大分県

税金がとにかく多すぎる。(男性:60代)

新たな税制度を作り、さらに所得や生活状況に応じて免除制度をつくるといった無駄な経費と労力を使うより、現状を踏まえ、根本から見直すくらいのことをしてほしい。(女性:50代)

自動車購入や所有など、自動車を狙い撃ちにしている現在の税制は即刻見直しするべき。 産業やユーザーに対して公平性に欠ける。(男性:20代)

初年度登録から13年を超えた車の増税はいかがなものかと。(男性:30代)

自動車が贅沢品で、車を持てる人から税金を取るという時代の課税制度で、誰もが持つという現在において、根本的に見直す必要がある。(男性:50代)

シンプルに分かりやすくしてほしいです。(女性:50代)

田舎に住んでいる限り、公共交通機関が人口減とに対して、縮小廃止傾向にある。 車は必須で、生活にはなくてはならないもの。 人口比率や、公共交通機関の発達等考慮して、都道府県別で税金の増減があればいいです。(男性:40代)

変な二重課税は速やかに是正してほしい。(男性:40代)

名前を変えていろいろな税金を作り、車を維持するのを困難にしているかのようです。(女性:40代)

古い車に重課するのではなく、基準となる環境性能に対してどれだけ劣るかで環境対策税のようなものを払った方がわかりやすい。税金の使い道をハッキリさせた目的税なら理解されやすいが単なるお金集めが目的の税金では納得できない。そもそも税制を複雑にしてわかりにくくすることで問題提起できないようにしているように思える。(男性:50代)

国民には納税の義務があるとはいえ、かつての贅沢品というよりも、足として使われるような時代になってきている。いわば生活必需品に近い備品となっている。そんな中で税の上乗せを次々に重ねてこられては、若者の車離れも当然のこととなる。車を運用するから経済も活性化しているではないだろうかと考えるとユーザーの税軽減も考えてもらいたいものです。(男性:70代)

他の財源では無駄使いしているのに必需品の車に税金ばかりかけるのは反対です。 (男性:40代)

軽自動車税も値上がりし、車検代金も高く、軽自動車に乗ってる意味がなくなります。通勤上 車は2台必用ですし、本当に維持費が大変になりました。(女性:50代)

自動車関連税・ガソリン税が道路の整備・環境対策にすべて使われるのであれば良いと思う。全国平等に道路の整備をしてほしい。(男性:60代)

消費税にしてもそうだが、取りやすいところから取る政策は見直すべきだ。(男性:50代)

政府が取りやすく反対意見の少ない所から税金をとり、税金に消費税をかける違法をいまだに続けていることに怒りをおぼえます。自動車ユーザーはもっと反対意見をのべましょう。JAFさん等の団体が政府に意見を発信してください。(男性:50代)

自動車に関しては、とにかく税金を取られ放題とられている、という感じがする。特に地方では、公共交通機関が十分ではないため自動車は必要であり、生活のために、自動車に関する税金は、できるだけ安い方がいい。(男性:70代)

長く乗るほうが、環境に負荷は少ないのでは。(男性:40代)

車両事態の価格も年々、高くなっています。オイル交換等の維持費も高くためらってしまいます。その為か、周りではリースしている人が多く見受けられます。仕事でも使うため、走行距離が多いので、私の場合は、逆に高くなってしまいます。せめて、ガソリン税さえ無くなればと、日々、ドキドキしながらガソリンスタンドに立ち寄る毎日です。(女性:50代)

軽減される様検討してほしい。(女性:60代)

二重課税となっているものは、すぐに制度を改めるべきです。(男性:30代)

交通インフラの整っていない地方在住者にとって車は生活の必需品です。道路整備等の財源に関しても車の所有者に負担させるのではなく、キチンと法整備をした上で国や地方の財政負担とすべきだと思います。 また、自動車関連税収の目的外使用は止めるべきです。(男性:50代)

所得の低い者にはかなりの負担となっておりとても生活がきびしい。(男性:60代)

行政は全てが都市中心の目線で遂行されています。現在、田舎生活を経験するに当たり、あまりに目線違いに愕然としています。 税等公共経費は都市生活者に比べ、田舎生活者の生活費負担は、都市生活者が考えるよりも、格段に大きいものがあります。その最たるものが、この自動車関係経費です。田舎では、自動車は生活必需品です。 (男性:50代)

税金は支払うべきものだとの考えで、かなり負担ではあるとは思いつつあまり疑問も感じずと言うより疑問に思うことすらせずに支払い続けておりました。 知らないことが多すぎて、勉強不足な自分を恥じております。 (女性:60代)

道路に対する負担は 車両重量*走行距離。環境に対する負担は燃料の消費量。そんなシンプルな考えで、軽自動車だの普通車だのという区分も含めて見直すべき。 (男性:40代)

13年以上経過した車は、愛着がわき、まだまだ乗れる調子が良いということでなんで、税金を上げるのが納得できない。(男性:60代)

田舎の自動車が必要な人に優しいものにして欲しいです。バスも路線廃止やバス停まで遠かったりどんどん状況が悪くなります。早い対処を望んでいます。(女性:40代)

地方住みには車が欠かせない。 しかし、最低時給に近い低所得者の県なのに税金ばかりで生活できない。 もう何年もドライブなど遊びに行ってないゾ!余裕がないので税制廃止を要求します!!!(女性:40代)

公共交通の整備された都市部は自動車は贅沢品であるが地方都市部の田舎ではバス停まで徒歩30分以上有り車は必需品であり税の軽減をはかるべし。(男性:80歳以上)

公共交通機関が貧弱な地方では自動車は生活の基本をなすものであるので、自動車関連の税金は即刻軽減すべきである。(男性:50代)

長く乗っている車に余計に税金を掛けるのが訳がわからない。 (女性:50代)

納税者として、自動車税の構成は納得できない。(男性:50代)

必需品としての1台には少額にして、遊行車や高級車には、環境の事を考慮してある程度の課税も止むを得ないかと思います。(女性:70代)

特に地方にとって どうしても必要な車なのに 取れるところから無理やり取ろうとする税制に反対 。(男性:70代)

日本人は、物を大切にする民族なのに新車登録から13年以上所有すると税金が高くなるのはおかしい。昔の車は個性的で良い車が多いのに 外国では古い車をわざわざレストアして楽しむ人が多いのに残念です。(男性:50代)

根拠の無い税を取り続けるのは違法であることは明白だが、道路の老朽化は深刻なので根本的に法整備をやり直し、自動車税は道路維持整備税と名称を変え、重量税、暫定税率、ガソリンの二重課税は廃止して流通産業の活性化また、高齢者集落の生活確保対策の一案とする事を御一考願いたい。(男性:60代)

簡単に税金をとれるところからばっかり増税。利益のある会社や高所得者の税金を改めるべき。特に地方在中者の所得は低く負担割合が高い。そうそう低年式車に乗り換えができない。(男性:50代)

現在の車は調子が良いので18年間大事に乗っています。13年以上は税率に15%加算されることに腹が立ちます。物を大事にしないで古いものは捨てろと言わんばかりです。逆に大事に乗ったから安くすべきである。高齢者にとって車は生活必需品です。燃費もかかりますが愛着がわいてマダマダ乗り続けます。(男性:70代)

自動車税制を行うのであれば、わかりやすい内容にしてほしい。複雑すぎる。(男性:40代)

平均所得の高いであろう都心部は、交通網が充実しており車を保有する必要が無いことも多いように思える。 所得の低い地方ほど車を所有していたり、大事に長く乗っていると負担が大きくなるのは是正してほしい。(男性:40代)