宮城県

いろいろと難しくてわからないので、少しずつでも勉強したいので、もっと取り上げてほしいです。(女性:40代)

理解不可能な税制がまかり通ってることに対し憤慨。贅沢品、インフラが整わなかった時代ならばまだしも、地方では生活の足として成人以上の家族数の台数が必要な状況。一般財源化は到底納得できない。ガソリン税に消費税を課す二重課税は言語同断。声を大にして行政、政府に言うべき。また法的手段に訴える必要があると考える。(男性:40代)

本来の目的の税から、一般財源に変えた事は、政治の姑息で安易な手段のようで納得できない。(男性:50代)

ガソリンの二重課税等以前から不合理が指摘されながら、ほとんど見直されず、あきらめ感がある。(男性:50代)

自動車離れが進んでいく中で、増税が拍車をかけるのに自動車産業会から反対が聞こえて来ない。(男性:50代)

使い道がハッキリしており、道路整備などの自動車に関するものだけに充てられるのであれば、ある程度は仕方がないと思います。 自動車税は、都道府県にとって重要な財源ではあるが、だからと言って車齢によって税金が上がるのはおかしい。愛着のある自動車を長く乗る事がいけないのだろうか。(男性:30代)

車社会が大きな転換期、次世代を見据えた体系を構築していく必要がある。 JAF等関係者の声を大きな輪の高まりにして欲しい。 (男性:70代)

道路は自家用車所有者のみが使用するのではなく、皆が使用しており、財源がきびしいから!と、車検+ガソリン関係を含め、自動車所有者に重税を課す事には疑問を感じる!(男性:70代)

現状の税制が継続されるのであれば、同じ道路を使用している以上、電気自動車にもガソリン税の様な負担をお願いするべきではないでしょうか?(男性:30代)

エコカーについては、もっと税制上の優遇措置を考えて欲しい。(男性:60代)

公共交通機関が地方において整備できていない以上、現在の税制は地方創生ではなく地方衰退に拍車をかけてるのが現実である。 地方創生を訴えるのであれば自動車で負担している税金を公共交通機関の整備に回すべきか、そうでないのであれば更なる減税や廃止などを問うべきであると思います。(男性:40代)

取りやすい所から取ろうとするやり方は不合理であると思います。(男性:60代)

海外の国では、長く乗り続けると税金が半額または無くなるのに日本は増税おかしくないですか?(男性:50代)

地方では公共交通機関が充実しておらず車は必需品で贅沢品ではありません。。(男性:50代)

誰でも納得出来る根拠を示し課税すべき。(男性:60代)

自動車に税金を掛け過ぎであり、税金を取るために、特例を設けすぎている。(男性:50代)

重複課税が多く感じられます。納得でき税仕組みに改革すべきである。(女性:60代)

地方都市在住です。 どこへ行くにも車を使用する立場からすると、維持費は非常に大きな負担です。 これからますます高齢化がすすむと、高齢者が通院や買い物に行くためのツールとして車は必需品だと思います。 車本体のみならず、燃料への二重課税は到底納得できません。 適正な税負担と、納得できる理由の税制にしてほしいと思います。(男性:40代)

自動車税は高すぎる 下げるべきです。(男性:70代)

税の徴収根拠が不明確のまま、引き延ばされているために自動車関連の税制を廃止すべきと思う。有料道路の通行料も含めて。(男性:50代)

地方在宅者にとって車は必需品 維持費はできるだけ低減したい。 また、年金生活者はもっともっと 費用負担を少なくしたい。(男性:70代)

時代が変わったので、取れる所から取るのはおかしい。一回ゼロベースにして自動車税制を考えた方が良いのでは。(男性:60代)

納得できる根拠のない税率や不合理な税を即刻見直しすべきである。自動車所有者の税負担が大きい。(男性:60代)

古い車は税金が高くなるのは物を大事に使う精神に反する。(男性:70代)

公共交通機関の整備が十分でない地方では、生活の足として自動車が必需品であり 年金生活者にとっては、車の買い替えなど無理で加重税率は、更なる負担です。(男性:60代)

とにかく不公平感が大きい自動車税は、根本的に改革してほしい。ただし、国民の意見を反映して。(女性:40代)

シンプルに自動車税一つにして、これを地方と国に配分するほうがよい。(男性:70代)

一般財源化され使途が不透明な状態であり大変遺憾に感じる。無駄なものに税金を使わなければこんなにまでも自動車に対し課税する必要は全くないのではないかと考える。政治家は自分の車など所有しないだろうから車が必需である国民の気持ちなどわからないのであろう。税金の無駄遣いを無くし税負担を軽減すべきである。(男性:30代)

好きな車を長〜く乗りたいのに、重課税をするのは、おかしい。壊れてもいない車を処分するのは、もったいない。(男性:60代)

田舎生活で車は必要不可欠なものです。年金生活者には自動車税、ガソリン税の負担は重荷です。(男性:60代)

昨年12月で13年超過し、今年の税金は39500から45,400円に引き上げられました。 現在年金暮らしで代替えもできない状況の中、来年の自動車税まで軽自動車にしようか検討中です。(男性:60代)

少なくともガソリンの二重課税は即刻廃止すべきです。課税分に課税、説明がつかないはずです。(男性:50代)

税金に消費税は前から疑問。 自動車ユーザーの税金の負担は大きい、自動車を保有することが難しいくなってきた。 車は今後買わない! (男性:60代)

あまりに多くの税がある、誰にでもわかる税制にすべきだ。(男性:70代)

高経年車両に対して課税額を増やすのはおかしいと思う。(男性:30代)

地方では車しかない。負担はなくすべき。(男性:50代)

暫定処置の解消をして現状に対応した税制にしてほしい。(男性:70代)

公共の交通手段の乏しい地方においては自動車は必需品であり、自治体の税収入が少ないと思われるので国と調整して税負担を軽減出来ないものか。(男性:70代)

自動車に関する財源は、自動車に関する設備・維持に使うべきである。 税金に税金をかけるのは何があってもすぐに廃止すべきである。(男性:40代)

地方と都会での自動車利用は違いがあると思う。 そう言った点などを配慮する事を考えてほしい。(男性:50代)

まずは、二重課税を無くすべき、税金に税が掛かる意味が理解できません。課税根拠を国民が理解できる税制を検討すべきではないかと考えます。(男性:50代)

全体的に税金は重課税(ダブり)になっているので、一本にすべきです。(男性:60代)

公共交通がない農村過疎地域の車には、軽減してほしい。(男性:70代)

車を長く使えば使うほど、税率が上がるのはおかしいと思う。リサイクルがどうのこうのと言うのならば、1台を長く使った方が、エコなのではないでしょうか。(男性:40代)

適正な税金を取って、有意義な活用をしてほしい。(男性:40代)

軽自動車に対する負担が大きくなってきていて、ずるいと思う。税金を安くするために軽にしてるのに、最近はそれもあんまり意味がないような気がしてきた。(女性:60代)

自動車税が13年目から増税になるのは納得行かない。新車の頃から燃費も変わらず大事に乗っているのにおかしいのではないか?(男性:50代)

消費税が10%になったら暫定税率は廃止すべきだ。(男性:70代)

ガソリンに税金をかけることは絶対反対です。消費税かどっちかにしてもらいたい。 地方は交通手段がなく、車がなければ生きていけないのです。都会と一緒にしないで欲しい。 自分の住んでいるところは、電車はなく、バスも1日何本かしか通っていないようなところです。いきるためには、車が必要なんです。(男性:50代)

納税したくなるような根拠と納税者が納得できる税金の使い道の具体的な説明が必要だと思います。(男性:40代)