神奈川県

兎に角課税し過ぎであると思います。 車離れが加速すれば、それに比例して 経済の衰退も加速することでしょう。(男性:30代)

利用頻度(走行距離)で税率をきめるなど格差をつけるのも有りだと考えます。(男性:50代)

昔からの税制は取りやめて新しく何が必要か何に税金を掛けるべきか見直す時期である(男性:40代)

取得税と消費税、重量税と自動車税、ガソリン税に消費税が掛かるなど仕組みが複雑で非常に分かりにくいので、徴収に対する理解を得にくいのだと思います。 自動車の所有などに対する課税なのであれば、車社会への還元に充当して欲しいと思います。(男性:50代)

暫定で決めたものがいつまでも継続することにはおおいに反対である。(男性:40代)

自動車税制は永年にわたって不透明・不公正が多すぎる状態が続いている. 即刻見直すべきである.(男性:20代)

受益者負担という考え方を徹底すべきな一方、課税根拠を失っている一部税制については、直ちに見直すべきである。 また、必要性のない道路建設や整備は、後年に負担を強いるため、抑制すべきである。(男性:60代)

自動車税の不合理な課税が垣間見れました。ただの負担者にならぬようできる限りの行動を取りたいです。(男性:30代)

海外から見て、こんなに車の保持に税金がかかる国もあまりない。完全に若い世代が車から、遠ざかるのもこんな高い税金やガソリン代のせい。 財源ないから上げる。根拠ない税金は廃止するが、それに代わるものを設定。 本当に国内で車が持てなくなる世帯が大都市では起きる。(男性:50代)

道路の補修、修繕などかかる費用の分は税金として取られるのは良いとしても、2重に税金を取られていたり、過去の法律が何の見直しもなく、そのまま放っておかれるのは問題だと思います。 特に若い人が車に興味がなくなってきているのは、そういった維持費も含めてお金がかかることも一因ではないでしょうか。(男性:50代)

二重課税の根拠が不明。廃止して再検討が必要と考える。(男性:40代)

日本の税金は、取りやすい所から取ろうとしているので、よくない。自動車関連の税金は、当初の根拠を失っているので廃止すべき。(男性:50代)

新車登録から13年経過した車は燃費が悪くエコではないという理由も聞かれるが、車を廃車することにかかるエネルギーや、新車を生産するのにかかるエネルギー量は無視しているように感じる. また、車検時にかかる自動車重量税に関しては、道路整備にかかる費用というのであれば走行距離に応じた従量課金制にするべきと思う.(男性:70代)

自動車関連諸税の一般財源化されている事について反対です。 ガソリン税の2重課税は解消すべき。 (男性:60代)

まだ使用できる車を買い替えること自体が莫大なエネルギー消費に繋がる。車を長く乗り続けることも省エネの一つ。仮に燃費が悪くても、その分揮発油税を多く負担しているのだから、13年超の重税には絶対反対。(男性:40代)

軽自動車を買う理由がなくなり、普通車との差がなくなるのはいかがなものかと思います。 軽自動車の文化も大事だと。(男性:40代)

課税項目を簡単にして安易に理解可能にして欲しい。(男性:80歳以上)

自動車税は購入時や車検などシステム的に 課税されており、納税しなければ乗れない状況になっている。 もっと税金が安くなれば自動車の購入者が増え経済効果が上がると考えます。(男性:40代)

税負担が重いことから今後は自動車の購入・保有はしないようにしようと思っています。(男性:50代)

一般財源であるなら自動車保有の有無に不公平感がないようにするべき。 ガソリン税と消費税の二重取りの解消を早急にすべき。十何年も前からの課題のはず!(女性:40代)

長年乗っている車に対しての増税は即時廃止するべきであり、優遇税制にすべきでしょう。新たな自動車を作るのにどれだけの資源とエネルギーを必要とするのかとてもエコとは思えない 。  (男性:60代)

もっとわかりやすい単純な税制にするべき。(男性:60代)

自動車の維持費だけでも高額な料金が掛かるのに税金でも料金を支払わざるを得ない状況では自動車を持ちたいと思う人は減る一方だと考えられます。 ガソリンの二重課税も含め、税金が少しでも減ればそれを維持費に充てたりすることもできる。 もっと、自動車を持つ人の考えに沿って税金を考えるべきだと思います。(男性:20代)

自動車税は必要だと思います。ただし道路設備等の受益者負担であるべきだし、その透明性と内容の説明は納税者に対する義務であると思います。(男性:50代)

税の仕組みが複雑すぎます。 項目を簡素化し、使用頻度に比例した税制が望ましいと考えます。 (男性:40代)

私は、低所得者層の一人であるが、現在、車を1台所有しており、普段の生活費をやり繰りしながら、何とか維持しつつあるが、無論、現実は大変厳しいものがある。 政府は、次世代に対して、現行の制度をそのまま伝えるような政治的な取り組みについて、是非とも改めていただきたい。(男性:30代)

新車登録から13年経過した車に対する重課は、車を大切に長く使うというユーザーに対し失礼な施策と思います。(男性:40代)

自動車税を含めて自動車に関する税金は自動車保有者に対する施策の財源として活用することを望みます。 他の用途で利用するのであれば、必要ないと思います。 (男性:50代)

若年層の自動車離れの要因として、自動車購入と維持管理費などへの負担が大きいので、更に自動車販売台数は減少してしまうと懸念する。 その様な状況下での対策として、減税特に二重税の問題は早急に対策すべきと考える(男性:50代)

ある程度の税金はやむ得ないと思いつつも、欧米諸国に比べ極めて高い負担は見直しが必要です。また、良く言われることですが税制の簡素化も重要だと思います。 (男性:40代)

自動車ユーザーは既に過重な税負担をしており、さらなる重課には反対である。自動車関連税は外国に比較しても重課であり、コスト意識のない道路整備を行う財源とすべきでない。(男性:60代)

取りやすいところから取る、知らない人から取る、ということは絶対に許すべきではありません。 目的に応じて税金を取るのであれば、必ずその財源に使わなければいけません。 (男性:50代)

とりやすいところから取るという安易な発想は即刻辞めるべき。(男性:50代)

あまりにも税金をかけすぎると、自動車を所有することが負担となり、所有することを辞める人も増えるのではないか。(男性:40代)

車はもはや贅沢品でも何でもない。旧態依然の課税体制を即刻廃止し、万人が納得のいく課税体制に改めるべし(男性:50代)

自動車がステータスを表す高級材から庶民の日常生活の足になって久しく、また自動車の性能も上がり環境負荷も昔に比べ下がってきています。そんな時代の変化の中で、自動車を所有することに掛かる税金は昔同様種類も多く、額も多いのは納得いきません。取れるところから取ると言う発想でしょうが、他にやるべきことが一杯あるだろう…と思います。(男性:60代)

目的にそぐわない、税負担はやめてほしい。(男性:50代)

新車新規登録から13年を経過した自家用乗用車にかかる重課は即刻廃止してもらいたい。(男性:50代)

取りやすいところから税を徴収するという見本の税制です。二重にかかるガソリン税は即刻見直すべきですし、自動車取得税を廃止したなら、完全に廃止すべきです。JAFが中心になり自動車保有者に働きかけてください。 (男性:70代)

自動車を所有しているというだけで、二重三重の税を課せられており、不平等感をずっと持っていました。 老齢の父親の通院等のために、厳しい生活の中で車を所有せざる得ない者としては、「取りやすいところから取る」といった感じの安易な税制には怒りすら感じます。(男性:50代)

税金が安いから軽自動車に乗っているのに課税されるのは納得できない。 確かに軽自動車の性能は上がってると思うけど。 課税課税で貧困層は苦労してるのに勘弁して欲しいです。(女性:40代)

こういうアンケートが、本当に採り上げられる社会にしていくべきと思います。(男性:60代)

永く乗り続けたり中古を買った方が頻繁に新車を買うより環境負荷は小さいのに税率が高くなるのはおかしい。(男性:30代)

とにかく、自動車、燃料に税金をかけすぎだと思う 。(男性:50代)

昔は、自動車は贅沢品だったが、今は、必需品になっており、自動車取得税、重量税、ガソリン税の消費税など、不公平な課税は、問題。取りやすいところから取ろうとする、姿勢が見え見えです。(男性:60代)

自動車には理解しがたい税金が掛けられています。自動車を買う時はさらに消費税の上積みと税負担が多すぎます。(男性:60代)

13年を経過した、車を使用してるので重量税等の重課は、廃止再考を是非願いたい。(男性:70代)

同じような税金や税金に税金をかけるなど、矛盾している点が多く感じられる。(男性:40代)

自動車を保有するうえでの諸税の負担が重すぎる。すぐに改善すべきである。(男性:60代)

税制制度発足時は、自動車に対する税金は自動車は贅沢品、富裕層の取得品の考え方から、道路、道路管理設備の維持費負担との考えから、課せられる制度であったものであった。 しかし、現在自動車は大衆の必需品であり、経済の動脈としての位置付けから道路の維持費の考えから外して、環境保全の費用としての税に課せられるべきと考えます。(男性:60代)