長崎県

古い車を大事にするオーナーに税金の負担を大きくするようなことでは日本では自動車文化は育たない。(男性:60代)

自動車に関する税金なのだから一般財源ではなく道路整備など道路に関する物に使ってほしい。都会では道路も立派だが地方の田舎では国道でも舗装がガタガタだったりするのでそこに使ってほしい。 一般財源にするとこの車社会取れる所から取れ・・・でどんどん課税する方向に行っている。歯止めが利かなくなる。(女性:50代)

地方に住む住人にとって自動車保有は、生活していくのに必要不可欠であり、地方における公共交通機関のインフラ整備がなされないのであれば、自動車税制そのものを抜本的に改正すべき。特に課税根拠を失った税目は即刻廃止すべきでありまた、国の予算においても徹底的に精査し、洗い出せばムダな予算が必ず多くあるはず。(男性:50代)

現在、自動車は、生活の必需品なので、 税金だらけでは、負担が増すばかりである。 (男性:20代)

税金の見直しが必要。 特にガソリン。(男性:40代)

矛盾だらけ。納得いかない!(男性:40代)

税金が高いのは気になります 。(男性:50代)

自動車大国で有りながら、ユーザーに厳しすぎる自動車税関連。 あまりにも不公平。(男性:50代)

きちんと理解できる、わかりやすい税にしてほしい。 (男性:40代)

自動車対し税種目が多すぎる様に思う。(男性:70代)

自動車は今や生活の足であり、過去の様な贅沢品では無くなっている。 取り易いところから税金を取る、という考え方は改めるべきであり、暫定税率は即刻廃止、根拠の無くなった税金も即刻廃止すべきである。 税金に税金を掛けるガソリンは、違法であり、即刻是正すべきである。(男性:50代)

自動車税のことをもっとくわしく勉強しなければならないと思いました。自動車1台が、子ども1人分の家庭の負担相応だと、自分は思っていて、少子化の1つの原因であったり、結婚できない原因の1つであったりだとおもいます。(男性:50代)

複数所有している世帯の自動車税を軽減すべきと思う。 二台目以降半額などの対応を望む。(男性:50代)

13年経過の車に重課は省エネと、環境への 考えが根本だと思うが、経済的に買い替えが簡単に出来ない人もいると思います。 あるいは、重課になるなら買い替えよう。と、考える人もいると思います。 13年経過の車が維持、廃車、リサイクル( 中古車販売)の3つの内、廃車が増えたらゴミの山が増えると考えます。(男性:60代)

都会は公共交通機関も発達しているが、地方になると、公共交通機関はバスしかなく、バスは1時間に1本というのが普通であり、維持費はかかるが一人1台保有しないと生活が不便である世帯はかなり多い。地方では車は生活必需品であり、車を使わなくても生活できる都会で税金を取る話が進むのは、地方の者を切り捨てているとしか思えない。(男性:50代)

軽自動車と普通自動車の税格差がなくなれば、普通自動車を使用したいと考える。(女性:40代)

自動車税のみならずいろんな商品に対し2重3重に課税されており欧米並みに軽減すべきである。 弱者に対する負担が非常に大きく感じる。(男性:70代)

国税・地方税の違いはあれ、自動車を持っているということで、名目を変えて複数の税金を課すことはどう考えてもおかしいと思う。(男性:60代)

自動車を所有するための税金が多すぎる。 この制度を何とか廃止してほしいのでこのような活動を更に広めてほしい。(女性:40代)

本当に必要とされるならば税金を徴収されても仕方ないが、現在の税金は財源確保を名目の税金としか思えないので不満であり、納得できない故、重量税、取得税、ガソリン税など全て廃止してもらいたい。(男性:50代)

諸外国に比べて、なぜ日本が高いのかを検証する必要がある。自動車はもはや贅沢品ではなく生活必需品である。 世帯による保有台数等を勘案し更なる軽減をする必要がある。 国民に分かりやすい単純な税率を適用すべきである。また、ガソリン税については地域、とくに離島に対して特段の配慮をすべきである。(男性:60代)

自動車が欲しくても買えない人が実際にいるのだから、自動車がなければ生活が不便な人達に自動車が持てるようになる環境造りをしてほしい。(男性:50代)

一貫した筋の通った税制にすべき その場限りと思える税制改正?をするために理解を得られないものになっているのではないか。(男性:60代)

取りやすいところから税金を取ると言うことに反対。自動車は交通の便が悪い地方には必需品である。 税負担が加重であれば通院や買い物など生活にも支障を来す。(男性:80歳以上)

自動車については、何重にも税金が課せられている印象があります。また自動車には欠かせないガソリンにも、重税が課せられとおり、取れるところから取ってやろうということが負担です。特に地方は自動車が必要であり、これ以上の税負担には反対です。自動車税の使い道について、もっと厳選して、使用すべきでないでしょうか。(女性:50代)

車を購入したくても、税金を考えると躊躇してしまう。 免許取得者が一人一台保有する時代になりつつあるので、自動車を取得しやすいよう、重量税は廃止して欲しい。(女性:40代)

自動車税の税金の使い道を詳細に開示すべき。(男性:70代)

兎に角、自動車に関する税金はいろいろ多すぎる。明らかに重複した課税もある。もはや自動車は贅沢品ではない。自動車を標的にした課税制度は全面的に見直すべき。また、車を大事にして長年使用していることに対し、税金を上げるのは、車を早く処分せよと言っているようなもので、リサイクルの推進、廃棄物の削減などの時代の流れに逆行する。(男性:60代)

趣味で使うのか生活必需品なのかなど立場により様々な意見があると思う。 何が正解は私にはわからないがそれぞれの立場により平等に感じれる税のありかたを模索してほしい。(女性:40代)

自家用車は、かつては贅沢品だったかもしれないが、今は変わってきているのに税制が変わらないのはおかしい。また、二重課税はできないはずなのにそれがあるのもおかしい。他の分野で無駄を省き、自動車にかかる課税制度を見直すべきだ。(男性:50代)

地方では交通機関が発達していないので、車は必需品です 又年金生活者が多くなっている中車齢が13年越えている車に対しての増税は厳しい(男性:50代)

いくつもの重税には反対です。私が住む地方のような公共交通が不便なところなどは車がないと生活が出来ませんので、軽減してもらいたいです。(男性:50代)

財源の確保が難しいのは理解できるが、税金の無駄使いも見直してほしい。(男性:40代)

地方に行けば、交通機関があまりなく、 車は必需品なので、税金を下げてほしい 。(男性:40代)

交通の便が悪い地方では、一人一台の自家用車が必要である。少しでも減税をお願いいたします。(女性:40代)

ガソリンも上がり、自動車税も上がると維持費がかかり、家計負担大。田舎なので車がないと困るので頭が痛い。(女性:30代)

来年4月自動車税が上がるので、負担が大きく、10%あとも、やめてもらいたい(男性:30代)

自動車は、昔と違い、贅沢品ではなくて今や生活必需品である。田舎では、バス路線や鉄道路線の廃止もあり、通勤や買い物に必須である。車に掛かる各種の税負担は、廃止もしくは、軽減すべきであります。(男性:70代)

日本は税金が高すぎると思う。取れるところから取るのは納得いかない。(男性:50代)

地方で自動車は生活必需品となりつつある、そう考えると現状は税金の取りすぎである。(男性:50代)

ガソリン税の暫定税率は第一次オイルショックの時に、石油の消費を抑制するために設けられた税制で45年になります。殆どの車がハイブリッド化され、大変燃費が良くなっています。文字どうり暫定なのですからここらで廃止すべきではないでしょうか。(男性:70代)

車は必要なものでできるだけ生活に密着した程度のものを買うようにしている。一人で大きな車や、形にこだわったものがいいという人は別ですが、生活に欠かせない環境の人にとっては税金は軽減すべきである。年収が多くても少なくても買うカカが同じであるとは納得がいかない。(男性:60代)