滋賀県

購入後の自動車にかかる税金はすべて、走行した距離に応じて課税したらどうでしょうか。 もちろん、車の取得には、それに応じた消費税(取得税)を・・・。 その他のいろいろな課税は廃止する方向で見直してほしい。(男性:60代)

自動車の税制は、一つにして地方税にすべきだと思います。 (男性:70代)

私は地方の都市から離れたところで生活しております。買い物一つにしても数キロメートルは移動しなければなりません。高齢のものにとっては車は生活上絶対必需品と言って過言ではありません。個々の環境に応じたきめ細かな税制を布いてほしいです。(男性:50代)

地方に於いては、公共交通機関がだんだんすくなって利便性が無くなって来ている現在は、自動車は無くてはならない必需品です。 高齢者社会が進む中で、年金暮らしの世帯にとっては、自動車税は大変重い負担です。 もっと軽減していく税制改革をして頂きたい。(男性:40代)

大切に使っている車が年数がたつにつれて税金が上がっているのがなお苦しいです。(女性:60代)

自動車に関する税金を一般財源にした時点で、課税根拠が崩れている。自賠責保険や、任意保険もふくめて、国民に解り易いように整理して課税するようにして欲しい。(男性:30代)

車齢の高い自動車の税率を高くするというのは全く不合理。買い替えずにできるだけ長く使うというのが最大のエコだと思います。  また、自動車の通行は周囲の歩行者などの交通弱者の権利を侵害して成り立っているので、自動車税は歩道整備など、歩行者が快適に通行できる環境づくりにもっと充てるべきだと思います。(男性:50代)

保管するとボッタクリに近い税金を払わされ、移動してもガソリン税に高速料金を払わされ、一体どれだけ自動車ユーザーに負担させれば気が済むのか。 本アンケートに毎回協力しているが、改悪するばかりである、意見を聞くだけならだれでも出来るのだから、この意見を”強力”に政治家へ訴えて欲しい。(男性:20代)

現行の税制は色々な名目で3重 4重に課税している。取得税、重量税 自動車税、消費税、18年超え税、これほど多くの税を掛けられている。忘れていけないのはこれに強制保険が入り、今では任意保険は必須となっている。さらに点検と車検が掛かってくる。都会は車なしでも平気だから良いけれど、無しでは住めない必需品ばかりを狙った税金は許せない。(男性:70代)

とりやすいからと言って、課税するのはやめてほしい。(男性:40代)

とにかく車を保有すると税金を始め、維持費、ガソリン代、保険料とお金が要りすぎる。そんな状況の中で特に税金に税金がかかることは納得出来ない。(男性:50代)

財源ありきの判断のみ減税を考える意志すら感じない。環境税というなら、ガソリンの税を見直し、導入すべき。 車を必要とする人だけから徴収するのは、疑問であり、道路など利用税として納得出来る方法にすべき(男性:50代)

なぜ、個人の自動車個体に課税するのか。 複数台持っていても、一人が一度に動かせるのは一台だけ。免許証に課税すればいいんだ。 古い車を大切に乗っていると、馬鹿みたいに税率が上がる。物を大切にすることは罪悪なのか。(男性:60代)

課税根拠の消失している税制は全て撤廃しないと、税の不公平が生じる。(男性:40代)

今の税制は複雑すぎます。 (男性:60代)

先ず二重課税を無くす。 自動車に係る税収入の使用目的を明らかにして個々の案件を第三者組織で検討してほしい。(男性:60代)

自動車税控除を不正(法)に逃れているのを是正すべきである。法人個人を問わず全車両に課税し、控除が適合されれば税金を還付する。年末調整方式が合法である。現行では、税控除のために多種多様な方法で車両を保有できる。(有料道路等通行料金も同様である)(男性:70代)

自動車は、現在の生活形態では、生活の一部になっているため、税を取りやすいところから取る今の税制は不合理である。 国全体が1,000兆円の借金があるのに、海外でのばらまき政策は即刻廃止するべきである。国民生活を考えないような政策は誰でもできる。(男性:20代)

元々の使用目的に利用されないのなら税金徴収はおかしいと思います。(男性:40代)

税負担、人口減でこのままでは自動車が減るだけだと思う。日本の代表的な産業なので自動車は最低でもいまレベルの台数を維持して欲しい。(男性:30代)

環境基準を満たしている車は、年式、経過年月を問わず税を軽くすべきだ。(男性:60代)

自動車税に限らず、多重課税は廃止して、消費税引き上げ等によって税の一本化にて対応すべきである。 但し、軽減税率は行うべきである。(男性:50代)

JAFのリーダーシップに期待します。(男性:70代)

課税項目が変わるだけで税負担は軽減されことなくされるのは不合理だと思う。(男性:40代)

取得時課税・毎年の自動車税・車検時の課税・ガソリン課税等毎月の維持管理費など重課税され、何が何でも課税されているように感じる。 各々の税金が、一般財源化されていることを考えると、取得された税金の使用の明確化と整理を実施し軽減化されることを望む。 (男性:60代)

自動車税の適正化について国民的運動が必要と思います。JAFから国会議員を出す、メーカから自動車税の軽減キャンペーンを行う等を実施して欲しいものです。現在の自動車にかかる税金は余りにも高すぎます。(男性:60代)

軽自動車税を上げるなら、排気量を上げて新たな分類にし、軽自動車とは別にすべき。(男性:30代)

税は出来るだけシンプルに 環境負荷による税率分けも、距離が少なければ環境に対する影響は少ない。細かく決める事は不要。購入補助金も不要。メーカー結託のにおいがする。 (男性:60代)

公共交通機関があまり整備されていない地方では、車は大切な足として必要なものです。贅沢品としての車とは違うので その点を考慮していただきたいです。(女性:50代)

排気量と燃費の悪い車の課税強化をお願いいたします。(女性:60代)

国民が、正確な判断が出来るよう、全ての情報を開示し適切な(国民が納得する)税制に改正して欲しい。(男性:40代)

税金は課税の趣旨、税金の使途を明確にして納得性の得られるものにすべきである。 それでこそ、納税の義務を果たす根拠となりえる。(男性:60代)

車に、重課を科すとは間違っていると思う。 今の車は、性能も良く、定期点検をしっかりやれば、15年〜20年充分使用出来る。 物を大切にする心が、奪われてしまうし、自動車メーカーに買い替えを加担しているようで、納得出来ない。 (男性:60代)

車は税収のためのものでは無い。足りないから自動車からという考えがおかしい。(男性:40代)

今まで当たり前に徴収される自動車税だったので義務だと思って支払ってきましたが、課税根拠が失われている今即刻廃止してもらいたい。都会と違い、地方は車は生活する上で絶対必要なものなので、収入も都会と違い低いのに、これ以上負担を増やさないでもらいたい。生活していけなくなる。(女性:40代)

古い車を大切に使う、或いは次世代に引き継ぐという意味において、一定年度を経過した車には、逆に税制上の優遇措置があっても良いと思う。アメリカなどの例を参考にするべき。(男性:50代)

自動車に重課税すべきなのは使用用途が趣味や遊びにかかっているものにすればいい。ほとんどの方が通勤などの必要な移動手段なわけで税金取るなら公共交通の利便性を高めなければおかしい。道路を作って建設利権にたかろうとするなどもってのほか。(男性:40代)

都会ほど交通機関が発達していない地方は減税してほしい。(女性:50代)

車を所有するのに税金がかかり、維持するのも税金がかかる。特に子供がいる家庭は大型乗用車が必用です。車を持たないのが良いのではという考えになってしまいます。 これからの時代、車を所有できるのはお金持ちだけになってしまうかもしれないね。(女性:30代)

国のランクは先進国でも車に関してはまるで後進国の政策。いつになったら先進国の仲間入り出来ることやら。(男性:70代)

13年を経過した車を乗ることしか出来ない人も中には居ます。 古い車だから重加算されるのはおかしい!(男性:30代)

お金が必要である以上、税がかかることや、その額が増えることはやむを得ない。ただ、二重課税や、一般財源化によるそもそもの根拠を失ったものについては、整理して明確な形にすべきである。(男性:20代)

自動車の保有という贅沢をしているので 税金がかかることはいたしかたないが 二重課税や公平性に問題があっては いずれ高齢化社会で免許人口も減少し 財源確保もままならない時代がやってくる 古い考えやルールにとらわれずどんどん 時代やニーズに合わせて進化してほしい 。(男性:40代)

通勤で車を使用していますが、会社からは交通費としてガソリン代しか支給されておらず、 それも元がとれていない。税金だけでなく他の維持費(保険、車検、タイヤJAF会費など)もかかり電車通勤に比べ非常に負担増です。購入時に取得税を払うなら毎年の税はいらない、自動車税の納期も延長して欲しい。 (男性:40代)

排ガスなど環境への配慮のため、自動車を保有する事への、何かしらの負担は必要だとは思います。 ただ、家族構成や住まう地域により、複数台所有せざるを得ないので、その負担は大きいと思います。(女性:40代)

とにかくいかにして、庶民から税金を取ろうとする姿勢が余りある。 高度成長時代ならまだ許されたかもしれないが、今の時代に合わせた税金に正すべきだと思う。(男性:60代)

これから電気自動車など主流になってきた場合に排気量で区別する自動車税に当てはめるのは不合理だと思う。 その前に自動車税を撤廃すべきである。 ガソリン税にも消費税上乗せも廃止すべきだ 、税金に消費税? 税金は消費ではない! (男性:30代)

取りやすい所から取るという姿勢が問題で、公平性を欠く。 自動車に係わらず社会全体にこの方針で徴税していくのは疑問。(男性:40代)

そもそも納めた税金が無駄に使われているのでは。交通量の少ない道路にバイパスを作ったり、繰り返し道路を掘り返したり。土建屋を養うために納めてるような気がしてならない。税金が上がれば、車の絶対数が減る=景気が悪くなる。今のうちに全面的に見直すべき。(男性:60代)

これから、個人で車を使う人口も増えないと思います。それも、考えに入れないと。これに関してだけでなく、行き当たり政策が多いです。(女性:60代)