新潟県

二重課税は絶対反対です。徴収しやすい所から取るは良くないと思います。(男性:60代)

車齢によって一律に重課税としているのはあまりにも安易な考え方。2台所有して車齢が13年異なるが、古い車の方が燃費も上回っている現状。(男性:40代)

自動車にかかる重複している諸税が、年金生活をするようになってから非常に痛手に感じている。かといって、居住地の交通事情から車は日常生活に必要で、今の状況では車のない生活は困難を極める。 (男性:70代)

JAFは自動車ユーザーの意見を反映して欲しい。(男性:50代)

我が家は三世代同居です 以前はミニバン乗っていてお墓のお参りやイロイロ家族で出かけていました。 車が13年目でしたがとても元気でした。 でも税金が増えるとデーラーに言われて手放しました。 きちっと整備して乗っていればまだ乗れるのに税金のせいで手放すのは悲しいです。 (女性:40代)

地方住民は、都会に比べて自動車なしで生活する事が困難なため、各家庭に最低一台は所有しており、成人は仕事や家庭の都合上、一人一台が当たり前になっている。 よって、自動車税制に関して、収入が少ない地方の負担が大きくなっている状況には納得いかない。(女性:30代)

取りやすい税対象から課税するという安易な政策、自動車は贅沢品ではなく生活必需品である。抜本的に見直すべきと強く思う。(男性:50代)

今年15年目の車検をとりました。良い物を長く使用したい人も多いと思います。 過重な負担はそういう納税者の感情を逆なでする税制度です。(男性:50代)

取れるところからとるという考え方が財務省。はじめに使う金を決めておき見合った額を税金で徴収するという財政のあり方が問題。特にガソリンの二重課税や13年超の自家用乗用車に自動車重量税、自動車税に重課を課すと言うのはおかしい。大切に使って新たな資源をつかわないほうがよほど環境にやさしい。詭弁を弄さず世界を見て筋を通した税体制にするべき。(男性:60代)

ガソリンの二重課税をはじめ車の保有維持には多額の経費を要し家計を圧迫している。公共交通網の少ない地方に住む者にとっては自家用車は必要なものであり税金も負担しているが、自動車税が一般財源化されたことには納得できない気持ちを持ち続けている。(女性:60代)

税制には色々とおかしいところが満載。 憲法の二重課税禁止の原則を忘れているんじゃないかと思うことが多々存在する。 ガソリン税に消費税がかかっていることを認識して以降、政府の増税政策には疑問ばかり。 (男性:40代)

地域によっては四輪駆動が必要な地域があり、車の価格だけでなく、燃費性能からして負担が大きい。軽減税処置を考えて欲しい。(男性:40代)

交通の便が悪いから田舎者は車に乗るしかないのです。雪の降らない大金持ちで高級車を何台も所有してるような方々が沢山税金を払うべき。生活環境の悪い地域には配慮すべきだと思う。電車やバスで通えるならば車になんて乗らない。(女性:50代)

地方は車が生活の必需品なので都会など、交通の便が良い所とは考慮してほしい。(男性:60代)

気に入った車を長く使用することは、資源の有効活用になり、結果、エコだと思うので、自動車税の割り増しには非常に不満です。(男性:60代)

なるべく理解しやすい税制にしてほしい。(男性:40代)

諸外国に比べて日本は総体的に自動車に関わる税金や保険等にお金が掛かり過ぎではないかと思います。(男性:70代)

自動車税を本当に道路維持、安全走行維持に利用されるのなら、問題とする必要はないのですが、代議士の人気取得の為の道路建設等に利用されたことを考えると、税金の透明性を確りとして、納得できる利用方法をきちんと示して欲しい。(男性:70代)

米国の自動車を主とした社会環境とは日本は現時点で差があるが、少子高齢化社会ではますます個人用の自動車を必要とする地方が増加すると思う。自動車への税負担を軽減されるべきとおもう。(男性:60代)

地域毎の実情に合わせた税率にする。(男性:60代)

環境を考えると、自動車税も仕方ないと思うが、しかし、税の負担が少ないことにこしたことはない。(男性:60代)

二重課税は違法のはずですが、車に関する税金はことごとく違反している。遊びだけの目的で車を所有している人はいないと思う。国は取り易いところに課税しているような気がする。(男性:60代)

今回のアンケートにより税の事がより分かりました。高額な税金に見合った使われ方が見えない以上は廃止して欲しい。低所得者には大変な負担です。(女性:40代)

税の種類が多すぎ、都心では車の代わりになる交通手段があるが、地方では難しい、あれこれ名前を付けた、税負担を軽減してほしい。(女性:50代)

税金が高くなれば、車を必要としている地方では大きな負担となり、死活問題である。また、若者の車離れにも繋がると考える。(男性:40代)

全国一律の税金より地方の車が必要な地域の軽減など工夫をしてほしい。(男性:50代)

地方は公共交通が整備されていない。だから自動車を持たなければならない。車両費、車検代、スノータイヤ等、都会より出費になる。 地方は生活必需品。本来は非課税又は軽減税率の適用品である。(男性:60代)

国民からどれだけの税金を取るのですか。税金に更に税金を掛けて、過重に取っている税金が地方の人間に恩恵はあるのですか。ほとんどが都会に使われてしまうので、地方は踏んだり蹴ったりです。絶対に見直す必要があり、使途の一般財源と書かれていますが、実際はどうだか国民にはまったくわかりません。断固、軽減してください。(男性:40代)

重量税は道路整備、燃料関係の税は環境整備等など税の使い道のはっきりとしたものとしていただきたい。お金がないのかわからないが、道路の補修が行き届いていなくひどいです。国道でも。(男性:50代)

家計に裕福な方は課税に得な車に変える事が出来るが余裕のない者は例えば登録から13年経過したした税率の高い車に乗るしか有りません。不公平な税制だといつも思っています。 ガソリンの暫定税率もいつまで暫定なのでしょうか?とにかく車に関する税が多く、又高すぎる。(男性:60代)

地方に住んでいる人は都会と違い車がないと生活が出来ないのが実情で、低所得者が多く最低でも軽自動車でと思っていたら自動車税をはじめ各種税金、保険、等々値上がりをして生活が益々苦しくなってきています。高速道路の割引もそうです。(男性:50代)

地方と都市部では車の重要度が全く違う。でも税金が同じなのは納得いかない。地方では車は贅沢品ではありません。 ハイブリッド車がエコになっていることがわかりません。 古い車でも大事に長く乗っている方が遥かにエコだと思います。 車1台の寿命でどれだけ環境負荷があるべきかで課税するべきです。 いろいろあるが、税金はもっと大事に使って!! (男性:40代)

地方に暮らす者として、自動車は必需品です。どうしても自動車税を継続するのであれば、公共交通手段が充実てしている都会は高く、車が必需品の地方は安くもしくは無くすくらいの英断が必要。(男性:50代)

自動車関連の税は一括で簡明に制定すべし。 又全て地方に移管すべきと考えます。(男性:70代)

車は買っても、持っているだけでも金が掛かる。国はまだ車を贅沢品だと思っている。若い人が負担無く車を持てる様に税金を無くさないと駄目だと感じる。(男性:50代)

不透明な税金はなくしてもらいたい。(男性:50代)

地方に住んでいる人には車が無ければ生活出来なく必須のものです。収入が少なくても車が必要で中古車でも支払いが大変な方々が大勢います。ローンを組んで毎月返済だけでも辛いのに、尚且つ税金を払うなんて、とんでもない事です。格差に役人は気付いているのでしょうか?車の維持費も半端ありません。車は今や贅沢品ではありません。(女性:60代)

車離れが進んでいる中での増税は、この状態を加速化する。(男性:50代)

高額車、スーパーカー、東京などの都市部で公共機関などが過剰にある場所に多く課税するべき。地方は軽減するべき。(男性:40代)

きちんとした根拠を示して課税してほしい。(男性:30代)

軽自動車税は自動車税と比較して相対的に安いから売れてるからという理由だけで値上げする事は、全く理由にならないし納得出来ない。更に永く大切に乗るという日本人の美徳が罪悪のような加重自動車税制は、全く理解出来ない。(男性:50代)

とにかく税金かけ過ぎだと思います。 国は、下々の者に負担かけ過ぎ。 コストダウンに勤しみ、こんなに課税しなくてもいい様にもっと考えて欲しいです。(女性:40代)

都会生活と比べると、地方(田舎)は公共の弁が悪くて、一家の成人数だけの 車を必要で自動車税の負担が大きく のしかかっています。(男性:70代)

自動車関連税はとれるところから取ろうという意図が見え見え。公共交通機関が発達している場所の住民はそもそも自動車を使う必要がないので、自動車関連税を支払う必要もない。地方の住人は公共交通機関が未発達であるがために、自動車が必需品なのにも係わらず、過大な税負担を強いられている。大いに不満で、不公平。(男性:60代)

根拠や意味のない課税が多過ぎると思います。納得のいく説明もなく、納得のいかない課税・増税。納得されてる方もおられるでしょうけど、少数では? 全ての国民の同意は無理です。しかし、もう少し民意を反映して頂きたいです。(男性:40代)

古い年式の乗用車に重課税は、物を大切にする心を踏みにじるものと思います。 軽整備、日常点検を自ら行っている姿を子供たちに見せる事も家庭教育の一環と考えている物にとって理解できない税制と感じています。(男性:70代)

揮発油(ガソリン)税に消費税を上乗せしている感覚が理解できない。財源を確保するためなら、別の名目での負担を考えたほうが納得できる。それにしても、燃料の3分の1が税金なんて、あり得ない。(男性:40代)

とにもかくにも車には税金がかかりすぎる。年金生活者には大変重く感じています。(男性:60代)

公共事業のために設立した税であったと思います。もう役目終わったので廃止すべき。(男性:70代)

ハイブリッド等の低税車は環境問題に対応できているかもしてないが、すぐさま購入できるのはあくまでも、富裕層である。私自身、地方にすんでいるので、自動車自体、生活の一部である。(男性:40代)