三重県

自動車を所有することで、メリットを受けている以上は、環境や社会に対して負荷をかけている事は事実であるため、根拠や必要性が明確にされた上ので課税は仕方ないと思う。 しかしながら、別の用途へ付け替えや 根拠・必要性が明確になっていない 税負担の変更は見なおしていく必要がある。(男性:40代)

あらゆる名目で課税されているのには納得がいきませんが、自動車が無いと不便なので、しかたなく所有しています。税負担が大きいのも若者の車離れに影響していると思います。(女性:70代)

税負担が軽くなれば自動車を購入する人が増えると思う。(男性:60代)

あまりふざけた事をいつまでも続けないように。JAFよりプレッシャーを政府にかけ続けるよう期待します。みんな裕福ではありません。給料が上がらないなか、ぎりぎりでの生活です。生活にどうしても必要なことはできる限り押さえていきたいです。政府は安易に事を考えすぎです。もっと庶民の生活レベルを考えてほしいです。(男性:50代)

車の税金多過ぎです!地方に住んでいて車は必須ですが車には色々な税金がかかりすぎていてかなりの負担で売ろうかと考えたりもします。昭和46年から自動車重量税がそのままなんておかしいです。課税根拠を見失っているのに国民から巻き上げ続けているなんて即刻廃止すべき!政府のなすがままではいけません。国民の声を政府に届けて下さい!(女性:20代)

不公正な自動車税は廃止すべきだが、やむを得ず継続するなら公共交通機関が発達していない地方は税率を軽減すべきと思う。バスに乗るにも20〜30分歩かなければならずそのバスも1〜2時間に1本では地方は自動車に頼らざるえないのだから。(男性:50代)

自動車税制を一般財源化などで後から理由を覆す方法はよろしくないと思います。自動車自体を贅沢品とみなすか、生活必需品と見るかによって税制も変わってくると思うので、公共交通機関との兼ね合いも考えて欲しいです。(男性:40代)

なぜ今も自動車関係だけが過重な税負担となっているのか?政府に対して国民に納得できる回答をいただきたい(男性:30代)

ガソリン価格等、税金に消費税をかけている様なおかしい税制はすぐ改善すべきです。(男性:50代)

車齢13年超・18年超の車が必ずしも燃費が悪いという訳ではない。燃費がいい車であっても、走行距離が増えれば環境への負担は増加する。従って、車自体への課税は公平ではない。燃料への課税とすべきだと思う。(男性:40代)

自動車は生活に欠かせないもので、安全で快適な道路建設、維持も必要ですが、明確な説明のつかない重複税制は問題がある。また、車は生活を豊かで楽しくしてくれるツールでもあり、低廉な税制改正が望ましい!(男性:50代)

今まで、知らないままで払っていた自動車に関する税金が、こんなにも不合理な課税があったのかと、このアンケートによりわかりました。(男性:70代)

自動車は生活必需品です。使う人の負担が出来る限り軽くなる仕組みが、出来ればとおもいます。(男性:70代)

あまりにも多くの種類の税金がありすぎることから、すっきりした形(税金の種類を減らす)にして、ユーザーにわかりやすくしてほしい。(男性:60代)

13年経過した自動車税の重課について、 金銭的余裕がなく、仕方なく車を買い替えられない者にとって、この重課はかなり厳しいので廃止してほしい。 税金は高級者を何台も乗り回しているひとから取ればいいのでは? (女性:50代)

まさしく今年度は、自己所有の自家用車が取得から13年を超えているために、15%もの引き上げの税金を支払いました。 大切に乗って来た車でしたので、この様な仕打ちはショックの一言です。 車は生活必需品です。とはいえ誰でもとっかえひっかえ替えられる物ではありません! (女性:50代)

色々な不具合や不合理がある税制だが、何より税に税がかかる現状には強く疑問がある。(男性:30代)

税に税を掛けているのが良くない。また色んな税を掛け過ぎです。年金受給の事も考えてほしい。(男性:80歳以上)

諸外国に対して自動車税など高すぎる。(男性:40代)

自動車は、生活する上では必要なもので、自動車には、いろいろな税金が掛かるのには、納得いきません。(男性:40代)

種々の課税が 道路整備財源として始めて 一般財源化され、地方の個人所有者に多額の税負担を強いる。 公共交通機関の整った 都市部市民との格差は膨大なものになる。 公平な税負担を要求したい。(男性:60代)

地方と都市では公共交通機関の利便性に差がある。都市に暮らす人には車は必需品ではないが、地方では必需品。もっと税を安くすべき。(男性:40代)

クルマを必需品としている地方や所得の低い人ほど負担が大きくクルマの保有ができなくなったりするため税率の見直しをしていただきたい。(男性:20代)

古くなっても使っているのに重税はおかしい。ものの大切さより、消費資源が増えるのがいいのか疑問です。(男性:50代)

最近は性能もすばらしく良くなる一方、車体価格も上がってきてるように思う。車を購入後にも自動車税などで苦しめられるので若い世代はどんどん車が買えなくなるのでは?と思います。(女性:30代)

古い車に増税は如何なものかと思う。 新車を買う余裕が無いため、中古車を買い替えながら所有している人も多いとおもう。弱い者いじめにほかならない。地方では車は必需品です。 (男性:40代)

税の負担はやむを得ない点は理解するが、その税を目的に応じて適正に活用してほしい。(男性:70代)

税金に税金をかけるようなことはやめてほしいと思います。(男性:40代)

ガソリンに掛かる税金について見直して欲しい。 消費税だけで良いのではと思うが。(男性:60代)

自動車は地方の人達にとっては生活必需品となっている。都会のように公共交通機関が発達している所は不自由はないかもしれないが、そうではない所では車が無いと食料の調達もままならない。特に高齢者世帯にとっては死活問題となっている。地方では必需品なのでもっと簡素化した税制にしてTAX ON TAXや税率を下げるようにして頂きたい。(男性:50代)

世界有数の自動車生産国が多くの自動車関連の税金を特別に徴収しているのはいかがな物だろか? また、消費税がアップするのだからこのような自動車のみにかかるような税金制度はすぐ廃止すべきと思う。 (男性:50代)

税を使う目的が道路や安全のために使われるのはいいのですが、それ以外に使用するのであれば目的外利用となるため即刻廃止すべきと思います。(男性:50代)

自動車税がうまく機能しているのか疑問です。 車がなくては困る地域に住んでいる人にとっては死活もんだいです。 (女性:20代)

物を大切にしているのに税金が上乗せされるのは、おかしい。(女性:50代)

都会では車は必要ないが、地方ではたいていの家庭が公共交通機関が不便で、車を持っているのにその所有者が重い税を負担するのは理不尽だ。(男性:50代)

昨年都会から田舎の地方に引っ越してきました。交通機関は都会に比べほとんど無く、自動車を使わざるを得ない状況になっています。生活の足となっている自動車の負担が大きいほど現状の生活が厳しい状態です。地方の声は届いているのでしょうか?JAFをはじめ、多くの関係機関の反対の声は地方にも届いています。(男性:30代)

軽自動車税が上がったが、非常に負担に感じる。また、登録後13年経過した車両は増額というのは、やはり納得がいかない。贅沢をしていないのだから、むしろ減額すべきと思う。(男性:30代)

昔は嗜好品とされていたけど、現代は生活環境で車が必要とされる事が多いので、せめて軽自動車や介護用や運搬用に考慮して頂きたいです (女性:40代)

重複した税体系は根本的に見直すべき。 大都市・金持ち優遇から弱者・地方優遇に基本的な考え方を変えるべき。 地方にとって車は生きるための絶対必需品です。 (男性:60代)

生活に必要な自動車に税金を掛けすぎ。(男性:50代)

今の自動車税はすべてがおかしい!根本的に考え直すべきだ。(男性:60代)

13年を経過した車には、『重課』とは何だ! 年金生活に入り、車も買い替えが出来ず毎日毎日手入れして大事に乗っているのに・・・日本の車は、性能が良くまだまだ十分に乗れるのに、弱いものイジメはやめて欲しい!(男性:70代)

ある意味しょうがないことがあるが、税金がかかりすぎ。 ガソリンの税金部分にまで消費税がかかっていることは、だれも納得していないのにそのまま改善されないのはなぜなのか。(男性:60代)

自動車税の使われ方が 不透明な点が多いのと 今まで 私たちも積極的に知ろうとしていなかったことが問題だと思う。(男性:50代)

所得の低い者は新しい車を買えないので益々重税を課せられるようになっていくようです。国の都合だけでなくこの国の車社会をどう維持していくかを考えた税制を検討してほしいものです。(男性:50代)

保有しているだけで高額な税負担を課せられるのには納得いきません。環境性能とやらが燃費性能で判断されるなら、ガソリンを消費した分だけ課税されるガソリン税が既にその役割を果たしています。税制を含め、車というものに対しての価値観や考え方が欧米に比べてあまりにも遅れていますね。日本経済を支えている大きな産業にも関わらず。(男性:40代)

取れるところから取るという日本の税制は 安易過ぎる。(男性:60代)

車検制度も含め、自動車関連は抜本的に見直しを行うべきです。 このままでは、自動車自体売れなくなる。(男性:40代)

税金の無駄遣いを無くし、暮らしやすいように考えて貰いたい。(男性:40代)

大都会の様に公共交通機関が十分でない地方においては自動車は必要不可欠であり、昔の様な贅沢品ではなく、無理をして所有している人も少なくなく、とりやすいところから取るという税制には、問題が多い。(男性:60代)