長野県

自動車の税金体系はシンプルにするべき。(男性:30代)

自動車税が車の年式によって、税率が変わるのは、おかしいと思います。古い車を大切に維持するには、維持費も多くかかります。にもかかわらず、古いと言うだけで、税金を上げるのは、納得できない。むしろ下げるべきだと思います。(男性:50代)

現在、保有している車が平成9年車で、大事に乗っているのに、数年前から税金が上がったのは納得できない。(男性:40代)

贅沢品といわれる時代は、もう終わったと思います。田舎に住む者には、絶対必要なのですから。(男性:40代)

消費税が10%になる時に自動車税も含めすべての税金を考え治すべきだと思う。また、古い車の税率をあげるのは新しい車が買えない人たちのますますの負担になる。 偏った税制だと思う。(男性:40代)

長年、乗り続けている13年以上の車に、重課が課せられるのは納得がいかない。 新車をポンポン替える余裕がある、必需品ではない地域と、車がないと生活できない地域とでは、税金の考え方を変えるべきでは。(女性:20代)

本来の目的に向けて徴収・使用していただきたい。(男性:60代)

複雑に課税されているが、課税根拠がない上、税金の公平負担の原則から乖離し、生活必需品である地方では、加重な負担であるから、合理化し二重三重課税をなくし、課税の原則に則した課税方法に即刻改めるべきである(男性:30代)

電気自動車やハイブリッドが環境にいいからと減税、古い車は環境に悪いから増税。この考え方自体が間違っていると思う。専用バッテリーの廃棄や生産時のCO2も加味すれば環境に決していいわけでもないのに減税ってことがおかしい。古いものを大切にすることが悪いことなんでしょうか?(男性:40代)

都市部の公共交通機関が発達しているところと地方の公共交通機関が発達していないところでの自動車保有では全く意味合いが違う。 地方では自動車は日常の足であり、無ければならないものなので、もっと税金を軽減すべき。(男性:30代)

ガソリン税に消費税たいへん困ります。地方では老人でも車が無くては買い物に行けません。国会議員が大型乗用車に乗っているのをテレビで見ています。たいへん不満です。(男性:60代)

地方、特に過疎地は交通機関も発達していないので一家での台数も複数せざるをえないのが現状です。都会の恵まれた状況と地方の厳しい状況をもっと研究した自動車税制を検討してほしいと思います、机上の議論ではどうしても公平さに欠けるのではないでしょうか?(男性:50代)

自動車は地方の者にとっては絶対必需品。 税金は取りやすい所から取るという考え方は改めるべきだ。(男性:70代)

自動車に対し税が複雑に掛けられており、すっきりしない。もっと分かりやすく課税をするべきと感じる。 もっと本気になって政府は、改善するべきものだし、税を取ることばっかり考えていることが見え隠れしている。(男性:30代)

取れそうなところから取るという考えがおかしい。(男性:40代)

自動車にしてもガソリンにしても二重課税はおかしい。(男性:60代)

自動車もガソリンも二重課税だと思うので不合理を是正してほしい (男性:80歳以上)

とにかく、なんでもかんでも税金ばかりとられて、ゆとりのある生活などできるわけがありません。車の税金も毎年ではなく、5年に一回とかにしてほしいのが本音です。春になると、とても憂鬱になります。(女性:50代)

通勤や業務など自動車を必要不可欠必とする方には、税が軽減となる仕組みが必要。(男性:50代)

自動車の利用のために使用されている税ならば、負担するのは当然と思う。購入時に消費税と取得税が課せられるのは何故か判らないし、ガソリン代のなかに複数の税があるのもおかしい。環境、安全、教育、整備など自動車社会生活で生物に迷惑をかけないように、そうするために、税金を使用してほしいと思います。(男性:60代)

自動車に関わる税金の全ては、都会と地方の交通の利便性をもっと理解してしかるべきものだと思う。 世の中の税金制度で一番間違ったものと思う。(男性:40代)

税制をもっと単純化すべきです。(男性:70代)

新たな道路建設の財源でなく、メンテナンス財源を明確にして、税体系を再検討すべき。(男性:60代)

地方での地域生活にとって生活必需品となっている車両について、税制を解りやすくより合理的でリーズナブルなものにしていただきたい。 ユーザーの立場を忘れた税制施行の下では、地域のクルマ生活に支障を来し、ひいては地域経済の衰退を招くこととなります。 (男性:50代)

なぜ、13年超の車輌に重課されるのか明確かつ納得の行く説明が欲しい。 ガソリンの二重課税はすぐに止めて欲しい。(男性:60代)

自動車は昔は贅沢品でしたが、現在は必需品です。 自動車税は取れるところから取ろうの設定であると思います。 交通インフラに関する費用は国自体で考える問題であり、自動車税、重量税などのクラス別にランク付けして取るのを、再考する必要があると思います。(男性:70代)

ガソリン価格(揮発油税等)に消費税をかける行為は、許しがたい! 我々が文句を言っても駄目なので、動かせる「国会議員」が沢山必要では… (男性:60代)

自動車税に限らず、税金を正しく運用できない無能な政治家は、即刻お辞めいただきたい。(男性:40代)

新規登録後の重量税が経過年数によって変わるというのには納得がいかない。 まことにふざけた話だ。 自動車税にしても同じである。(男性:50代)

古い車は環境に悪いというが、新しい車なら環境負荷は本当に減るのか甚だ疑問である。 アイドリングストップ搭載車は、セルモーター・バッテリーに特殊なものを搭載しており、交換の頻度も高い。古い車でも大事に長く乗るほうがよほど環境に貢献出来ると考えている。(男性:20代)

大切に、大事に乗ってきた自動車に対し重い課税とは意味不明! 物を大切にし、長く使いこなすことの大事さを分かってない! 使い捨て文化を助長しているが、モノの根本から考え直さないと破滅の終焉しか見えない。(男性:40代)

二重に課税されているように思えて納得がいかない。早く改正して欲しい。 (女性:50代)

とにかく税の負担割合がたの課税品目に比して不公平である。(男性:60代)

課税根拠などに、納得できない部分がある。一定部分については、道路や大気環境汚染対策に使用するべき。(男性:60代)

物を大切に長く使うことに対して、重課を課すなど言語道断である。本当の省エネルギーに逆行する悪法は即刻廃止すべきだ。古くても燃費の良い車はたくさん存在する。田舎では車は一人1台必要だし、そうポンポンと買い換えられないし、気に入った車は長く保有したい。(男性:50代)

今年で自家用車、13年目になります。13年越えから税金が、新たに課せられると知り納得行きません。低所得者には、車を買い替える資金さえありません。丁寧に乗って、いるのが現状です。(男性:40代)

古い車を大事に使い、新しく車両を製造するよりエコな暮らし。なのに、新しい車を買えという税制には納得できない。(男性:50代)

ハイブリッド車は新車購入時から五年間位は自動車税を半額等の減税にするべきである。(男性:50代)

そもそも期限付きで出来た法律なのに延々と更新されてきていることが問題である。代替財源を考えずに一旦自動車税制は全部廃止することが必要です。その上でどうしても必要な税制は考える必要がありますが、財源不足を補うために復活することは絶対あってはならない。(男性:60代)

必要なものは負担すべきと思いますが、種類を整理し、根拠を明らかにしてほしいです。(男性:60代)

自動車は、国策なのか、長く大切に使い続けられないようになっていて、その理由の大部分は税制にある。エアコンや洗濯機を25年使い続けても(電気代、水道代)以外は負担増はない。(男性:40代)

財源確保と自動車関連業界の経済循環を促進するために、環境性能や製造年度のに応じた課税がされているのはわかるが、車を永く大切に乗り続けることが経済を回す仕組みも促進するべき。(男性:30代)

高速道路の料金やETCに普及も含めて考え、適正な課税にするべきと思います。(女性:40代)

所得の低い方々においては、減税対象外の中古車を買うしかなく、その分不公平な高額の自動車税を払うしかないのが現状ですね。せめて税金の分割払いやカード払いを可能にするなどの措置をとってもよろしいのでは?お金持ちの方々のほうが得をする構図が罷り通っているような気がしますね〜!(男性:50代)

地方に住む者として自動車は生活必需品です。地方の若者は都市部に凄まじい勢いで流出しています。普段の生活の足を子供にも頼めない、公共交通機関の廃止も進む中で、せめて、自動車税制は地方を優遇してもらいたい。 その他、若者の自動車は離れが加速する中で、国内の自動車産業を生かす意味でも自動車税制の抜本改革をしてほしい。(男性:40代)

税の納期限があり、払わないわけではないが、 生活費もありますので、一括払いの他に分割払いとか ありませんでしょうか?又、早く 分かっているならば、突然のように請求されるのは 如何なものでしょうか?他の税も皆同じ でしょうが、延滞金発生しない明るい納税になってもらいたいものです。 (男性:60代)

地方に住んでいるので、車は絶対必要です。少しでも税負担が減ればありがたい。 例えば、今のままの税制ならば二台目からは税金を割引してくれればとてもありがたい。(男性:40代)

複数台所有している個人・法人に対しては、累進的に重く課税するというのならば、それについてはやむをえないと考える。(男性:60代)

生活や通勤に欠かせない足となっている地方に暮らす人の税金は軽減するべき。必需品だから倹約はできないので、低所得者にとっては負担は大きい。税金だけでなく車検代やタイヤなどの消耗品も含めると相当の金額になる。(男性:50代)

地方の公共交通機関はものすごく不便で自家用車は必需品。 持たざるを得ないのにも関わらず、車を持っている人にだけ課税するのは絶対おかしい。 しかも、軽自動車の普及が進んだから課税するのもおかしい。 税金は所得が多い人からもっと徴収するべきだし、国家公務員等、もっと給料を見直すべき所は沢山ある。 貧乏人から徴収するな。(女性:30代)