鹿児島県

税金の種類が多くて分かりにくい、複雑である。(男性:40代)

自動二輪のように道路に対して自動車よりはるかに負担の少ない物を増税しようとする不条理を不快に思う。(男性:60代)

どの税金にもいえることですが、まずは、如何に支出を減らすかや、その方策などが不透明なのに、税金だけはかくほをするというやり方自体が今の当たり前のような無駄な税金支出や必要以上の人員での活動だと思う。(男性:50代)

目に見えた税の使い方がわからないのも問題のひとつだと思います。 生活する上で、税金を支払うことは分かりますが、物価もあがり消費税も上がり。 日々が不安で仕方ありません。(女性:40代)

「取りやすいところから取る」という考え方はおかしい。「税金の使い方の改善」や郡部地区等の「生活の足」となっていることから考えて軽減を考えるべき。(男性:20代)

無駄遣いの財源になりかねないので、無駄遣い防止の意味も含め即刻廃止すべき。(男性:50代)

自動車の税金は全て廃止して、全ての国民が平等に負担している消費税で全て賄うべきである 全ての人が、道路を使っている。(男性:20代)

車齢13年超の車に乗っています。通常税率の15%増しでとても負担に感じます。いろんな理由を付けて取りやすい所から取るような税制は見直していただきたいです。(女性:50代)

税率が高いので引き下げるべき。(女性:70代)

自動車にかかる純粋な税金ならば、少々値上がっても仕方ないと思うけれど、自動車関連の税金があまりにも多方面に使われているは合点がいかない。(女性:50代)

政府の考えることについては、取れるところから取るとも思える、安易な考えが見え隠れして、低所得者が益々窮地に陥る。今や、車は地方では必需品である。(男性:60代)

自動車にかかる税金の使用目的を車社会に使用すべきであって一般財政にするべきではないと思います。カーライフの為に税金が発生するのであればユーザーは納得するでしょう。(男性:60代)

新車新規登録から13年が経過する自動車ユーザーです。ただその車に愛着があり好きで大事に乗ってるのに、古い車は新しいのに買い換えろといわんばかりに、重課されるのは、納得出来ません。 そういう考えは、車を大事に扱ってる者として残念に思います。(女性:40代)

新車新規登録から13年を経過した自家用乗用車には、自動車重量税および自動車税に対し、重課(より重い税率を課す措置)がされてきました。特に自動車重量税は平成28年度にさらに引き上げられ、軽自動車税おいては重課の措置がなされることになっています。 愛車を長く大事に乗る者に重課をしていく事が正しいとは思えない。(男性:40代)

必要な税金は払うが、二重取りとかは困るので、根拠を明確にして欲しい。(男性:50代)

車が生活必需品である地方のひとは 自動車税を軽減するべきである。(女性:50代)

多大な矛盾のある現行の自動車税は是非改正していただきたい。(女性:60代)

二重税制になっていること自体矛盾している。税は消費税そしてなおかつ重量税、取得税、自動車税等二重三重にかかっており非常に矛盾している。税は 一つとすべきと考える。(男性:60代)

1)自動車ユーザー代表として、JAFはもっと国に意見をはっきりと言うべきである。 2)国は税収を取りやすいところから取るようなことを昔からやっている。車の税金の使い方、道路の維持整備に限って使うべきと考える。一般財源は止めるべき。(男性:60代)

自動車税には反対。所得の多い人から税率を上げ徴収し、不足分を確保すべき 。(男性:60代)

車は、生活必需品なので、なるべく負担がないほうにもっていってほしいです。(女性:50代)

古いから、排気量が大きいから重税!となれば日本の車に対して文化レベルに到達する妨げとなる。イギリスの旧車は無税であったり、ドイツの安全意識に比べ、世界で車を売っているのに国民の考えが浅はかである。税金や燃費がいいと現行で所有している車をHVに乗り換えさせようとしているが、果たして本当にそれはエコなのか。そうではないのではないか。(男性:20代)

自家用車が贅沢品と考えられた時代の古い税制を見直し、軽減して簡素化するべきである。(男性:50代)

車は生活必需品であるので、税金は必要ではない。(男性:50代)

1975年型の車を所有しています。 排気ガスの基準を上回るとの事で現行車を上回る税金を毎年払わされます。 一年間に1000KM乗らない車なのに。 古い車を大事に乗ることは無駄な事でしょうか。(男性:50代)

地方には特に交通機関がないので、乗用車が唯一の交通機関なので都市との格差をつけるべきではないかと思う。(男性:60代)

おかしなことだらけな課税であると考える。(男性:40代)

大事に長年車を保有しているのに重課するのはもっての他、軽減すべき!!(男性:60代)

税金の在り方を考える機会を、多くの人が持つべきである。(女性:30代)

100歩下がって考えても払った税金に更に消費税が付くのは合点がいきません。(男性:60代)

自動車にかかる税金が一般財源化されている事自体がおかしい。(男性:50代)

インフラの整備されている都会に比べ、地方は車が必需品である上、所得も低い所が多い。環境問題とか理解出来る点もあるが、新車買い替えも安易では無い事を考慮し、税制検討を進めるべきと考えます。(男性:50代)

環境性能課税に異議あり!経年による課税ばかりが考慮され、走行距離を無視している。環境性能が良く年間走行距離が1万キロを超える車と古いがめったに走行しない車。どっちが温暖化を加速させる。たくさん走っている車の方でしょう!古いと言うだけで重課措置される。古くても大切に長期にわたって使っている美徳をどう考えているのか!(男性:50代)

いろんな物にも言えることですが税金に税金をかける2重取りはいかがなものかと思う。 また増税した場合増税分の負担ではなく現行税率分に丸ごと税金を乗せているところも見受けられる。 なんにせよ貧困層は保有が維持できないので手放さなければいけないのも事実である。(男性:40代)

自動車税の使い道をもう少しわかりやすく広く国民に、説明して欲しい。(男性:30代)

地方は公共交通機関が発達していない為、自動車が必要な人が多数いるので重税は良くないと思います。(男性:40代)

常に、二言目には、財源不足と言いいますが!! 使われ道に問題があるのでは? 第3者に詳細を明示すべきである!!!(男性:60代)

車1台買うのにどれだけ税を払うのか。 持ってからもどれだけ税を払うのか。(男性:40代)

車は生活必需品なので税金を下げてほしい。(男性:60代)

あまりにも普通自動車と軽自動車との税額が違いすぎる普通自動車も必需品として考えてもらいたい、もっと安くしてもらいたい。(男性:60代)

車の販売台数が年々減少している中、更なる重税は車経済に悪影響を及ぼすばかりで良いことは一つもない。それよりも掛かる税を廃止、または減税することで、もっと手軽に車を保有することが出来るようにすることの方が返って税収の増加、経済の活性化に繋がると思う。目先の増収よりももっと長いスパンでものを見ることが大切だと思う。(男性:40代)

税金でまかなわれている日本という国において、納得のいかない税金が多すぎる!国会議員及び国家公務員が地方の現状をしっかりと把握して、課せるなら、納得も行くが、車に乗らない都会の人間たちが、そもそも利用しないものへの課税は見直すべき!(男性:40代)

ハイブリッド車が普及して、CO2の削減に貢献していると思いますが、私は13年以上経過した車を所有して、時代に逆行しているありさまです。ただ、動く車を廃車するというのは、忍びないのです。車を長く乗るということも大事なのではないでしょうか。(たしかに排気ガス規制ではもうダメでしょうが)自動車税が結構重いです・・・(女性:40代)

負担がおもい。(男性:40代)