熊本県

13年を経過すると、自動車税が高くなるのは納得いかない。本来ならば、安くならないとおかしい。(男性:40代)

環境の事を考えると…課税負担により車の台数が減るならば、多額の税金も仕方ないと思いますが…いちドライバーとなると、負担が大きいですね。 何とかなるなら、何とかしてほしいです。 又、田舎に行くほど…人口が少ないから仕方ないですが…道路整備がされていない現実。台風位で通行止め何て事のないくらいに整備してほしいと思います。(女性:60代)

ユーザーにはわかりにくい税負担であり、従前から大きな負担を強いられていることを認識していない人が多い。(途中の一般財源化含め) もっとみんなに知ってもらうためにも、今回の活動やさらなる周知活動を期待します!(男性:50代)

自動車税も所得に応じてかかるようにすると低所得者も自動車を持てるのでは!? 軽自動車の税金はあまり増やして欲しくない。(女性:50代)

直ちに自動車税制を見直し、特に地方の経済的負担を軽減すべきである。 また消費税引き上げにもかかわらず、本来の税率を上回る税率を課せる必要性が理解出来ない。その根拠を鮮明にすべきである。(男性:50代)

税制については、一度ゼロベースで検討しなおす時期ではないかと思います。(男性:50代)

とにかく、高い。もはや贅沢品ではないので消費税以外は課税する事は止めて欲しい。(男性:50代)

維持費が安い軽自動車の税金があがれば、あまり意味がないと思う。(男性:30代)

自動車税は不合理だらけと見えます。 ガソリン税も訳がわからないです。 政府は、しっかりと説明する責任があると考えます。(男性:50代)

自動車メーカーの者です。この様な増税ばかりでは、国内販売(国内消費)が落ち込むのは当然。庶民の足であった軽自動車まで増税しては益々売れなくなる。売れない→税収ダウン→スパイラルダウンである。(男性:50代)

とにかく何にでも車に関する税金を取りすぎです。例えば、地球に負担がある排気量や重量の車にもっと税金をかけるべきだと思います。(女性:40代)

自動車税は、負担大です 特に自動車重量税は、一般財源となった為、本来の目的を失っているのに継続しているのはおかしいです。(男性:70代)

ガソリン税の様に二重三重の税金が、掛かっているものもあるので、一度精査して改定が必要。(男性:50代)

税の重複加重は納得出来ない。(男性:50代)

自動車も携帯電話等も生活必需品には違いないが、自動車は特に課税負担が大きい もっと所有者が多く課税負担が小さくなる 普及品の税負担を検討してほしい(男性:50代)

都市部のように、公共交通が発展しているところでは、税金が上がる事で別の交通手段を検討する事が可能。しかし地方では、選択肢はないわけで、また都市部のように給与が高いわけでもない。地方に住む我々には税金が重くのしかかっている。また、税金の取り方もガソリンのように税金に税金を掛けるような取り方が多々見受けられ、腹立たしく思っている。(男性:40代)

自動車の保有者や特に地方の方に負担が偏った税制であり、また、一般財源化された今、理不尽な税制となっている。断固反対!!(男性:40代)

13年超の重課は非常に不合理。古い車は燃費が悪く環境負荷が高いと理由付けしているが、買い換えた方が環境負荷は遥かに高い。(男性:50代)

ガソリンなど2重税は納得いかない。(男性:40代)

税金を課す場合、もう少しわかりやすい説明が必要だと思う。 例えば、公共の電波を使って簡潔に伝える。(女性:50代)

交通機関の発達した都会と違って、地方では自動車が唯一の足代わりである。自動車税制は地方の国民を考慮したものであるべきではないでしょうか。(女性:60代)

ガソリン税が高すぎる。(男性:50代)

車やガソリンなど、ユーザーにわかりにくい税金がズルズル掛けられているようで、納得がいかないです。車がないと移動手段がない地方には、もう少し軽減でき、車が利用しやすい税制にして頂きたいです。(女性:40代)

地方に住んでいるものについては自動車は不可欠なものであるので、使用の都度負担すべきものに課税をして、購入時等の税負担は軽減して欲しい!(男性:50代)

長く大切に乗り続ける車に対する税金の掛け方に納得のいく説明をお願いしたい。 13年に満たない年数で買い替える事でエコになるのか? その根拠も全くわからない。(男性:30代)

地方在住のものにとって自動車は不可欠なものです。ライフラインの一環と考えます。軽自動車は生活必需品と考えるべきです。よって軽自動車の税率が上がるのは反対です。車種・グレード(仕様を含め)による税率を検討する必要があると思います。(男性:60代)

自動車関係の税制は取れるところから取れという理不尽きまわりない税制である。すべてに絶対反対。(男性:60代)

公共交通機関がない過疎地域に住んでいると、車は生活必需品である。また、年金生活をしているため新車購入は無理で、毎回中古の軽自動車を購入せざるを得ない。勿論作業で使う軽トラックもポンコツを修理しながら使っている。納税は国民の義務とは分かっているが、過疎地に住んでいる年金生活者には自動車税はあまりにも理不尽である。 (男性:60代)

自動車のみならず、全ての税金(年金、社会保険税を除く)、を重複しないで、消費税だけにしてしまう。(男性:60代)

自家用車(乗用車)に税金負担が多い。 田舎での生活していくのは大変です。(男性:60代)

車は昔から銭食い虫と言われてきました。それほどお金がかかると言うことなんでしょうが現在私たちの生活は買い物ひとつとっても車が必要不可欠です。生活必需品には税を軽くして欲しい。税金が足りないと言いますが、もっと他に始末するところがあるんじゃないですか?と思いますよ。(女性:60代)

自動車税の使い方が多様化した現在は、自動車税としては頑固反対。 他に必要ならその名目に合った税名とするべきで有る。(国民がわかる税の仕組みとする事)(男性:60代)

自動車に掛かる税が多すぎる、減らすべきである。(男性:50代)

自動車税をどこにどのくらい使ったのか明確にして、無駄なところには使わないで、本当に必要なところに使って欲しい。(女性:30代)

ガソリンに係る税は見直しが必要。 公共交通機関が不十分で自家用車を必要とする世帯への負担は避けるべき。(男性:60代)

日本以外の国を参考にして自動車重量税は廃止にするべきと思います。(男性:40代)

前々から、二重課税や根拠のない課税がまかり通っていること自体がおかしく、即刻課税を正常化すべきだと考えます。(男性:40代)

兎に角、税負担が重すぎる。 せめて、イギリスなみに(同じ島国)おさえて欲しい。   (男性:70代)

環境やエネルギー消費を考えると、公共交通機関を充実させるべきと思いますが、それが出来ないのであれば、車への税金は見直すべきです。(男性:60代)

自動車関連の諸税はとりやすいところからとる政策としか考えられない、私たちの住む地域では車は必要にかられて所有しており毎日の買い物にも車が必要。必需品としての車の使用については減税をお願いしたい。(男性:60代)

古い車ほど課税が高いのは日本だけでは? 古い車を大切にする文化は日本では無視されるのがおかしい。(男性:40代)

二重課税はやめてほしい。(女性:40代)

とにかく自動車関係には、二重課税が多い。(男性:50代)

公共交通がほとんど使えない地方に居ると、自家用車は必需品です。ローコストで使えることを願っています。 (男性:60代)

色んな形での重複税収なので、もう少し、スッキリしてほしい。(男性:60代)

取れるところから取るという本来の 税収の意義からはかけ離れた趣旨の ものばかり。即刻改正すべき。(男性:50代)

財源が厳しいのは分かるが、無駄な支出をまずは見直し、その上で必要性を論じるべき。(男性:50代)

年々、ガソリン代も上がりこれ以上税金を増やしてほしくない(女性:30代)

新車新規登録から13年を経過した自家用乗用車に大きな負担になっている分を見直してほしい。年金生活者は車を買い換えたくても簡単にできません。長く大切に使用しているのに何で税金があがるのかが納得できません。(男性:60代)

自動車の必要性からを重点に考え、所得に応じた税制にして貰いたい。 (男性:70代)