奈良県

自動車税は、道路及び自動車関連のみに使用すべき。また、道路を造るにしても、歩行者に対して、もっと考慮するべきと思う。 (男性:60代)

長く所有することによって、製造する資源を使わない究極のエコカーだと思います。2000CCでエアコンつけても、リッター12キロ切ることはない愛車に増税する意味が解りません。新車と旧車の環境負荷に対するラインを示した上での増税ならば納得。(男性:70代)

税金を払っても道路の整備、特に車線や横断歩道など薄くなったままで何に使っているのかがわからない。もっとメンテナンスをしてください。(男性:50代)

受益者負担の考え方の課税は理解できますが一般財源化された税金については即刻廃止すべきと思います。そもそも税金の使途が不明で無駄が多いと思います。財政が厳しいのであれば、まず国会議員の報酬を大幅削減すべきと思います。(男性:40代)

自動車税にかかわらず、使途不明金となっている今日、政府に対して不信感しかない。一円たりとも無駄遣いや私欲のために使われては理不尽なので、税金のあり方について異議があります。(男性:40代)

車は現在社会では必要不可欠なものでありながら、その本体の価格は勿論、維持にも税金を含めて莫大な費用が必要となっており家庭生活にまで影響を及ぼしています。 家庭生活にはそのほかにも税金は大きくのしかかってきます。せめて車にかかる税金だけでも軽減してほしいと思います。(男性:30代)

保有に関しては購入時の消費税のみとしてほしい。道路財源として税を確保したいならば、ガソリン税を上げても構わない。また、環境課税とか言っているが、すべてはガソリン消費量に比例するので、これもガソリン税で賄うべきである。自動車を所有していても、よく乗る人とあまり乗らない人で負担が一緒なのはよくない。(男性:40代)

国(政治)の財源不足を補うために課税されている感が強く、本来の自動車税の趣旨から逸脱しているのではないか。(男性:50代)

公共交通機関の不十分な地域では生活の足として必要不可欠、税金のとりやすいところからとってしまえというようなかんじ。本当に納得のいかない負担を強いられて困っている人はいます。滋賀県の琵琶湖大橋だって無料にならなかったのは納得いかない。(男性:40代)

暫定税率は廃止すべき。財源が必要なら、正式に増税すればいい。(男性:40代)

高速道路利用料は工事費用が回収できた段階で廃止しなければならないくらいの法律を作らないと。もう、国会議員の裁量には任せておけない。(男性:30代)

地方に住むのに、車、ガソリン、道路は、必要不可欠なもの。それを維持するために、税金が必要なものだということもわかる。だが一方で税金が首をしめている事実。自分たちが払った税金が自分たち使われているのかな。(男性:30代)

地方や障害の有る方は、生活の足として使用されており、過重な税負担をしてはいけない。高級車や道路使用の多い車や重量車の税を上げるべきです。(男性:60代)

税収の不足を補うために文句が出にくい車への課税を行ってきたことにより多種に渡る税が発生しているので、この際単純にすべきである。 (男性:60代)

ハイブリッド車、EV車、燃料電池車等の購入しやすい税金してもらいたい (男性:50代)

国の財政が厳しいのは分かっている。相当苦しいが、当然課税には協力している。ただ、相応の使い途をしていただきたい。地方の道路はある時点から維持修繕が滞っていると感じる。公共事業は悪のような政策をもって人気取りしたいのはわかるが、地方公共事業にしっかり財源を確保していただきたい。(女性:40代)

制度が古い。また、暫定税率の恒久化など問題も多い。一度全面的に見直さなければならない。 また、ガソリンにかかる税のいい加減な仕組は即刻是正すべき。 (男性:40代)

一部の高級車を除き、もはや自動車は贅沢品ではなく生活必需品である事に間違いはなく、自分たちが使っている道路に税が回されるのであれば恩恵えお受けるので仕方ないとも思うが、自動車ユーザーに恩恵を受けない使途不明な用途に使用されるのであればそもそも自動車関係の税を取るべきではないと思う。(男性:20代)

バス、鉄道等の公共交通機関の整備が進まない(または過疎化で廃止されていく)地方においては、世帯で複数台の車を保有せざるを得ないため、該当地域・世帯においては税金の軽減等の対策を、一方で車の保有の必要性の低い地域では重課をする等の対策の実施を是非していただきたい。(男性:40代)

車にかかった税金が車道路以外に使用される、長く大切に使っているほど税金が高くなる、など課税側の論理での課税システムが多く納得がいかない。(男性:60代)

こんな状態だから、若者の自動車離れで、よけいに、景気に悪影響だ。(女性:50代)

車がないと生活できない地域に住んでる者にとって、税金の負担はかなり大きい。 せめてガソリンに税をかけるのはなくしてほしい。(女性:50代)

自動車離れをしている人も年々増えている現状で、自動車保有者ばかりが負担をしいているのは何だか納得がいかない。保有しているから仕方がない!ではなく。ただ趣味だけではなく保有しなくては移動が困難とゆう場合もあるのだから、車を保有するだけで金銭の負担が生じるのに更に負担が増えている現状を見直してほしい。(女性:30代)

JAFもアンケート結果を受け止め、関係省庁への加重な税負担の軽減要求を今まで以上に強力に推進すること。(男性:60代)

自動車重量税は自動車の区分ごとに重量に応じて定められているのに、車齢に応じて税率を変更するのはどのような理由によるものか疑問である。 また自動車にかかる税金を一般財源とするのは本来の目的から逸脱しているので、いつまでたっても減税されないのでこちらも疑問に思っている。(男性:50代)

自動車税を含め税金については適正で根拠のあるものにしていただきたいです。暫定税率は暫定期間中に代替案を考える等が必要であるしできなければ期限が到来したら一旦元に戻すべきだと思います。(男性:30代)

ややこしい税体制で複雑。だれもが、納得できるようにして欲しい。(男性:50代)

現行の自動車税制は、自動車が贅沢品であった過去の認識を引きずっています。 現在では、自動車は既に生活必需品の一つであり、特に政策として地方再生を目指すのならば、見逃せないファクターであることは言うまでもありません。 自動車所有者に重い負担を課す現行の税制では、長い目で見れば我が国の自動車産業、引いいては地方の衰退を招くでしょう。 (男性:20代)

結婚の際、運転免許証と自動車を持っていることが条件に成る田舎もあり、結婚しない若者が居ることを考えてもらわないと、少子化の改善は進まない。(男性:60代)

「道路整備のための財源」と言いながら、近年は道路整備(補修)十分にされていないため危険な道路が増えている。 目的を果たせないなら廃止すべき。(男性:40代)

このアンケートで初めて知ったことが多く、取られ過ぎなんちゃうかと思わされました。(男性:50代)

今や一部の排気量の大きいものは別にして、自動車は贅沢品ではない。山間部などでは必要不可欠な乗り物なっている。また、ガソリン税に消費税を課税することは納得できない。自動車に係る税金はゼロとは言わないが、根拠を明確に課税してもらいたい。(男性:60代)

重量税と取得税は矛盾を感じる。(男性:60代)

納得のいく、税金の使い方、この税金の徴収したものは、何々に使うとはっきり示されれば、納得のいく納税を行うし、国民すべてが、納税する気運になると考える(男性:50代)

車は欲しいが、維持費が高くて買えない。 特に若者の任意保険と併せた負担が大きい。 国は車の需要を減らしたいとしかおもえない。 自分の子供にもある程度歳をとって維持費が少なくなってから買うように指導します。(男性:40代)

人口も減少傾向にある中で、あまり過重な税負担を強いていると、自家用車の所有者も減少してくるのではないでしょうか?(男性:70代)

制度ができた当初から大きく環境が変わっているにもかかわらず、見直すことなく、当然に従来の制度が残り続けるのは納得できない。課税を続けるのなら、現状で見直し、一から制度を構築し直すべきだと思う。(男性:50代)

車の乗り換える余裕がないのに、長く乗れば乗るほど税金が割り増しになるのは納得できません。(男性:60代)

車離れが問題になっているなか、これ程掛かっているのならますます 購入意欲がなくなる。(男性:50代)

長く乗っている人こそ買い替え時購入補助を付けるべきだと思う。税率を2倍以上にする事に対して、長く乗っている事が悪いみたいに感じる。(女性:30代)

最近の車価格は以前より値上がり傾向にあります。その価格の上に消費税および諸々の税金が課せられます。車離れになるのも当然です。高速料金が高く道路整備はこの料金にてまかなって頂かないと困ります。 すでに車は贅沢品では有りません。必需品です。 不要な税金負担は避けて頂かくよう要望お願いいたします。(男性:60代)

奈良県の超過疎地域に住んでいる者ですが、戸数14軒で村の行事活動に支障をきたすほどの高齢者がおり、病院やスーパーに行くにはどうしても車に頼らざるをえない面がある。車にかかる税金を免除できないのか。年寄りにスーパーなどに行くときは声をかけてほしいと、いっても遠慮をするのでどうにもならない。何とかして!(男性:60代)

知れば知るほど、自動車に乗る者に負担が押し付けられているような気がしてなりません。 (女性:40代)

二酸化炭素、窒素酸化物対策としてある程度の理解はするが、短絡的に過ぎる。基本は物を大事にしてできる限り長く使うことである。きちんと整備された古い車が現役で あればむしろ税率を下げるべき。物を大事にすることを否定するがごとき政策をとるような国の国民の心は殺伐としいずれその国は滅ぶ。(男性:60代)

課税根拠のない税は廃止すべき。 外国に比べて過重な税負担は苦しいが 将来の道路など社会インフラを維持して いくために有効に使ってほしい。 それ故、課税根拠もなく一般財源化して 流用することは許せない。(男性:60代)

よくわからない。税金の無駄遣いをなくさずに課税が増えるばかりで、結局なんのために払うのか。(女性:40代)

自動車に関わるお金が莫大にかかることから、自動車の売り上げものびず、また若者の車離れが拡大していると思う。 なので、税制についてもう一度業界等交えて、検討していただきたい。(男性:30代)

とにかく生活水準の低い弱いものいじめになる税制の仕組みを改善してほしい。。(男性:40代)

地方は道路が過剰とも言えるほど整備されており、税金に見合う恩恵を受けている。一方大都市では自家用車を使う頻度が低いにもかかわらず、重税を課せられている。(男性:60代)

仕事に絶対車が必要な人がいるので自動車税は廃止すべき。(男性:50代)