を課することだけは即刻止めるべき。(男性:70代)

現在の状況は創設された状況と異なる部分が多いので見直すべきだと考えます。 ただし、税制全体を見直す中で自動車税制をどのような位置づけ、目的にすべきかを議論し、決定すべきと考えますので、単純に税制の廃止だけで議論すべきではないと思います。(男性:40代)

負担は極力さけてほしい。(男性:40代)

税金がこんなに掛かると、車が必要で乗りたくても乗れなかったり購入することにも抵抗が出てきます。税金に税金を上乗せして国民の負担だけが課せられていくのはおかしいと思います。(女性:30代)

すでに自動車税制は創設当時の目的を果たしているため、使用者が納得する適正な税制にするべき。(男性:40代)

課税の必要性も理解できるが、国民が納得出来る説明を希望。 当然、納得出来なければ賛成不可。(男性:40代)

自動車購入時や毎年の自動車税、ガソリン等多数の税金を搾取されているので、使途は道路整備や交通関係に係る研究費、環境対策等に特化すべきである。(男性:40代)

地方創生という言葉が喧伝されているが、地方において車は必需品。高齢者だって車がないと、どこにも行けない。都会に住んでいる人には分かりにくいかもしれないが、そうしたことに理解を深めてもらい、税率を軽減してもらいたい。(男性:60代)

税金を二重三重にしているのは、かなりおかしいと思います。(男性:30代)

自動車と道路は密接不可分な関係であるのだから、自動車に関係する税金はすべて道路維持費(補修のみならず、特にも除雪費など)へ充当されるべきであると思う。 (女性:40代)

現在の税制では、常に新しいクルマを買うことが強制されている。 1台の車を大切に乗り続けているユーザーに非常に不利である。(女性:50代)

車がなければ生活していけない地方など、特別な配慮も検討していただきたい。(男性:50代)

大切に長年 乗っている自動車の税金が高くなっていくのは腑に落ちない。きちんと手入れし大切に乗っているのに、税金が高くなっていく状況は『車は税金の安いうちに次々と乗り換えればいい。古くなった車は使用しない』など、物を大切にする事がないような感じがしてならない。徴収しやすい物だけ税金負担が多くなっているように感じる。(女性:50代)

都会では公共交通機関が発達しているが、田舎では車は生活の足になっているので、その足に税負担を強いられているのは、非常に負担になっている。(男性:60代)

車を持つことで、二重三重に税金がかかるのは、納得がいかない。(女性:50代)

結局は車関係からの税金が取りやすいのでしょうがない、税金を取って高速道路を無料にするとか、税金の使い道をはっきりしてもらえれば良いと思います。(男性:50代)

地方の人は自動車は必需品。そのような人たちからも高額な税金を徴収するのは反対である。(男性:50代)

現状、車は環境への負荷が大きく、事故による被害とうもあるので、一般的ユーザーの税負担はやむを得ない。ただ、車以外の交通手段が実用的でない地方は税金が少なくなる措置が必要と思います。(男性:60代)

自動車がなければ生活できない環境に近いのに、必要な道路の整備も不十分である。(男性:40代)

家計が厳しく新車新規登録から13年を経過した自家用乗用車に我慢して乗っているのに課税をかけられその他の税まで上げられるといくら経年しても新車に乗り換えられない状況です。(男性:50代)

必需品である自家用車に代わるものを用意できていない行政には、地方の必需品である自動車に税金をかけるべきではない。(男性:40代)

地方や自動車を使う仕事の人には必需品なので税率を低くしてほしい。(女性:30代)

消費税との二重課税は全て見直し必要。 高級車・外車等への課税強化。公用車の廃止。(男性:60代)

道路整備特別財源のためであったのに一般財源へ移行することは国民・ユーザーへの冒涜である。地方への道路特別財源での保留であれが考えてもよいがこのような改悪は正すべきであり、即刻税の廃止をしユーザーへの軽減を図るべきである。(男性:50代)

自動車関係にかかる税金は、その税金の本来の趣旨に沿ったものであるべきで、、一般財源化するなどはもっての他です。どうしても財源化したいものがあるのなら、自動車を使用している国民に納得のできる説明をしてからにしてほしいです。(男性:60代)

少なくとも、二重課税などの制度上の問題は解決すべき。(男性:40代)

古い自動車に対する重課に反対です。 本当に財源が厳しいのであれば、エコカー減税はやめるべきです。(男性:40代)

地方と都市の格差や移動手段としての必要性を加味せず一律に取れるところから取る方式自体を見直すべき。(男性:60代)