岡山県

車を大事にして長年同じ車に乗り続けることが税金の増額になるような制度は納得しがたい。(男性:70代)

生活の足を自動車に頼らざるを得ない地方の生活者にとって、不公平感を軽減してほしい。(女性:40代)

重複して課税している部分が多すぎる。(男性:60代)

自動車税の重課は車の廃棄を促進して地球に優しくなく、車を買い換えできにくい低所得者いじめである。アメリカなどは古い自動車を大切に長く乗っているのに、日本はおかしい。(女性:50代)

13年前には既に環境を考えた車であれにもかかわらず、年数が経っているというだけで重課になるのはおかしいのではないのかと思う(女性:40代)

古い車を所有しているユーザーは大事に使用しているし、年間走行距離も少ないので古い車になるほど、課税するのはおかしいとおもいます。(男性:40代)

車は今や贅沢品ではなく、必需品になっているので課税するのは止めて欲しいいです。(男性:50代)

自動車、およびその燃料には不合理な課税ばかりだ。交通の便の良い都会に住む人には自動車はあまり必要ないのでぜいたく品とも?。しかし地方に住む人にとっては生活必需品。益々過疎化が進む一因にもつながるようにも思えてくる。(男性:70代)

必要があるならば明確な説明をしてしっかり課税すればよい。ただしいろいろな方面で少しずつわからないように課税することに反対する。自動車を所有する者に課税するならば課税対象は一つで充分である。(男性:20代)

現行では重複課税があったりして納得がいかない。税ばかりでなく地方では一人1台の家庭が多く、保険料も年々上がっており負担が大きい。(女性:60代)

税の使い道をはっきりと決めてもらいたい。それによっては、納得できればやむ得ないと思う。(男性:60代)

取りやすいところから取るというのが見え見えで、なぜ同じ車に長く乗っていたら税金が増えるのか、物を大事にしない、また新しい車を買えと言われているようで納得できない。(女性:40代)

そもそも公共との名の下に足らなければどこからか徴収される。納得し易く徴収し易いものからする方が問題が少ない。町の状況により負担率に偏りがあっても、そもそも平等の考えに無理がある、環境がそうさせてるなら行政が街づくりを一極集中させないようにコントロールするのが仕事だと思う(男性:40代)

税金がかかりすぎ、若者のクルマ離れにつながっていると思う。(男性:50代)

車がないと仕事などにも困るため、増税よりも税金の軽減を求めます。増税での収益を上げる方法よりも、しっかり働いて、社会保険料の未納者がそれらの税金支払いに回すお金も出来て、国にとっては良いことなのではと考えます。(女性:40代)

自動車だけが、いろいろな形で税を取られているのはおかしい。地方は自動車がなくては生活ができない、自動車はぜいたく品ではない。都市部より地方のほうが所得が低い。自動車にかかる税を減らすべきである。(男性:50代)

たくさんの人の反対で今の状況を変えて行く努力をしたいです。(女性:60代)

車は生活する上で、必要不可欠品です。如何に少ない税金で、運営出来るかを検討してほしい。 (男性:50代)

エコのため使い捨てをしないで、長く乗っている車に対して、重税にするのはおかしい。(男性:60代)

公共交通機関の無い地方山村地域にとって車は生活上の足であり必需品。公共交通機関の恩恵の享受が請けられない分、税制分を考慮すべき。(男性:70代)

自動車に関する税金は、とられ過ぎ。早急に改善してほしい。(男性:60代)

どちらにしても、車1台持つだけで、数多くの税金が掛かって、かなり高い税金になるので、国は即刻、軽減するようにすべきだ。まして、軽自動車への税の重課措置は言語道断である。国はもっと庶民にやさしい政治を行なって欲しい。(男性:50代)

取りやすい方法で課税するのではなく本来の趣旨に添った課税を行うべき。(男性:70代)

議員にはそれぞれ公用車が準備されており、自己で自動車税等を納税しないので国民が感じている増税の重さがわかっていない。 国民の立場になって税金のあり方を考えるべきである。(男性:50代)

大切に乗っている、13年以上の車に重課する意味がわからない。自動車メーカを助けるための課税では、、、、物を大切にする人は報われないのか!意味のわからない税が多すぎる。(男性:60代)

目にあまる税金の無駄遣いが顕著である。正しい使い方を実行し、負担の多すぎる自動車税を軽減すべきである。(男性:80歳以上)

購入時から、いろいろと税金がかかってくるためわかりにくい。もう少し分かりやすい課税体制にしてほしい。(男性:60代)

課税に関する根拠が理解できない。 何故に議員報酬等の歳出を削減してから税軽減を検討できないのか? 一般家庭の経済状況を議員・役所は理解していない。(男性:40代)

自動車はなくてはならない存在となっています。エコカー減税・グリーン化特例による自動車税軽減があまりにも適応車種が多すぎると思います。もっとシンプルな税収体制にすべきでは?、自動車重量税、自動車取得税は免税ではなく、減税で対応(最大50%)すべきではないかと考えます。 (男性:60代)

普通車と軽自動車の差が大きすぎる。 車を大切に長時間使用する税体制がいる。    (男性:70代)

自動車税は道路を作るために支払っているものと思ってますが、都会の方ばかり道路網は便利になり地方は慢性的に渋滞が発生し全然便利にならないのは不公平である。同じ税金を払っているので公平にしてほしい。(男性:40代)

住まいごとに使用頻度に差があるので税制は調整すべきであると思う。(男性:60代)

自動車に関わる税金はあまりにも重ねて取りすぎており、納得ができない。(男性:60代)

国民の同意もなしに税金を上げるなど、あまりにも無責任だ。(男性:60代)

なぜ、大事に長く乗っている車が割増になるのか? (男性:50代)

軽自動車に対する負担が大きすぎる。これだけ軽自動車に乗る人が増えているのだから、もっと軽くして欲しい。(女性:30代)

二重課税とならないような税の仕組みと、負担した税金の使い道を明瞭にしてもらいたい。(男性:30代)

自動車の税金が家計の負担になっている。(男性:40代)

住んでいる地域に対応して税率を変えるのはどうでしょう。 公共交通機関が利用出来ない地域は税率を下げるとか。(男性:60代)

インフラが大都市圏との格差が有る地方を切り捨てている。又、自動車に係わる税は、道路整備等以外に使用するのは納得がいかない。  (男性:50代)

自動車に関する税金を一本化して、 どれだけ税金を支払っているか、 明確になるようにして欲しい。(男性:50代)

現代は、自動車は必需品と成っているので、取りやすい所から取るという姿勢は、絶対反対。(男性:60代)

税金の二重取りは、納得できません。(男性:50代)

自動車が生活必需品である地域の所得、そこまで必要でない地域の所得 、それ位は、簡単にわかると思うのですが、考慮には入らないのでしょうか? 特に、軽四とか、原付一種、原付二種等の値上げは不思議でなりません。(男性:50代)

車が無いと生活できな人がたくさんいるということを真剣に考えるべきである。(男性:70代)

自動車には税金がかかりすぎ。(男性:60代)

額を決めて、名目を考える式の徴収をやめるべき。 目的の必要費用を何で工面するかの中に車が入る。 車にかかわる名目を1つにして「税」とする すっきりした形での物にしてほしい (男性:60代)

車が生活の必需品なので軽減して頂きたい。(男性:60代)

自動車関連税には理屈が通らないものが多いし、目的税を一般財源化などは言語道断で、取りやすいところから取ろうという魂胆が見え見えだ。(男性:70代)

税金の二重取りは最も許せない。(男性:50代)