佐賀県

地方在住者にとっては、自動車はもはや必需品。かたや都会では、なくても生活は成り立つ。だとしたら、大都市圏で自動車保有者は少し多めの税金を負担してはどうか?なんでもそうだが作る費用よりそれを維持管理する費用が大変である。気持よく走れれるよう維持管理に多くの税金を使ってほしいものである(男性:40代)

ある程度の税負担はやむを得ないと思うが、課税しやすいという理由で負担を強いるのはおかしいと思う。一般財源化するのは問題外。道路整備ほか自動車に関係するところの財源として活用すべき。自動車を生活必需品ではなく投資の対象とするような高額な取引にはもっと課税してもいいと思う。(男性:50代)

課税について正当な評価が不十分なまま、取りやすい所から取っているように思える。 昔から取っていたからではなく、正当な理由で課税対象を決めるべき。(男性:40代)

地方に住む人は、車なしでは不自由でなりません。収入が少ない田舎の人のことも考えてほしいです。(男性:60代)

環境負荷の軽減の為の税率アップは賛成。 しかし、その場合、もっとエコカーの補助、免税を拡充すべき。 地方の生活の足となっている軽自動車については、逆に税率ダウン、免税すべき。(男性:20代)

いろいろ税金が多すぎる。(男性:50代)

もっと排気量の大きさでの格差をつけるべき(排気量か大きいものに課税する)また、高級外車に対する税を上げるべき。(男性:40代)

自動車に関しては、複数の税が重複しているので、抜本的改革を望む。高級車、大衆車などで、税率を変えてもよいのでは。 (男性:60代)

現行の各種自動車税制は、不公平税制の象徴。不合理な課税や、二重課税などが多過ぎます。 都会に住む人は、公共交通機関が発達しているので、車を所有する必要性は少ないでしょうが、地方はそうはいきません。 課税方法を再検討すべき時期です。 取り易い者から、取り易い所から税金を徴収するなど、以ての外。 改めるべきだと思います。(男性:70代)

排気量が課税の計算基礎となっていますが、燃費が妥当と思います。 (男性:60代)

どんなに価額が高くても、ハイブリッド車だから減免で 安い車しか買えないのに、減免でない為 税を高く払わなければいけません ハイブリッド車だからといって、車の価額 高くなってませんか?(女性:60代)

自動車関係ではあまりにも時代遅れでユーザーに負担の大きい法律が多すぎる。時代に即してきちんと整備し直してほしい。(男性:40代)

重量税と同じで、物を大切にする、日本古来の考え方に反する為、自動車税のあり方は、おかしいのでは?(男性:50代)

根拠を失ったものの税を課し更に税率を引き上げる等して益々車離れが加速してしまう様な気がします。車の所有者が減れば財源としても厳しくなるのに。(男性:40代)

車を所有していることには、ある程度の課税は必要と考えるが都市圏と地方とは環境が違うので格差が必要。公共交通機関も都市圏は安く地方は高いのも不公平。車を13年乗っているということは消費の無駄も省いているし、大事に乗っているということは安全運転を行っていると考えられ、社会貢献をしていると考えるから重くすること事体理に合わない。(男性:70代)

車の性能が良くなり長持ちするようになったことと買い替えられない事情もあるので重課は反対です。(男性:60代)

ガソリン税、暫定税率といいながら恒久化しその上消費税まで二重課税。早く解消してもらいたい。(男性:70代)

地方では、自家用車がないとどこにも行けない。車は贅沢品ではなく必需品。都会と同じように考えないでほしい。きちんと地方の状況を把握した上で考えてほしい。(女性:30代)

自動車税だけを考えることはあまり有意義ではないと感じます。国民はどこかで税を払う必要があるので、あれこれとは言えない問題です。(男性:40代)

車が必需品の弱者に優遇制度あればいいと思います。(男性:50代)

まずは暫定税率はすべて外すべきである。 特に地方では車は生活必需品ある。取りやすいところから取う考え方はもうやめてほしい。(男性:60代)

一般財源繰り入れは絶対に反対です。従来の使途なれば自動車税もやむなし。 (男性:60代)

自動車にかかわる税は軽減(廃止)すべき、 国の負債が毎年増加してる、今後自動車税は廃止どころか増税となる可能性がある。軽減(廃止)訴え物価の安定を含めて行動すべき。(男性:70代)

走行距離を反映して考慮されたい。(男性:80歳以上)

自動車が必要な地域及び世帯にとっては欠かせない物なのに多額の税金の負担をしなくてはならないのは、国家の「取れるものは取れるところから」という安易な課税体質もあると思う。(男性:40代)

現在かなり生活が厳しいです。税金を減らしてほしいです。(男性:40代)

暫定税率の恒久的継続の様相、特定財源となった自動車諸税の継続、二重税(ガソリン)等、納税者として到底納得できるものでない。(男性:60代)